・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2010.12.27 Monday:温かな街灯
寒さも本格化してきて、交通機関は悪天候によって麻痺状態。
特に、磐越道や会津方面が大変らしい。

六時前には、辺りはすっかり暗くなり人恋しくもなってくる。
巷の人々は、暖かい夕食が待っている家路も急ぎ足。


先日、宇都宮から新潟に到着し、新潟駅近くの、おソバ屋さんで夕食をとった。
ぬる燗とおソバが、とても美味しかった。
給仕をしてくれた御婦人は、おそらく高校生か?
いやいや二十歳そこそことお見受けした。
学生さんか?お仕事の掛け持ちアルバイトの方か・・・・。


若さ故、ぎこちなさの残る接客だけど、
一生懸命に対応をしてくださった。


そして、お店を後にしている途中、所々に灯る街灯や、家々の灯りが暖かく観えた。
うちの事務所も、イルミネーションが灯っている。
寒くて暗い道を灯している。
お店で働く彼女の様な、帰宅が少し遅い御勤めの方がこの道を通った時、
温かでホッとするひと時を感じて欲しい。
そう思って、スタッフさん達が用意したイルミネーション。そんな事を考えていたら、ポルトガルのマクドで働く少女の事を思い出した。
今日も彼女は働いているのだろうか?


ところで、明日は仕事納め。
仕事納めという事は、大掃除がある。
大掃除は苦手だし、疲れるからスタッフに見つからない様に、どこかに隠れていようと思う。
ひょっとして、急にお腹が痛くなるかも・・・・・。
自宅でも同様に、『急な仕事が入ったから・・・。』とか言って、シネコンにでも雲隠れしようかと考えている。





Posted 17:22|No.1739|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2010.12.28 Tuesday:ペレットストーブ
昨年お引越しの春日部Kさん。
小屋裏までの大きな空間をエアコン1台では温まらないとのご相談でペレットストーブを選択していただきました。
久しぶりに会えた子供達、大きくなっていてびっくりしました!!
おねえちゃんは何か質問してももう普通にお話ししてくれるし、
お茶やお菓子をどうぞとすすめてくれるし
ちゃんと弟くんの面倒もみていて
おねえさんになってました

おとうとくんも活発でびっくり!!
ソファーからジャンプで滑ってドスン
ママの周りでウロウロしてテレビボードに頭をゴツン
泣いちゃうかなって思っていたらガマンガマン、さすが男の子でした

テルモロッシさんみんなをちゃんと温めてあげて下さい。
Posted 18:50|No.1740|三牧省吾よりcomments(0)
▼ 2010.12.28 Tuesday:極限状態を楽しむ心
この時期になると、
スポーツの特集番組がある。
この一年を振り返る番組。

そして先日、あるスポーツ番組を観た。
ワールドカップサッカーなどを表した番組だった。
とても見応えのある番組だった。
この番組をコピーして、販売したら
どの くらい売れるのかな?
売れたら、儲かるのかな〜???
儲かったら、焼き肉屋に行けるかな?
なんて不謹慎な思いになった。

日本がワールドカップサッカーで
ベスト16に進むまでを、ドキュメント風にした番組。
特にサッカーは、個人プレーではなく組織プレー。
互いの役割、個性を、己自身のプレーで引き出そうとしていた。
そして、そんな極限状態のなかでも、
観客への意識として、自分自身のプレーで感動を与え、
夢と希望を意識させているか?と冷静な態度のプロがいた。
それは、まるで修行僧のよう。

極限状態・・・・・・。
そんな状況下に身を置きたくはないけれど、
この番組を観ているときから、終了後の数時間まで
彼らに感情移入し、同じ様な気持ちにさせていただいた。

弱気な気持ちと、強がる心。
逃げたい気持ちと、己を鼓舞する心。

私自身を同じ立場に例えれば、
試合開始の瞬間は、『やってやるッ!』とスタートするが、
途中、自分に都合の悪い展開になると、
調子のいい己の悪魔が顔を出す。
都合に良い自分が頭をもたげる。
そして、言い訳をしながら椅子でも蹴っている!

なんと、情けない事かッ!!
そんな自分の物足りなさが著しい。

極限状態・・・・、私も弊社のスタッフも
その場に身を置いてきたか?逃げてはいなかったか?
言い訳をしてこなかったか?
この冬休みの間に問うてみて欲しい。

彼らが言う様に、自分達の姿勢、仕事ぶりから、
お客様に感動を与え、夢と希望を示しているか!?
家族に、楽しさと夢の豊かさを示しているか!?

極限状態に近づけば近づく程に人は成長をし、
極限状態から遠のけば遠のく程、
ソコにあった幸せは離れていくようだ。

そんな固い事を言ってると、
大事な嫁さんが逃げていくかも・・・・。
そのあたりにも、変な?注意が必要かもね^^;

Posted 21:12|No.1741|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2010.12.29 Wednesday:お正月の予定など
今日から冬休み。
今日はまったりと過ごした後、
午後から近くのジャスコへ、
お正月の食料を買い出しに。

はてさて、
明日からは、東京に一泊して
大晦日からパリに飛ぶ。

マニクールサーキットでは、レンタルF1に乗り、
次いで、イギリスに移動してマクラーレンファクトリーのパラゴンでは、
あのロン・デニスとランチの予定。
娘は、反対にロスへ飛ぶ。
彼女の予定は不明である。

そして、お正月の五日には
ホノルルで娘と落ち合うつもり。

ここ新潟の天気予報。
明日からまた、厳しい雪に見舞われるようだ。
だからこそ、温かいハワイで過ごす予定・・・・。

なぁ〜んてゴージャスなお正月が過ごせたらいいな〜。
夢のようなことを思いますが、
私には、そんな力もゆとりもないから
本当のお正月は、近くの神社で初詣。
こたつを囲んで寝正月、花カルタなんかを楽しんでから
初売りジャスコにでも出かけようか・・・。

そして七日は、スタッフさんたち再会できる。

来年も、夢と希望で乗り切るつもり♬

Posted 11:44|No.1742|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2010.12.29 Wednesday:「なかなか納まらない仕事納め」
 本当なら昨日で仕事納めのはずでしたが、今年に限ってなかなか仕事が終わりそうにありません。
 現場の方は本日までフル稼働のようで、例年のような年末を迎えることが出来ない状況です。

 忙しいのは何よりですが・・・。

 ところで先日はINAX・サンウェーブマーケティング銀座の8階ホールで、講演をして参りました。
 タイトルは「今時の工務店が考えている家づくりの方向性〜長期優良住宅・省エネ・エコハウスを紐解く」です。

 こちらもセミナーに集まったのは同社の社員の皆様で、工務店のおっさんの話を聞いてみたいと70名ほどの営業最前線の方々が集まりました。
 国の政策や今後の工務店の将来像など得意な省エネの話を交えながら、約1時間半に渡り講演させて戴き、皆様とても熱心に聞いて下さいました。

 そして講演終了後は、質問コーナー・・・。
 若い営業の方からベテランの方までユニークな質問ばかり。
 答える私もド真剣にお答えしたつもりですが、どのように感じて戴いたのでしょうか?

 それにしても同社の方々は団結力も強く、笑いあり、真剣さありのとてもアットホームなセミナーになりました。

Posted 16:37|No.1743|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2010.12.29 Wednesday:「年末のお引き渡しやらその他諸々・・・」
 「木の家リフォームを勉強する本」。
 この本はMOK-MSD代表で岐阜森林アカデミーに客員教授でもある三澤文子さんがコーディネートと執筆をした本です。
 いろいろなリフォーム本が出版される中、木造改修の中身の深さでは最高傑作だと確信しています。

 三澤さんは住宅医ネットワークを立ちあげ、弊社の阿式がそのメンバーということもあり、巻末の情報源1にある全国の木の家リフォームの達人のリストに入りました。

 この本は、世の中のリフォーム工事の趨勢になっている、ただ単に新しい部品や内装に交換する表面的改装ではなく、木造住宅の耐久性や寿命を最大限に引き出し、且つ耐震性能や温熱環境を定量的に捉えて暮らしを向上させるリフォームについての本です。

 このような取組みは百鬼夜行、看板さえ掲げればリフォーム屋という存在とは全く対極の本来のあるべき姿のリフォームです。
 木造のリフォームをお考えの方には是非一読して戴きたい本の一冊ですね。

 さて、本日で現場も一段落し、明日からは現場も正月休みに入ります。
 例年ですと正月ぐらいはゆっくりしたいところですが、6日からは現場が一挙に動き始める予定です。

Posted 16:38|No.1744|清水康弘よりcomments(0)
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
<< February 2011 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)