・・・12人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2010.12.10 Friday:「断熱材がピンチ」
 数ヶ月前から顕在化した断熱材不足。
 まずはグラスウール、次にロックウール、そして羊毛系断熱材、さらにいよいよプラスチック系からセルロースまで・・。
 値段の安い断熱材から品不足が拡大し、ハウスメーカーから工務店まで死活問題になってきました。

 この要因は昨年住宅着工軒数が激減し、断熱材メーカーが工場を閉鎖するなど、生産調整を断行したところへ長期優良住宅(温熱環境等級4)と住宅版エコポイントが重なったことです。
 ある大手断熱材メーカーは、今年一杯出荷停止の文書を大口需要家へ配布したほどの混乱振りの様相を呈して来ました。

 以前も石膏ボードや構造用合板が不足する事態を経験しましたが、今回の状況は今までとは全く違うようです。(弊社は何とか確保しましたが・・)

 とうとう経済産業省も乗り出し、メーカーへの増産と輸入促進を指示したようですが、ここで問題なのは国土交通省との連携、さらに特定行政庁や民間確認機関まで連動して問題解決へ向かう事ができるかが鍵を握っています。

 さらに建築用国産材の供給も怪しくなって来たようです。
 製材工場に丸太が入荷しないという実情です。
 こちらも国産材自給率を現在の25%から2020年までに50%まで引き上げようという政策面の先取りです。

 暫く隠して置けば値が上がる。簡単に言えばこの程度の理由です。
 相変わらず、政治と実態経済学が噛み合わない状況が続いています。

Posted 13:03|No.1697|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2010.12.10 Friday:「雑誌に掲載されました」
 扶桑社の「地元で評判の工務店で建てた家」2011年東日本版に施工事例が掲載されました。

 中には工務店24社の実例が掲載されていますが、私の良く知る工務店も掲載されていました。

 TO-IZでお馴染みの創建舎・中里さん、SAREXでお会いする駿河工房の今井さん、最近3週間続けて会った小林建設の小林さん、環境委員会でお会いするサン工房の松井さん達です。

 最近どこに行っても、「またあなた達ですか?」と言われることが増えてきました(笑)。

Posted 13:03|No.1698|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2010.12.10 Friday:江の島と富士山
朝晩大分寒さが増してきました。

毎朝の出勤時、車のウインドウガラスも露で
濡れていますので、拭き作業に少し時間が取られる
ようになってきました。

今朝あたりは温度が4℃くらいでしたのでまだまだ
ガラスに氷が張ると言うことはないのですが
もう間もなく氷が張る時期になるでしょう。

134号線から見た富士山が澄んだ空気の中で
とてもきれいに見えます。

冠雪している富士山と緑いっぱいの江の島の風景が
同時に見る事が出来る、とても不思議な湘南の
光景であり美しい眺めです。

今後ますます富士山がはっきり見える季節になっていきます。

きれいな澄んだ空気の中で見る富士山、とても楽しみです。

Posted 14:59|No.1699|畑木明雄よりcomments(0)
▼ 2010.12.11 Saturday:干し柿
与野の建て替えのご相談を受けている方の縁側で素敵な物を見つけました。パチリ
お庭に大きな柿の木があり実を楽しまれているようです。多い時には千個もの実がなるそうです。
いくつか間取りのご提案をさせていただきましたが、その大切な柿の木の下を通って玄関に向かうような設計になりました。今年は70個くらいだったそうですが干し柿が出来上がっていくのが楽しみですね。
柿の木に似合うような家を考えなくては・・・(^^ゞ
Posted 13:40|No.1700|三牧省吾よりcomments(0)
▼ 2010.12.11 Saturday:私とハワイアン音楽B
ハワイコールズ

ハワイコールズは1935年7月ウエブリーエドワーズが
始めたもので、その最初の放送は短波で送られ
カリフォルニアの放送局2局で放送されたようです。

ウエブリーがこれらのイベントを始めたきっかけは
産業のないハワイに如何に観光客を呼び込むことが
出来るかと言う考えから出発したようです。

彼はハワイを観光事業で発展させようと考えたのでしょう。

以来全世界で約500の放送局を通じて流された『ハワイコールズ』
はあまりにも有名な曲になりました。

この『ハワイコールズ』の曲が流れ始めると今日は
誰が歌うのか、スチールギターを弾くのかわくわくして
聞いたものです。

当時は録音する機械はなくもっぱらSONY製のオープンリール
デッキで録音しました。

短波放送でしたから電波が波に乗って配信されてくるように
音が大きくなったり、小さくなったり不思議な受信状況でした。

学生仲間ではこのテープを回し聞きして少しでもハワイアン
ミュージックを自分の物にしようと夢中になったものです。

ハワイコールズは水準の高い演奏者たちの一大オーケストラで
あると同時にハワイの代表ナンバーを一括して聞くことのできる
「ハワイ音楽の生きたダイジェスト」でもあったのです。

戦後のスターではまずアルフレッド アパカ、ハウナニ カハレワイ
スチールギターではジュールス・アー・スイ エドケニー プアアルメイダ
等が有名でした。その他いっぱいおりますので紹介が出来ません。

ハワイコールズの中心は伝統的にモアナ ホテルの内庭で
大きなバニアンの木が生えた場所で公開放送と公開録音をしたようです。

写真はハワイコールズの昭和21年に発売されたレコードを
昭和35年(1960年)に再発売をされたものを入手しました。

何時聞きましても素晴らしいハワイアン音楽です。

歴史に残るハワイアンのミュージシャン、ミュージック、バンド
と言っても過言ではないでしょう

Posted 19:08|No.1701|畑木明雄よりcomments(0)
▼ 2010.12.12 Sunday:祝上棟
お天気にも恵まれて本日無事上棟を迎える事が出来ました
I様邸です
具体的な建築地が決まっていなかった時から見学会などに参加してくれていました
建築地が市街化調整区域内でしたので許認可に予想以上に時間がかかりましたが一つ一つ問題解決をした
上での長い道のりの上棟でしたので喜びはなおさらでした
田畑が足場の上からスカイツリーが見えるというので上がってみましたが・・・
薄ーい影がぼんやりと見えているだけなので本当かどうかはわかりませんでしたが
後でgoogle mapで調べてみたら見事方位はぴったりでしたのでたぶん本物でしょう(^^ゞ

現在のご実家へのアプローチが南側より北側に変更するに当たって北側の物置も移動です。
中を空っぽにしていただき(お母さま本当に大変な作業をありがとうございました)
クレーン車で吊って移動!が予想以上の重さで設置場所より5m手前で一度下して後は人力で移動。
上棟作業をいったん中断してみんなで運びました。みなさん丁寧に運んでくれておりがとうございました。

ご実家の庭とつながる共有のお庭を予定しております
30年以上前にお母さまが植えたクリスマスツリーの寄せ植えのゴールドクレストがご実家の屋根の高さを
超えました。すごい成長ぶりです。そしていつの間にか南側を大きな日陰で覆うようになってしまいました。
夏にはご実家の改装工事もさせていただいたのですが、その時は一服休みの時の涼しい日陰を作ってくれました。でも今の時期には貴重な日差しを遮ることに・・・。移植や剪定も考えたのですが、お庭を作り直すこの機会に思い切って伐採することにいたしました。お塩とお酒をあげて家族みんなで感謝とさよならをしました。夕方上棟が終わった後にゴールドクレストとのクリスマスの思い出を聞かせていただきました。処分するには忍びないので、ご主人が心をこめて薪にする事にしました。きっと来シーズンのストーブで暖とそして思い出を与えてくれることでしょう。


Posted 20:13|No.1702|三牧省吾よりcomments(0)
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
<< February 2011 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)