・・・12人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2008.11.01 Saturday:「またまた取材です」
文京区内でマンションリフォームを行ったお客様の取材の様子です。

またまた役得、岡本専務の出番だったようです。

テーブルの右側で自慢げに語っているのが、当人です。

 ライターの市川さんから岡本専務に

「岡本さんのキッチンおやじコラムが2月から止まっていますね。その後も読みたいので、ちゃんと書かなきゃだめですよ!」

とたしなめられたそうです。

 「いや〜、書こう、書こうと思っているうちに・・・」

と言い訳する専務。

「何言ってるんですか?社長はコラムもブログもちゃんとやってますよ!言うだけではなく、ちゃんとやりましょうね!」

 拍手、拍手、拍手喝采です。

市川さん、ありがとうございます。

このブログを読んで、岡本専務は週明け早々にもコラムを更新するはずです!(笑・・・絶対だからな!こらっ!少し脅しとプレッシャー)

さて、この2日間で中堅デベがまた倒産です。

ノエルという会社とダイナシティという会社です・・・フムフム。

 今のところ、弊社は普通にやってますが・・・。

 転売用の土地などの不良在庫を持っていませんし、建売住宅もやっていません。

訪ねていただいたお客様の注文住宅を愚直に建てさせていただいているだけです。

 お金は怖いですね。

最近はヴィトンもロレックスも少しだけ、販売が不調のようです。

あまり興味がありませんが・・・。

現場施工ライブもクリックお願いします。
Posted 11:22|No.972|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2008.11.01 Saturday:〜港町物語〜
本日は、クライアント様と現場で内装、外装の打合せをさせて頂きました。

いよいよ、外装工事もサイディングボード工事に差し掛かり、内部はこれから

本格的に、木工事に入って行きます。

 今回は、戦前、欧亜国際列車が敦賀まで伸びていたこともある、欧風文化の

影響を受けた港町で、クライアント様こだわりの、南欧風の住まいを

手掛けさせて頂いております。

 この地域は、歩道のインターロッキングまでレンガで、まち全体がそのような

雰囲気をかもし出している地域です。

 福井県は、建築を生業にされておられる方であれば誰しもご存知の

フクビ化学さん、セーレンさんの地元ですが(苦笑)・・・

私は透湿防水シートはタイベック社製を使っています。

 いままで色々使ってきましたが、耐久性、施工性が使ってみて

私的に一番信頼がおけるのでタイベックハウスラップを使っています。

 水が漏れ易い入り隅部分や換気パイプ、エアコンの貫通パイプ廻りなどは、

タイベックフレックスラップを使い完全に止水します。

 アルミを蒸着させた遮熱効果のあるタイベックシルバーも出て、最近は、

高断熱・高気密にさらに高遮熱も多くなってきています。

 他社さんでも同様の商品が出てきていますので、弊社でも今後、

省エネルギーの観点からも採用を検討して行きたいと思っています。

 と本日は、外壁に塗る仕上のサンプルをご覧頂いてご検討頂きました。

小さいサンプルで選んでしまうと、どうしてもイメージが違った?

なんて事が良くおきますので(色の面積効果と言います。同じ色でも、

面積の大きい、小さいで色の見え方が違ったりします。)、

メーカーに少し大きいサンプルを頼んで、再度ご検討頂きます。

 今回は、大壁工法という縦の継ぎ目が無い工法を使って、

ラスモルタル下地のような質感の下地をつくります。

 その上から塗壁調の仕上のジョリパットを施工する予定です。

(ラスモルタル下地、塗り壁も検討しましたが、やはりコストが掛かる為、

乾式工法を採用しました。)

 外部足場がとれるのが、今から楽しみです。

 クライアント様の笑顔が、私たちの励みになります!

 完成向け頑張って参ります!

 For The Customer 〜全ては顧客のために〜

 http://hac.meblog.biz/

 専門家を探せる、相談出来る。オールアバウトプロファイル!

 http://profile.allabout.co.jp/pf/hamada/

 PS.本日ポーチの下屋の下地を施工しましたので、写真を撮ったあとには、

 ちゃんとタイベックを張っています。念のため、補足です。
Posted 23:30|No.973|浜田肇一よりcomments(0)
▼ 2008.11.02 Sunday:「ミュージカル むかしむかしゾウがきた」
現在、京都駅に隣接する京都劇場で公演されている劇団四季のミュージカル「むかしむかしゾウがきた」を家内と息子とで観劇してきました。
   
2、3週間前に息子が、学校の社会見学で同じ京都劇場でミュージカルを観劇させて頂いて以来、いたくミュージカルが気に入り、家族全員でいきたいとうるさく(全員といっても私と家内と息子の3人ですが・・・)
家族の一員?である私も無理やり連れて行かれました。

以前はミュージカルを観劇していても、第1幕か第2幕のどちらかは必ず途中から寝てしまい、ほとんど話しの内容が分からないまま終了していたり、新婚旅行で行ったミュージカルでは、指輪に慣れない私は、結婚指輪を観劇中に取ったり外したりしていたら、真っ黒な劇場の中、結婚指輪を落としてしまい、家内からあきれられたりで、ミュージカルにはあまり良い思い出は有りませんでした。
   
ただ、今回久しぶりに行ったミュージカル「むかしむかしゾウがきた」は、笑いと涙ありの素晴らしいストーリーで、私は勿論、家内も息子も大満足でした。
京都公演は本日までで、これから全国各地を講演される予定ですので、機会のある方は是非ご覧下さい。
子供にも大人にもお奨めです。

同じゾウでもベストセラーの「夢をかなえるゾウ」とは、また違った心暖まる感動を得られました。

Posted 08:45|No.974|廣田大輔よりcomments(0)
▼ 2008.11.02 Sunday:ECOひいき・・・でゴメンなさい!
当社のお施主さんには猫を飼われている方が多かったりします。
とっさに思い浮かぶだけでも・・・芦屋のKさん、東大阪のYさん、生駒のTさん。
それに比べて、犬を飼っているお施主さんは・・・案外少ないということに気付きました。

えっ、私は猫派か犬派か、どちらかなのかって!?
スミマセン・・・一部の方は既にご存じかと思います(汗)。
子供や動物は大好きなのですが、個人的な「えこひいき」で言わせてもらうと・・・。

ジャック・ラッセル・テリア(JRT)派です(笑)。
私はちょうど2年前の秋からその犬の虜になってしまった訳で、皆さんへ毎月お送りしているニュースレターにまで登場させてしまって誠に恐縮です・・・。

まあ、暇があればYouTubeで投稿されているJRTの動画や、ブログに書き込まれている成長日記を検索したりして、夫婦でJRTワールドにどっぷり浸かっている次第です(苦笑)。

そうこうしている内に、著名人にも同様の方が居られることを知りました。
かの、小倉智昭さんや、糸井重里さん&樋口可南子さんご夫妻もJRTを溺愛中とのこと。
その糸井重里さんが運営しているサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」のブログの中で、ご自身が飼われている(引き取ることになった)JRTの生い立ちを連載しているという情報を、当社設計の新(あたらし)から入手!!

う〜ん、買主と愛犬との友情・愛情、母犬とその3匹の子供たち(正確には3匹+1匹:泣)の家族愛、その小さな小さな物語に感動し、柄にも無くポロリと涙してしまいました・・・。

その、少し悲しいけれど何だか心が温まる、不思議な感動を少しでもお裾分けしたくて(苦笑)、お引渡し後、私がお施主さま宅を訪問の折などに持参させていただいている訳です・・・ハイ実は。

私の「えこひいき」と「お仕着せ」の何ものでも無いので、犬嫌いの方は遠慮なくおっしゃってくださいね(笑)。

AKINOBU FUKUDA

※掲載写真は「ほぼ日刊イトイ新聞」サイト内、「SayHello! あのこによろしく」より転載しています。
Posted 16:37|No.975|福田明伸よりcomments(0)
▼ 2008.11.02 Sunday:すごい迫力です
今はランタナがあちらこちらで見受けられます。

写真のように壁一面に咲き誇っている姿を見ますと
見事と言うか、すごい迫力です。

仕事中の光景ですが思わず
写真を撮ってしまいました。

ランタナ(Lantana、学名:Lantana camara)はクマツヅラ科の常緑小低木。中南米原産。観賞用に栽培される。和名はシチヘンゲ(七変化)。赤、橙、黄、白など鮮やかな色の花をつけ、また花の色が次第に変化することに由来する。

Posted 17:03|No.976|畑木明雄よりcomments(0)
▼ 2008.11.02 Sunday:ばら、バラ、薔薇
ご近所でとてもじょうずにバラを育てている
方がいらっしゃいます。

近くを通るたびに感心してしまいます。

我が家のバラは幾ら肥料を上げても
毎年一輪、二輪としか咲きませんのに
このようにたくさんのバラをどのようにして
咲かせるのかにツイツイ目が行きます。

考えるに我が家のバラは伸び放題に
していますので先端に栄養が行き届かないのかも
知れません。

今度カットしてみましょうか?
可哀相かな?

Posted 17:51|No.977|畑木明雄よりcomments(0)
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< January 2009 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)