・・・12人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2014.11.13 Thursday:「雨、風、雪そして虹」
 昨日から福島県に来ています。

 昨夜はekreaパーツのカタログ等を頼んでいる印刷会社がある会津に来ました。
 友人でもある社長に会うのが目的です。

 事業継承や社長故の悩みなどを忌憚なく話し合いました。
 とても有意義な時間を共有でき、モヤモヤしていたものが吹っ飛び、改めて来て良かったと思いました。

 今朝は早くから、野池さんが主宰する1985全国省エネミーティング in福島に参加するためにスカイラインを通って会津から福島へ移動。

 峠の山道は、雨から雪に変わり、真冬状態に。
 なんとか積もり始めたら雪道を回避して、峠を下ってきたところで、次に見えてきたのが、写真の虹です。

 昨夜、友人からも聞いていましたが、福島は未だに風評被害に苦しんでいます。
 虹が福島との架け橋になればと、そんな思いが込み上げるほど美しい虹でした。

Posted 14:41|No.3386|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2014.11.13 Thursday:「1985 全国省エネミーティング」
 本日2度目のブログ更新です。
 普段はサボり気味ですので、書ける時に書きますね。

 全国省エネミーティングin福島には250人ほどの方々が参加しています。

 福島市長の講話やパネルディスカッションの市の職員の方の切実な話、福島県地球温暖化防止推進センターの活動、エコロジーオンラインの上岡さんの取り組みなど、とても意味ある話を聞けました。

 ただ、どちらかといいますと、再生可能エネルギーの開発に軸足があるようで、省エネに関しては今一つ反応が鈍いようですのです。

 総論としては、勿論省エネは大切ですが、家庭内の消費エネルギーに関しては、誤解と他人任せになっているような気がします。

Posted 14:41|No.3387|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2014.11.14 Friday:「ジャパンホームショー」
 今日の午後に福島から帰ってきました。

 昨日のブログにも書きましたが、省エネより再生可能エネルギーに関心が高いのは、工務店の努力不足だと改めて感じました。

 写真はジャパンホームショーのブースで孤軍奮闘するパーツの吉田くんです。

 今回は、大工の手で家具つくりを提案する「わざわ座」のブースにパーツ販売のPBキッチンが展示されることになり、そのお手伝いで弊社のスタッフが説明員に駆り出されました。

 こちらも工務店の本来の姿ですので、共感できるものが数々ありました。

 今回の展示では工務店さんの反応もまずまずのようで、吉田君も大忙しの様子でした。

 メーカーがどんどん集約されていくキッチン。
 もともとの流し台は勿論大工さんの手つくりでしたので、今回の取組みが受け入れられることは、とてもありがたいことです。

Posted 22:12|No.3388|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2014.11.16 Sunday:綱敷天満神社(つなしきてんまんじんじゃ)
先日の休みに家内と神戸市東灘区御影にある「綱敷天神神社(つなしきてんまんじんじゃ)」に行ってきました。
この神社の祭神は、「菅原道真公」が京都から太宰府に左遷の途中に立ち寄ったという伝承を持つ神社で、阪急御影駅またはJRの六甲道から徒歩圏内で行けます。

今年の年頭に、家内と一緒に月に一度はどこかの神社に参拝に行こうと決めて11ヶ月。
来月の12月で目標達成!?です。
12月はどこの神社に行くかは決まっていませんが、今から楽しみです。

Posted 15:50|No.3389|廣田大輔よりcomments(0)
▼ 2014.11.18 Tuesday:「リライフプラス」
 またまた住宅誌でご紹介頂きました!

 扶桑社から発行されているリノベーション専門誌「relife+」(リライフプラス)。
 最新号(11月14日発売号)で「頼れるリノベーションパートナー」としてご紹介頂きました。

 弊社設計施工のK様邸の実例写真も掲載されています。
 秀逸なリノベーション実例で、お施主様のお暮らしぶりがまた素晴らしい。

 弊社ホームページでも写真を掲載させて頂いておりますので、ぜひご覧ください!

 >>> リフォーム施工事例「モノトーンの空間」

Posted 11:01|No.3390|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2014.11.19 Wednesday:「家は住む人のセンスで決まる!」
 今年3月に完成した八潮のA様邸の写真です。

 弊社の殆どすべての見学会に参加して下さり、ご夫婦で練りに練って考え抜いて完成しました。
 もちろん、デザインや性能とコストとのバランスも吟味された故の完成度の高い家に仕上がりました。

 とても住宅リテラシーの高いご夫婦だと感じました。

 家づくりの依頼先を決めるのは、難しい面も多々あって、見た目やコスト、或いはユニットバスやキッチンなどの価格や仕様に思いが行ってしまい、刹那的な損得勘定だけに走ってしまう建て主さんもいますが、最も大切なのは「住まう人の快適性」です。

 このような建て主さんですと、僕たちの仕事もとても気持ちが入るものですね。

 弊社ホームページの「施工事例/新築」に写真をUPさせて頂きました。ぜひご覧ください。
 「上質な和モダンスタイルの家」(A様邸)

Posted 13:20|No.3391|清水康弘よりcomments(0)
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2015 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)