・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2007.09.18 Tuesday:東海道中エコ栗毛
環境省の委託事業で、地球温暖化を防止するために、ナビゲーターの
お笑い福祉士 めんぼうくん(ストップ温暖化パフォーマンスコンテスト2007グランプリ受賞者) と”弥次さん”役のe-マイスター、”喜多さん”役の 住まいる匠 3名で「家電の省エネ診断」「住宅の省エネ診断」をしながら、家庭での「省エネのツボ」を伝授するために、静岡県内22の宿場町を省エネ行脚します。

 昨日、私は”喜多さん”役で、最初の宿場町、三島のお宅を省エネ診断に行ってきました。

この後、沼津、原、吉原そして12月には最後の湖西市の白須賀まで道中は続きます。(めんぼう君以外の弥次さん、喜多さんは毎回変わります。)

現在、受診家庭募集中です。

住まいや家電に対する悩みがある方は、是非応募してみてはいかがで

しょうか?

静岡県内限定ですが、費用は一切かかりません。完全に無料です。

詳しくはこちら → 東海道中エコ栗毛

住まいる匠、e-マイスターについてはこちら → 静岡県地球温暖化防止活動推進センター
Posted 16:33|No.274|渡邉泰敏よりcomments(0)
▼ 2007.09.20 Thursday:『オリックス・バッファローズ』
心斎橋での『日本メンタルヘルス協会』で
以下の研修を受講。
『子育て』についてのレクチャー。
『育児』=『育自』、
『教育』=『共育』とある。
教育は、直ぐに結果が出ない。
講義終了後、
講師の林、丸山、吉田先生と談笑。

その後、心斎橋のショップを散策して
梅田の宿舎に向かう。
チェックインを済ませ、京セラドームにプロ野球観戦。
貧乏サラリーマンは、大幅値引きのある
午後七時半までチケット売り場前で待つ。

結果は、バッファローズの逆転負け。残念・・・。

Posted 0:33|No.275|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2007.09.20 Thursday:『三十三間堂』

心斎橋での研修終了後、
滋賀の佐川美術館か、
国立国会図書館の
見学を考えていたが
事情で叶わず、
京都にある三十三間堂を見学。


約八百年経過した、ちょっと硬派な建物に、荘厳な仏像郡が美しい。
千一体の仏像と、霞むような長さを持つ建物がドラマチックだ。
将軍たちが魅了されることにもうなずける。

堂の隣に建つ『ハイアット・リージェンシー』でお茶をいただき
短い京都を後にする。
お土産は、三十三間堂のお線香。
沢山の若いご婦人方もそれを購入していた。

Posted 0:54|No.276|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2007.09.20 Thursday:『スーツケース』
起床は、午前五時半。
寝ぼけ眼で掃除と洗濯を進める。
お天気もいいから、
シーツなどの大型のものを始末する。
また、火、木、土は『燃えるゴミ』だから、
たまりに溜まった
新聞紙を三階から一階に下ろす。


そんなことをしていたら、アッと言う間に出勤時間。
朝食を摂り忘れた。慌ててチーズとジュースを口にして出勤。

休日明けだから、雑務を処理。
合間に、読めないでいた
十八日火曜日の経済新聞に目を通す。

『経済教室』
■復古政治の跋扈(ばっこ)を許すな■

竹中平蔵慶応義塾大学教授が語る。
いろいろ厳しい意見だが、
記事の最後に『国を支えて、国に頼らず』とは福沢諭吉が述べたようだが、
アメリカの何代目かの大統領もそんなことを言ったような・・・・。

『自立循環型住宅』の設計は、
●各要素技術の相互関係●のところに及ぶ。

暖房、冷房、換気、給湯、照明、家電、調理、水。
以上八つの要素の関係を検討する。
それら個人的価値基準も評価の値になるから、少し、ややこしい。
しかし、作業は進めないといけない。

本日の夕食は『冷麦』と『天ぷら』にする。
女房は出張中、娘は明日から大学に戻る。

明日から、しばらく『一人暮らし』が始まる。

Posted 18:47|No.277|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2007.09.21 Friday:『脱穀』
我が家の前には、
少し大きな農家があり
ここ数日来、脱穀作業で
大気中に噴出す粉で
窓が開けられない。
毎年のことだが、目は充血、
鼻水は溢れる!??
自宅前に止めてある私の車は、
脱穀粉で白くなっている。

Posted 09:21|No.278|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2007.09.21 Friday:『天ぷら』

昨夜は、
熱帯夜と脱穀粉で
寝苦しいしい夜を過ごした。
ちょっと、過激だが
拷問のような一夜だった。
拷問と言えば
鬼の『長谷川平蔵』を思い出す。

自立循環型住宅の設計は、
牛歩のごとく進まない。
まず、私自身が十分に
理解していないからだろう。

ただし、設計マニュアルに
『曖昧』な表現にも要因があると思う。
私は、頭脳混濁、
容姿単純で教養もないから、
とにかく、
その解説文の理解に苦しむ。
国語力不足に嘆く!

次回、自立循環型住宅研究会では
『つくり手の会』から
参創ハウテック、アーキテック、デザオ建設、
建築工房ワタナベさんらが参加らしい。

さてさて、先日記した八つの要素に対して
適用する省エネ効果にレベル設定がある。
その効果とレベルには、大きく区分けして
『自然』『建物外皮』『設備技術』の三つ。

自立循環型住宅の設計目標像を設定して、
その三つに対し要素技術の
適用優先度を考慮することによって
効率よく省エネ性をあげることが出来るらしい。


『日射熱の利用』『断熱外皮の利用』『換気設備計画』については
省エネ効果が高い。

Posted 09:26|No.279|清水康弘よりcomments(0)
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2007 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)