・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2010.11.04 Thursday:「つくばのLCCM住宅」
 2日(火)の午後は、つくば市の建築研究所の敷地内に建てられているLCCMモデル住宅実験棟の見学に行って参りました。
 私と設計の田村、井田の3名で環境委員会のルートで申し込み、参加しましたが、その他いろいろなルートで150人程の方が参加、大手ハウスメーカーやインフラ関係企業の参加者が多かった様です。
 一工務店がこの場へ行けただけでも希少価値がありますね。

 さて、LCCM住宅(ライフサイクルカーボンマイナス住宅)とは、住宅の長い寿命の中で建設時・運用時・廃棄時において、できる限り省CO2に取り組み、さらに太陽光発電などの再生可能エネルギーの創出により、住宅建設時などのCO2排出を含め、生涯でCO2の収支をマイナスにする住宅のことです。

 弊社が取り組んでいる自立循環型住宅の基準レベルは、2000年前後に建てられた普通の家と比較してCO2を50%削減することですから、簡単に言ってしまえば、LCCM住宅は自立循環型住宅の親分のようなものです。

 自立を深めていって、最後は足りない部分を太陽光発電に頼るというロジックですから、結局は屋根に太陽光発電装置を8KWも載せなくてはなりません。
 東京の狭小敷地で建てる家に8KWを載せるのはまず無理ですから、向こう3軒両隣の屋根も借りなくてはなりませんね(笑)

 また現在のところ、コストアップが大きすぎ、国民住宅になるまでにはさらなるイノベーションが必要だと感じました。

Posted 11:36|No.1627|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.04 Thursday:「エコポイントとヤマダポイント」
 先ほど、所用でヤマダ電機池袋総本店へ行って参りました。
 エコポイントが今月で事実上縮小ということで平日にもかかわらず休日のような混雑。
 エコポイントの対象商品の大型画面TV売場は、レジの前に長蛇の列ができていました。

 そこで見つけたのが添付のチラシです。
 つい最近、オール電化リフォームに参入を発表したばかりのヤマダ電機。
 いつのまにかタマちゃんともすっかり仲良しになっていたなんて・・・、驚きです。

 このリーフレットをよく読むと、既にタマホームの展示場へ訪問、電話、ハガキ、e-mail等で資料請求をしている方は対象にならないようです。

 はじめて展示場へ行く方は、ヤマダ電機へ先に行き、このチラシをもらい、且つタマホームで家を建てないと9万ポイントはもらえないようなのでご用心です。

Posted 17:38|No.1628|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.04 Thursday:光の...
 ご存じ、安藤氏の代表作、

 大阪の茨木市にある日本基督教団の茨木春日丘教会です。

 娘が小さい頃、三つ子の魂百までと思い、連れていきました。

 ちょうど、日本基督教団の幼稚園に通っていたので、

 良い機会でした。(ちなみに...わが家系は北陸ということもあり、

 バリバリの浄土真宗西本願寺派です...)

  結婚して間もないころ、アルファリゾートトマムの水の教会も

 行きましたが(あの頃はデジカメは無く、フィルムカメラで撮った

 ため、写真はどこへ行ったか分かりません...)

  打ちっ放しのもっコン穴(Pコン)が埋めずに

 そのままになっています。

 結露的&コンクリートの中性化を考えるとどうなのでしょう?と

 思うのは私だけでしょうか...

  これもデザインなんですね。

  For the children 〜すべては未来の子どもたちのために〜

  http://hac.meblog.biz/
  http://ameblo.jp/hac/



Posted 22:57|No.1629|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.05 Friday:寒くなったと思ったら
今夏の酷暑が終わったと思ったら
もうサギが舞い降りてくる時期になったのですね。

いえ、いえサギが舞い降りる季節と言いますより
もう11月ですから当たり前なのかもしれません。

寒くなり家の側の川でサギを見つけると
「おかえり」「また会ったね」と言うような気持ちで
ほっとします。

猫やアライグマに襲われずしっかり餌を食べて
暖かくなるまで元気に過ごして貰いたいものです。

Posted 14:42|No.1630|畑木明雄よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.05 Friday:「雑誌掲載」
 弊社の設計施工事例が主婦と生活社の別冊・美しい部屋「私の家づくり」No.65に掲載されました。
 最近は取材も増えていますが、今回は以前掲載された記事がリライトされたものです。
 それにしても取材記事で雑誌に載るのはありがたいことですね。

 さて、先日新建ハウジングに寄稿した「理科系工務店のススメ」ですが、いろいろな方から「読みましたよ!」と声をかけられます。

 「その通りだね!工務店はもっと勉強すべきです。」という反響もあれば、
 「清水さんの言っていることはわかりますが、全く感じない工務店の方が圧倒的に多いのでは?」というリアクションもありました。

 ただ、私の目指す方向は理科系工務店であり、その先にあるものは工務店として、住宅建築やリフォームを通じて家族が抱える問題のサポートだと思っています。

 先週の土曜日に行われたザ・ハウスのセミナーの個別相談で、私が相対した建て主さんから、
 「参創さんの特徴は何ですか?」と聞かれ、不意打ちを喰らったような違和感を覚えました。

 いつもであれば、SE構法、ekreaキッチン、エッグウォールやビーナスコートなどの自然素材、温熱環境や省エネへの取組み、設計力や施工力、長期優良住宅先導事業採択者など、どれから語ってよいのか考えてしまうほどたくさん特徴を語れるはずですが、面と向かって質問されますと、本当に困惑してしまうものです。

 と言うよりも最近は「弊社の特徴は○○です!」と声高にアピールすることが恥ずかしくなってしまったようです。

 つまるところ、技術の積み上げが少ない事業所ほど、声高に「うちの工法は!自然素材は!」
 などと、まるで包帯の下の傷をごまかすかのようにアピールしているように見えてならないのです。

 技術は相対評価するものではありません。絶対評価が基本です。

 そのようなことを考え始めますと、本来技術とは寡黙なもので、内に秘めて研鑽することが当たり前、家づくりはもっとその先にある住まい手の抱えている人と人との関わり合いを見据えるために、日々向上を目指すべきだと思います。

Posted 15:04|No.1631|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.05 Friday:利他の心...
 10年近く前、鹿児島大学に稲盛会館を見に行きました。

 京セラ名誉会長、現日航の稲盛CEOの母校の

 鹿児島大学に稲盛CEOが寄贈された楕円球体のホールと

 会議施設を併せ持つ複合施設です。

 最近では、地下鉄の副都心線の渋谷駅にも

 楕円球体が地下に埋まっているそうですが、

 安藤氏が提唱された、中之島公会堂のアーバンエッグの

 楕円球体がこの稲盛会館で実現されました。
 
  この仕事をやってのけた型枠大工さん、鉄筋屋さん、

 コンクリート工、そしてゼネコンの現場監督さんの大変さが

 ひしひしと伝わってくる奇想天外な建物です。

  稲盛和夫氏の利他心が安藤建築に変わって鹿児島の地に

 形となった...そんな気がします... 

 For the children 〜すべては未来の子どもたちのために〜

 http://hac.meblog.biz/
 http://ameblo.jp/hac/


 

 
Posted 22:15|No.1632|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< November 2010 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)