・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2010.11.01 Monday:「憧れのキッチン」
 ネコ・パブリッシングさんが発行している「憧れのキッチン」にekreaキッチンの施工事例が掲載されました。
 最近キッチンの取材がまた増えてきたようです。ありがたいことです。

 さて、先日は女性建築家の伊藤道代さんと女性カメラマンの工藤朋子さんと会食の時間を過ごしました。
 いろいろ情報交換をさせていただきました。
 伊藤さんの女性ならではの設計目線、工藤さんが被写体をどう表現するかなどなど、大変タメになる話を聞かせて戴きました。

 よく仕事をする女性は、お酒の方もよく飲みますね。(笑)

Posted 10:22|No.1621|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.01 Monday:「台風一過と家づくりセミナー」
 30日(土)はザ・ハウスさん主催のまじめな家づくりセミナー。
 例によりまして東京家づくり工務店の会の代表者4人が集うセミナーでした。

 台風14号が関東沿岸を通過しているなか、12人ほどの建て主さんが熱心に受講されていました。

 まずはザ・ハウスの矢野さんから工務店のタイプについて15分ほど説明があり、続いて中里さんが「地域主義で造る」というテーマで、続いて田中さんが「一品ものを手手作りで」、私は「エコと快適性を考えてつくる」、トリは池田さんで「コミュニケーションで建てる」というテーマで、それぞれ20分ほどのセミナーをさせていただき、その後個別面談でした。

 台風が接近する中、わざわざ来られる方だけあって本当に熱心な方が多かったように感じました。

 自社の会社説明ではなく、工務店独自の視点からそれぞれ家づくりを語る機会はなかなかありませんので、ご来場いただいた方々も勉強になったと、口々におっしゃっていました。

Posted 10:23|No.1622|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.01 Monday:「理科系工務店のススメ」
 新建ハウジングプラスワン11月号に私が寄稿した「理科系工務店のススメ」が4ページに渡り掲載されました。
 サブタイトルは「野池学校を通じてわかったこと」です。

 隔月で開催されている野池学校を「一受講者として勉強して見えてきたこと」、続いて「Behaviorだけでは住宅は売れなくなったきた」、「理科系工務店のススメ」、「理科系工務店になるために」、「家づくりの目指す方向は工学」、そして最後に「工務店は必要なくなるという議論に立ち向かうために」で締めくくっています。

 これからの時代の工務店は〔理科的知識×個別対応力×設計施工力=工務店力〕というビジョンを持つことが必要などなどです。

 弊社は理科的知識を再度勉強して、日本一の理科系工務店を目指していきたいという思いで執筆しました。
 寄稿文の内容は弊社ホームページ内でもご覧頂けます。
Posted 18:07|No.1623|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.02 Tuesday:ミス
私は、家でも仕事でもミスをする。
ミスをした後の気持ちは、
悔しさや無念さでいっぱいになる。

先日、弊社スタッフが結婚をした。
素敵な結婚式を挙げた。
そして、事務所から祝電を打った。
だが、その祝電は届かなかった。

総務が一生懸命考えた、
素敵な電文が届かなかった。
過去に、このようなことを聞いた事はない。

『前代未聞』とは、
このような事を言うのだろうか・・・。

しかし、ミスをした当事者や上司の方は、
さぞ、辛い思いをしただろう。
悔しくてたまらないだろう。

同じようなミスは、もう一度、
いやいや二度や三度と繰り返されるかもしれない。
人はミスをするもの・・・・・・。
あってはならないが、避けられない事実でもある。

ならば、『祝電を届け忘れた』ことは、
稀に見る珍しい事。
それを、笑いに替えて、お目出度い事とする。
『お目出度い話』とする。

『そういえば、あの時には・・・・・。』
なんて、笑い話に替えて、喜びの思い出とする。
そんな風にやり過ごすゆとりが『大人』と言うのだろう。

私はミスをする。仕事でも趣味でも間違いを犯す。
恥ずかしいし、悔しい・・・・・。
しかし、そこをステップに『次』を目指している。
ミスをした後が大切になる。

『電報を届け忘れた彼』は、
今回のミスを、コレからの糧にして欲しいし、
そうして生きていくだろう・・・・・・・。

・・・・・・我が家の愛娘も社会人だが、
大きなミス、小さなミスをしているのだろう・・・・。
そうして、私らのように大人になっていくのだろう。
Posted 08:54|No.1624|清水康弘よりcomments(2)
なんだかジーンとしました。
私もよくミスをします。でもすぐにその時の状況や相手のせいにします。
私はミスを糧にしているだろうか・・・反省致しました。
by 事務局 武田 11/02(09:52) 削除
渡邉さん
 人生ミスばっかりですね。スタッフに向かって「馬鹿野郎!」
でも、ミスした人に感情で怒りをぶつけても、かえって萎縮させてしまいます。
 衛藤さんの言っていたことを思い出しますね。
by 清水 11/02(09:54) 削除
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.02 Tuesday:今月は・・・
 私の登板月みたいです。(苦笑)

 頑張って書き込みしたいと思います!

 一昨日、福井県内ナンバーワン発行部数を誇る

 情報誌、月刊ウララ http://urala.jp/pc2/

 の取材がありました。

  実は、クライアント様来月ご出産予定で...

 発売日には、もしかして...お生まれになっているかも...

  楽しみですね!良い記念になれば幸いです!

  私たちが手掛けた住まいで幸せな家庭を築いて行ってください!

  感謝!

  For the children 〜すべては未来の子どもたちのために〜

  http://ameblo.jp/hac/
  http://hac.meblog.biz/

  
Posted 22:33|No.1625|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.03 Wednesday:秋深く...
  本日は、「文化の日」ですね。

 文化の日は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」趣旨だそうです。

  本日、文化勲章の親授式が皇居でありますよね。

  建築界では安藤忠雄氏が受章されるそうで...

 私が学生の頃は、設計製図の課題ではこぞって、

 打ち放しコンクリートの建物を模写したりしました。

  そういえば...当時設計製図の講師で来ていた

  隈研吾氏に設計製図を見てもらったことがありますが、

 評価は良くも悪くもなかった様な(笑)気がします。

 (図面をみてもらっている最中に、

 当時イタリアンスーツブームの火付け役であった

 ジョルジオアルマーニのジャケットが机の上に置いてあったのを

 よく覚えています。いや〜さすがは、売れっ子

 新進気鋭の建築家だな〜なんて思った記憶があります。)

 当時、環八沿いのM2が発表されたばかりで、

 (ポストモダンの後期の建物だったと思います。)

 夜、友達と見に行ったときには、これが、建築か?と

 と衝撃を受けた記憶があります。

  今は、自然素材や格子デザインを用いた建築を

 多く手掛けておられますが、今からは考えられないような

 建築ですね。

  (そういえば、福井にも最近できた隈氏の建築が出来ました。)

 なにはともあれ、芸術・文化の秋、学生の時の様に

 建築を楽しみたいなぁと思う今日この頃です。

 (日常業務に追われて、建築を楽しむということを忘れてしまって

 いることに改めて気づかされました...)


 For the children 〜すべては未来の子どもたちのために〜

 http://hac.meblog.biz/
 http://ameblo.jp/hac/
Posted 10:41|No.1626|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< November 2010 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)