・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2008.10.01 Wednesday:住宅の寿命

日本の住宅の建て替えまでの寿命は、せいぜい30年と言われます。
アメリカでは55年、イギリスでは77年。

木造が主体のアメリカと比較しても、25年もその寿命に差が出ているのです。

単純に、アメリカで一つの住宅が寿命を全うするまでに、一方の日本では、一度建て替えた上に、その建て替えた住宅もそろそろ寿命を終えようとしているのです。

・・・何ともやるせない事実です。

これまでの日本の住宅業界は、アメリカのビジネスモデルを理想としてきました。

2×4(ツーバーフォー)工法の導入から始まって、最近では高気密・高断熱の概念までも・・・。
私もその例に漏れず、全米ビルダーズショウ(通商:NAHB)を訪れた際、ダラス、ボストン、シアトル、サンフランシスコと・・・様々な住宅を視察しました。

ブログの写真はもう10年前になりますが、当時、ボストンの分譲地を訪れた時のものです。

くしくも日本では、退任した福田首相の掛け声の下、「200年住宅」をキーワードにした長期優良住宅の法案が準備されてきました。
日本も欧米に見習うべく、いよいよ住宅の長寿命化に本気で取り組みはじめたと言えるでしょう。

しかしながら、住宅の本質を求めて行く中で思うことがあります。

高温多湿、超狭小・高密度の日本の家づくりにおいては、この国の風土に合い、消費者である国民本位の、本当の意味で「長寿命の優良住宅」を我々つくり手は供給しなければならないと・・・。

SE構法が200年住宅構想の一旦を担う、「第1回 超長期住宅 先導的モデル事業」に採択されました。

混沌とした日本の家づくりに閉口し、羨望の想いでアメリカを訪れたのがもう10年前。

この10年で日本の家づくりは様変わりしました。

・・・と同時に、今年は家づくりの大きな転換期にあると強く思います。
Posted 13:36|No.921|福田明伸よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2008.10.01 Wednesday:工事完了検査を受けました!
建築基準法では、建築主は、建築確認を受けた建物の工事が完了した日から

4日以内に、建築主事または指定確認検査機関で完了検査申請書を提出することになっています。

 そしてそれを受けて、建築主事または指定確認検査機関は、

完了検査申請書を受理した日から7日以内に、建物が建築基準法や

関連規定に適合しているか検査し、適合している場合は建築主に検査済証を交付します。

 ちょっと難しいですが(苦笑)、建物を建てる際に、建築基準法や、消防法、都市計画法、

地方条例等を違反してる建物を設計していないか確認をしてもらうのが、建築確認申請で、

建物がその確認申請の設計図書通りの建物になっているか確認してもらうのが、完了検査です。

 法規上定まっている事ですので必ず、受ける事になります。

検査をしてもらって、初めてその建物を使って良い事になります。

 今回は、昨年の法改正後、福井県で初めての鉄筋コンクリートと木造の混構造でしたので、

確認申請書が膨大な量になってしまいまして・・・

 確認申請も約2ヶ月おりるのに時間を要しました。

 今回は、特定行政庁であります県の主事さんに検査をしてもらっています。

最近は、指定確認検査機関でも検査が出来ます。

 当然ながら、一発パスでしたので、明日には完了検査済証がおります。

そこで、やっと!完成!となります。

 お客様との出会いから(以前、完成見学会に御来しになられました)、

1年半以上かかっていよいよ完成です!

 久々の難工事(コスト面、既存の建物がとなりとくっ付いていたり、鉄骨

の既存車庫がアスベストを吹いていたり、狭い敷地でのRCと木造の混構造と・・・)でしたので、

感慨深いものが有ります。こんな難工事でしたのでさすがにスタッフでは難しいだろうと思い、

私が直に現場監督までして手掛けました。

 本日もチョーフル回転で!敷地調査2件、図面を描いて、構造図をチェックして!

クライアント様と打合せをさせて頂いて!家歴書のまとめと・・・明日も天気が良いので、

もう一件現場調査に行ってきます。これから確認申請を出す案件の性能評価の準備も

して参ります!お待たせしておりますクライアント様!

急ぎプランニングにも入らせて頂きます!

明日も早朝7時過ぎからチョー!チョーフル回転で頑張って参ります!


 For The Customer 〜全ては顧客のために〜 

専門家を探す All About プロファイル


 工務店社員のホンネ日記  

 やばい!ブログが全部中身が一緒だ!ごめんなさい!^_^;
Posted 22:32|No.922|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2008.10.02 Thursday:夢をかなえるゾウ、、、TV放送開始。
 昨年、社員全員に配った『夢をかなえるゾウ』が

テレビドラマになり
今日から10チャンネルで放映だそうです。
8時54分スタート

原作はかなり面白かったので一気に読みきりましたが

テレビドラマでは一体どんな風になるのでしょう。

楽しみです。

さて、今日は朝から2つの現場を見てきました。

1つは三郷町‘S‘邸
浦棟梁が朝7時45分には来ていました。

2階部分のセルロースファイバーがほぼ入り
後は1階ですね。

次は安堵町‘S‘邸に、、、。

ここは大工工事があと1日で終わり
仕上げを残すのみとなりました。

今月25日に完成見学会を行う現場です。

ミニ美容室を併設した3階建て住宅です。

3階ルーフばるこにーからの眺めは最高ですので
見に来たほうがいいですよ。

もちろん売り込みはありません。


今日は家で『夢をかなえるゾウ』をみようっと。

「強くて暖かい大空間のお値打ち住宅」   http://www.atm-home.co.jp



Posted 17:23|No.923|笹川晋也よりcomments(1)
笹川師匠、私も見ましたよ!
師匠のおすすめで原作本を買って、私もおもしろくて一気に読んでしまいました。
昨日のテレビもよかったですね。でもガネーシャ役はぜひ師匠にやってほしかったです。
by 事務局 武田 10/03(11:30) 削除
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2008.10.03 Friday:田越川の鯉
自宅のそばに流れている田越川には大きな鯉が
たくさん住んで(?)います。

それこそ50〜60cmの大きさです。
川の主のように大型の鯉ばかりです。

黒色の鯉が多いのですが、中には赤い鯉や
白い鯉がいてそれぞれが悠々と泳いでいます。

何時の頃から住みついて
大きくなったのでしょうか。

当然自然発生はありえないので放流
されて大きくなったのでしょう。
何十匹もいます。

カメラを川の上から向けますと近くにいる
鯉が全て集まってきて大きな口をパクパクあけます。

誰かが餌付けをしているのでしょうか?
鯉が人の気配が分かるのでしょうね。

大きな口の顔を見ているとチョット怖いような光景です。

Posted 20:02|No.924|畑木明雄よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2008.10.03 Friday:200年住宅物語!いよいよ!確認申請を!
 昨日も、いつものようにチョーフル回転!
 
  今週は、月曜日から毎日、晩に打合せが入っておりまして、

  昨日は、現場監理、図面描き、確認申請書類の作成と、
 
 フル回転させて頂きました!(^o^)丿
 
 クライアント様に感謝!です!

  と、いよいよ私が手掛ける、本当の200年住宅の確認申請の

  段取りにいよいよ入りました!

   木造でありながら構造計算をしておりますので、来週中には

  構造計算をあげて、基礎の構造計算に移って行きます。

   200年住宅ですので性能評価を受けなければなりませんので、

 確認済証がおりたらすぐに評価を受けられるよう、

準備をして参ります!

   明日、地縄を張りなおして、今週土曜日には、地盤調査をします。

  いよいよ始まる、200年住宅物語。完成が楽しみです。

   ちなみに、超長期住宅先導的モデル事業ですので、なんと!

  国から200万円までの補助がでます!

   200年住宅について、詳しくはこちらをご参照下さい!

  http://www.mokkotsu.com/what/200year.html

  と昨日の御打合せの様子です。

   なんと、実は、クライアント様は、明日、ご結婚をなされます!

  私が、お二人の人生を左右する、お住まいを建てさせて頂ける事に

   心から感謝し、その重責を全うする事が私の使命として、

粉骨砕身!

   住まいづくりのプロフェッショナルとして、

使命を全うしたい、そう思っています。

    
   For The Customer  〜全ては顧客のために〜

   http://profile.allabout.co.jp/pf/hamada/

   http://hac.meblog.biz/
Posted 21:14|No.925|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2008.10.03 Friday:敷地調査って???
本日もチョーフル回転!

 本日はこれから設計プランに入ります物件の敷地調査に

行って参りました!

 敷地調査とは、土地の境界線、レベル(高さ)を確認したり、

地中障害が無いか、周辺の地盤の状況を確認したり、

上水道の引込み、下水道の公共枡、都市ガスの引き込みの有無、

電気、ケーブル、電話の引き込み位置の確認、


土地家屋調査士さんで作成した敷地測量図と現地の原寸を確認、


雨水を放流する際の

側溝の高さ・大きさの確認、前面道路の幅員・接道状況、


敷地の方角等々、盛りだくさんで!調査します!

 通常、設計に入る前に敷地調査をして、風の吹き方、太陽光の向き、

隣地の家屋の窓の位置、ベランダの位置等々を確認して、

特に太陽光は、大体の事は分かりますが、

隣の建物などで日陰になったり、季節で南中高度変わりますのと、

朝、昼、夜では光の入り方が違いますので、

それらも確認をします。

 コンベックス(プロはスケールと呼びます。)、

スチールテープ(プロはテープと呼びます)、

差しがね、大がね、コンパスを使って敷地の確認をします。

 夕方に行きましたが、ここの西日はきつそうな事が分かります。

西側にはLOW−Eガラス、窓を極力避ける、

水まわりの配置を検討する必要が有りそうです。

 写真は、スチールテープです。

写真は50mのものですが、30mや100mなどの

長さの物もあります。昔は、巻くのが大変でしたが、


最近は、技術が進み、はや巻き!

なんて物も出ていて、チョー楽です!



 
 建築の道具の技術も進歩しています。


また、色々な道具をご紹介させて頂きます!

PS.ちなみに学生時代は、アルバイトで現場測量や


墨出しもやっていました。

現場では、関東と関西で道具や工事の仕方が違うこともあります。


御参考まで!

 For The Customer 〜全ては顧客のために〜

   http://hac.meblog.biz/ 

  http://profile.allabout.co.jp/pf/hamada/
  

     
Posted 23:18|No.926|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2008 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)