・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2010.12.06 Monday:私とハワイアン音楽@
私がハワイアン音楽に正式にと言いますか
出会ったのは大学に入ったころです。

昭和42年(1967年)ですから相当前になります。
私は当時ハワイアン音楽を全く知らなかった訳では
ありません。

巷では夏になりますと
大橋節夫とハニーアイランダース
ポス宮崎とコニーアイランダース
バッキー白方とアロハハワイアンズなどに
代表されるバンドが大いにもてはやされて
ハワイアンミュージックが全盛でした。

その他に山口銀二、山口軍一兄弟
大塚竜夫、ジョージ松下さんなど数えきれないほどの
演奏者・バンドがおりました。

マヒナスターズもそうでした。

それでも正式にと言いましたのは新入生歓迎ガイダンスで
生演奏を聴いて、しかも学生バンドの人たちがプロのように
いえいえプロ以上に上手に演奏をしていたのを
見てえらく感激したものです。

もともと受験勉強時代は「大学に入ったら音楽をしよう
それもギターをしたい」と思っていましたので
ギタークラブやマンドリンクラブなどより
演奏して歌って衣装を着て  格好よくて
プロみたいだ、学生レベルじゃないと言うことで
軽い考えもありましてそのまま軽音楽部に入部して
ハワイアン音楽にのめりこんで行ったのです。

これからいろいろそのあたりを順次お話ししていこうと
思っています。

まず最初に購入したのはアルフレッド アパカ
と言う方のレコードでした。

ハワイでは大変有名な人で、今でいうハワイアン音楽の
大御所と言った方です。

素晴らしい歌声に次第に魅了されていきました。
この方の素晴らしさは次回お話を致します。

Posted 21:52|No.1691|畑木明雄よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< December 2010 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)