・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2007.10.29 Monday:初めまして。浜田です。
 この度、つくり手の会第9のつくり手として、加わらせて頂きました!福井県の敦賀という田舎町で、本当の家づくりに信念を持って取り組んでいます。まだまだ、未熟な私ですが、今後共宜しくお願い申しあげます。m(__)m
  私の日常は、http://hac.meblog.biz/ のブログで書き綴っています。好評、更新中ですので、こちらも宜しくお願いいたします!
Posted 22:38|No.338|浜田肇一よりcomments(7)
 浜田さんよろしくお願いします。地域性は異なりますが、モノづくりの原点は同じですね。
 皆で良い会の運営をして参りましょう。
東京へお越しの折は、是非お立ち寄り下さい。
by 清水 10/29(23:53) 削除
濱田さん、今日も【鞭打ち症】の渡邉松男です。
こちらこそ、よろしくお願いします。
福井にお邪魔しら、こんど、【蟹】食べ行きましょう!!
新潟にいらしたら【ブリ】をご一緒しましょう。
ところで、PUFFYは、時々、福井に出稼ぐのですか?
福井でのコンサートのアンコールには、
【蟹、食べに行こう!】と歌うのですかね??
by 渡邉松男 10/30(22:00) 削除
清水様、これから色々学ばさせてください!時には、敦賀時間(笑、スローな田舎時間です。)の中で時をさまよっている時がありますが(笑)、皆様についていけるよう頑張ります!また、エクレアのキッチンをぜひ見せてください!
by 浜田肇一 10/31(21:18) 削除
 渡邉様、鞭打ち症大丈夫ですか?お体ご自愛下さいませ!越前がにはいよいよ来週解禁です!PUFFYが出没しているかどうかは分かりませんが(笑)、多分、モーニング娘のリーダーの高橋愛ちゃんは毎年食べているのは?(笑)と思います。
 こちらは最近、NHKのドラマ、ちりとてちんで若狭が熱いです。(多分地元だけ(笑)熱い?)そういえば、この前リフォームをしたお宅は、五木ひろしさんのご実家と目と鼻の先でした!
 そういえば・・・・・・福井の知り合いの経営者の方が、老舗料亭を経営されておりまして、現在、隈研吾氏設計監理にて工事を進められております。年内完成だそうです!こちらで、ぜひ!かに食べましょう! 寒ブリも楽しみです!イタリア軒にも行ってみたいです!
by 浜田肇一 10/31(21:48) 削除
了解ですが、イタリア軒は『デンジャラスゾーン』ですよ。
弊社御用達であり、エスカルゴチックな『新潟古町』の夜は、
美川健一的バイオレンスゾーンです。
よって、私がご案内します。そういえば、古町の夜を、NCNの連中は狂喜乱舞いしたものです。
冬の二月の『食の陣』には、ご案内したいな・・・。
それにしても、福井と新潟、なにか・・こう・・・・・・・・
『演歌』が似合う感じ、しませんか・・・・?
右手の握りこぶしを、;・・・こうやって『グー』を上下して
目を垂れ目にして・・・・・。
ちょっと、変になってきたからこの辺でやめときます。
by 株式会社松岡建築設計事務所 渡邉松男 10/31(22:15) 削除
『美川健一』は、ハッサクの『身皮』でなくて
『美川憲一』の間違いですな・・・・、万代橋のたもとに
彼??が歌う『新潟ブルース』の歌碑があります。
by 株式会社松岡建築設計事務所 渡邉松男 10/31(22:18) 削除
私が思っていた渡邊社長様のイメージが・・・少し崩れて(笑)・・・、気さくな渡邊社長が益々好きになりました(笑)新潟と敦賀とはフェリーで繋がっていますね。フェリーつながりということで(笑)
by 浜田 肇一 11/01(23:03) 削除
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.10.31 Wednesday:50年以上もありがとう・・・。
 明日、50年以上もこの敦賀の地で家族を見守り続けてきた住まいが、その役目を終える・・・。戦後まもなく建てられ、焼け野原からの復興を見届けてきた
この住まいは、その役目を終え、建て主の魂のもとへ旅立って行く・・・。その時を・・・じっと待っている様に見える・・・。解体前夜はそんな寂しい気持ちで一杯になる・・・。


Posted 22:21|No.343|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.11.01 Thursday:今月の・・・
 あれよあれよと言っている間に(笑)、今月のブログ当番になってしまいました(笑)。とにもかくにも、頑張ります!本日は、建築主事さんから電話があり・・・いよいよ3階建てのSE構法の確認申請が下りそうです。確認・指摘事項が数点ありましたので来週早々に回答書を提出します。実働20日ほどで連絡がありましたので、思っていたより少し早くおりそうです。さすが、SE構法です。現在、日本で一番早く3階建ての木造の確認が下りるとの噂です。良いものは、プロが一番良く知っている。そういうことなのでしょう。明日は、いよいよ、野池政宏さんの自立循環型住宅の講習があります。またもや大阪行きですが頑張ってきます。For The Cusutomer 〜全ては顧客のために〜
Posted 23:10|No.344|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.11.06 Tuesday:釘締め
 先日書かせて頂いたブログの

建物の解体現場に行きましたところ、

建物の中から釘締めがでてきました。

錆びがうっすらと出ている物の

まだまだ現役で使えそうです。

増築部分から出てきたので、多分30年以上前の

物だと思います。

 解体前、クライアントのおばあちゃんが

「きっと、おじいちゃんも今日ここに来ているよ」

と、魂がここに来ていると言っていた事を

思い出しました。

 この釘締めも、おじいちゃんの魂が残したものなのか?

そんな魂のこもった家づくり。それが本当の家づくりなんだと・・・。

改めて考えさせられました・・・。

For The Customer 〜全ては顧客のために〜

http://hac.meblog.biz/




Posted 22:14|No.352|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.11.12 Monday:積算という仕事・・・。
 先週の土曜日に、建築積算資格者なる

資格の更新講習会に行ってきました。

これで取得以来、3回目の更新講習です。

 積算って?と思われる方も多いかと思います。

ですが、家づくりにはこの積算の仕事が、

ある意味設計や現場の業務より大変重要になることが

多々あります。

 それは、この積算という仕事がコストコントロールをしたり、

工事費を出したり、概算見積を算出す為の作業だからです。

 積算をするには、現場の経験はもとより、

設計の意図を汲んだり、図面をよみながら、頭の中で

建物を建てていく、そんな能力がなければ、出来ない

業務です。

 よく、現場の事をよく知らない設計者の方は、

相見積という形で、適正価格を知ろうとします。

 私は、相見積が良いかどうかは分かりませんが、

相見積をしてただ単にコストだけを追求して行けば

施工品質が落ちるだけですし、建材や資材も

全て商品名まで決めて見積をとらなければ意味がありません。

また、見積をする建築会社は、VEという名の元に設計変更を

見据えて出来るだけ安い値段を入れようとします。

 車や電化製品のようにまったく同じものを相見積りするのとは

住宅は違います。ISOの認証を取っている会社と

取っていない会社とでは品質の基準が有る無いの違いがあり

ますし、現場監督が専属で付く会社と、何十件もかけ持ちして

段取りだけで、下請け任せの会社も有ります。

 下請け任せの会社は、管理をするコストを減らす事が出来ますが、

しっかりした施工を心がけた会社は管理する部分にコストを

かけます。

 仕事の中身が全く違う会社と相見積を取っても意味がありません。

コストだけを追求すれば、下請け任せの会社に軍配が上がりそう

ですね。

 予算内で住宅を建てようと思うならば、基本プラン、基本設計、

実施設計の各段階で概算金額を把握しながら、設計を進めて行き、

設計価格を決めてから相見積をとる(公共工事がそうです。)、

そんな作業が必要になります。

 つまり・・・ただ単に相見積を取って適正価格を割り出そうとしても

適正かどうかなんて分からないという事になります。

 そのために、建築積算資格者というコストをコントロールできる、

適正なコストを把握できるプロフェッショナルが存在します。

 建築の積算、見積のプロが、本当の適正な価格を知っています・・・。

For The Customer 〜全てはお客様の笑顔のために〜

http://hac.meblog.biz/
Posted 21:48|No.359|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2007 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)