・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2010.10.07 Thursday:もえちゃんからの手紙!
本日も、まだまだ図面描きです。
(苦笑)

 順番に進めておりますので、

クライアントの皆さま!

お待ちくださいませ!

  と・・・本日、来年着工予定の

物件のお打ち合わせ・・・

 本当にご自宅の完成を待ちわびている

ことが、お話の中から感じられ・・・

 責任の重さを感じ、また、みんなが

すばらしい良い家だと思ってもらえる

ような家を建てなければ・・・と、

 クライアント様の夢の実現のお手伝いを

出来ることが本当に嬉しく、

また一人の人間として、なぜ生きるのか?

 少し理解が深まったような気がします。

 多分、どこの業界よりも多くの知識を

求められ、経験、センス、デザイン能力、

そして人をまとめ上げる力を要し、正直

しんどく、体力勝負、そして責任が伴う

仕事は、そう無いと思います。
 
 私のサラリーマン時代は、3K

(きつい、きたない、きけん)なんて

 言っていましたね。

  職人だったら、その自分の職域だけを

究めればいいのですが、私たちの

仕事は、自分が直接手を掛けるのでは

なく、全ての職人を束ね、そして

経験と知識を生かし、自然に打ち勝つ

 住まいをあらゆる手を尽くして創り

上げる・・・そんな、難しい仕事です。

  ビフォーアフターの匠を見ていると

そう感じる方も多いと思います。

  だからこそ、感動を与えられるの

だと思います。

   私もそうありたいと、

日々人生死ぬまで努力を重ねたいと

思っています。

  本日、クライアントの奥様と

御息女様から嬉しいお手紙を

頂きました!

 かわいい絵ですね!

元気が出てきますね。

 こちらこそ!ありがとうございました!

もえちゃん!

 (絵の鳥は、飼っている小鳥ちゃん

ですね。きっと小鳥も喜んでくれている

ことと思います)

  日本には、まだまだ、現在の耐震基準

に達していない木造住宅が多く存在

します。

  ぜひ、第三者の耐震診断士に診断をして

もらって、安全な家に住んでもらいたい

と思います。来年からは、

国からも耐震改修に補助金が

 出るようになるそうです。

同じ技術者として、馬渕大臣には期待を

しています。

  地球環境も大事ですが、

今生きている人が人らしく生きれる

環境をつくることも大事です。

  その一助となれれば・・・

そう考えています・・・

 For The Customer 
〜全ては顧客のために〜

 
http://www.hamadakk.co.jp/
http://ameblo.jp/hac/
http://hac.meblog.biz/
http://profile.allabout.co.jp/pf/hamada/
http://いえひと.com/
http://www.tukurite.jp/
Posted 19:52|No.1583|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.02 Tuesday:今月は・・・
 私の登板月みたいです。(苦笑)

 頑張って書き込みしたいと思います!

 一昨日、福井県内ナンバーワン発行部数を誇る

 情報誌、月刊ウララ http://urala.jp/pc2/

 の取材がありました。

  実は、クライアント様来月ご出産予定で...

 発売日には、もしかして...お生まれになっているかも...

  楽しみですね!良い記念になれば幸いです!

  私たちが手掛けた住まいで幸せな家庭を築いて行ってください!

  感謝!

  For the children 〜すべては未来の子どもたちのために〜

  http://ameblo.jp/hac/
  http://hac.meblog.biz/

  
Posted 22:33|No.1625|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.03 Wednesday:秋深く...
  本日は、「文化の日」ですね。

 文化の日は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」趣旨だそうです。

  本日、文化勲章の親授式が皇居でありますよね。

  建築界では安藤忠雄氏が受章されるそうで...

 私が学生の頃は、設計製図の課題ではこぞって、

 打ち放しコンクリートの建物を模写したりしました。

  そういえば...当時設計製図の講師で来ていた

  隈研吾氏に設計製図を見てもらったことがありますが、

 評価は良くも悪くもなかった様な(笑)気がします。

 (図面をみてもらっている最中に、

 当時イタリアンスーツブームの火付け役であった

 ジョルジオアルマーニのジャケットが机の上に置いてあったのを

 よく覚えています。いや〜さすがは、売れっ子

 新進気鋭の建築家だな〜なんて思った記憶があります。)

 当時、環八沿いのM2が発表されたばかりで、

 (ポストモダンの後期の建物だったと思います。)

 夜、友達と見に行ったときには、これが、建築か?と

 と衝撃を受けた記憶があります。

  今は、自然素材や格子デザインを用いた建築を

 多く手掛けておられますが、今からは考えられないような

 建築ですね。

  (そういえば、福井にも最近できた隈氏の建築が出来ました。)

 なにはともあれ、芸術・文化の秋、学生の時の様に

 建築を楽しみたいなぁと思う今日この頃です。

 (日常業務に追われて、建築を楽しむということを忘れてしまって

 いることに改めて気づかされました...)


 For the children 〜すべては未来の子どもたちのために〜

 http://hac.meblog.biz/
 http://ameblo.jp/hac/
Posted 10:41|No.1626|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.04 Thursday:光の...
 ご存じ、安藤氏の代表作、

 大阪の茨木市にある日本基督教団の茨木春日丘教会です。

 娘が小さい頃、三つ子の魂百までと思い、連れていきました。

 ちょうど、日本基督教団の幼稚園に通っていたので、

 良い機会でした。(ちなみに...わが家系は北陸ということもあり、

 バリバリの浄土真宗西本願寺派です...)

  結婚して間もないころ、アルファリゾートトマムの水の教会も

 行きましたが(あの頃はデジカメは無く、フィルムカメラで撮った

 ため、写真はどこへ行ったか分かりません...)

  打ちっ放しのもっコン穴(Pコン)が埋めずに

 そのままになっています。

 結露的&コンクリートの中性化を考えるとどうなのでしょう?と

 思うのは私だけでしょうか...

  これもデザインなんですね。

  For the children 〜すべては未来の子どもたちのために〜

  http://hac.meblog.biz/
  http://ameblo.jp/hac/



Posted 22:57|No.1629|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.05 Friday:利他の心...
 10年近く前、鹿児島大学に稲盛会館を見に行きました。

 京セラ名誉会長、現日航の稲盛CEOの母校の

 鹿児島大学に稲盛CEOが寄贈された楕円球体のホールと

 会議施設を併せ持つ複合施設です。

 最近では、地下鉄の副都心線の渋谷駅にも

 楕円球体が地下に埋まっているそうですが、

 安藤氏が提唱された、中之島公会堂のアーバンエッグの

 楕円球体がこの稲盛会館で実現されました。
 
  この仕事をやってのけた型枠大工さん、鉄筋屋さん、

 コンクリート工、そしてゼネコンの現場監督さんの大変さが

 ひしひしと伝わってくる奇想天外な建物です。

  稲盛和夫氏の利他心が安藤建築に変わって鹿児島の地に

 形となった...そんな気がします... 

 For the children 〜すべては未来の子どもたちのために〜

 http://hac.meblog.biz/
 http://ameblo.jp/hac/


 

 
Posted 22:15|No.1632|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.24 Wednesday:先代〜私の建築人生
 ここ最近、40を前にして、自分の中で人生が動きつつあります。

人生の半ばにおいて、こういう時期がやはり訪れるのだと

運命めいた気持ちです。

  と、私自身がなぜ建築を志して、なぜ今建築の仕事をしているか?

 何に向かっているのか?

 仕事の関係で、自分自身を見つめ直す機会を頂いたのです。

  そのルーツはここにありました。

  以前ブログで掲載した写真。 

http://hac.meblog.biz/article/1196701.html

 これは、戦前(昭和初期)の写真で昨年偶然見つけた写真

なのですが、

 この写真の1段目向かって右から二番目が先代である祖父の新一
 
であることが分かりました。

  80年以上経っている写真ですが、うっすらと千住局にて

と書かれているこの写真。

 昨年は気づかなかったのですが...

  何気なく検索をしていたところ、ヒットしました。

  なんと、この写真の一段目左から2番目の御仁...

  日本武道館や、お茶の水の聖橋、京都タワーの設計で著名な

  逓信建築技師 山田 守氏そっくり...

   と、更にヒットしました...

  間違いありません。

   http://star.ap.teacup.com/architect-yamada/84.html

  しかも、この千住局、現存しているそうで、あの吉田哲郎氏の

  東京中央郵便局よりも古いそうです。

   なんと、このHPには先代の名前まで掲載されています。

  旧姓が片岡でしたので、( )カッコ書きで書かれています。

  建築年代も昭和3年、4年ですから、この写真は、

 建築当時の写真に間違いありません。

  年からすると、25、6位ですから、学校を卒業して入省したての

 ペーペーだったと思われます。

  大工の弟子をしながら学費を工面して大学に通っていたそうで、

  相当苦労をして逓信省に入ったのだと思います。

  上司に吉田哲郎氏、山田守氏と逓信建築の技術を学びとって

 行った足跡が初めて明らかになり、これが私の建築をしている

 ルーツなのだと分かりました。

   人生が建築。

  20代、30代には正直ぶれることも多々ありましたが(苦笑)

  40にして惑わず。

  私の人生は、建築で人のために尽くすことなのだと...

   世のために人のため、建築し続けたいと思います...

   
 For the children 〜すべては未来の子どもたちのために〜

  http://www.hamadakk.co.jp/
  http://ameblo.jp/hac/
  http://hac.meblog.biz/
  http://profile.allabout.co.jp/pf/hamada/
  http://いえひと.com/
  http://www.tukurite.jp/
Posted 22:40|No.1659|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< December 2010 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)