・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2007.09.26 Wednesday:ISOサーベランス
本日ISOのサーベランスを受けました、ISOの認証取得になってから早いもので9回目のサーベランスです。

半年毎に一回有るのですが2003年認証から見ますともう4年も経過したのだと感慨に耽る一日でした。
ISOで何か住宅事業部が変化したのか?はたまた会社に多くの良い事を与える事が出来たのか?色々考えてしまいました。

取るまで大変、取ったら何とかなるさ?で何か大学入試の様にも思えます。
入学さえすれば良いのだと言う訳ではありませんが段々慣れが入ってきて
思わず拙いなとも思うのです。

気を引き締めて良い住宅を作って行かなければなりません。その為に取得したISOです。

お客様の為に生かさなければなりません。

Posted 20:10|No.291|畑木明雄よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.09.27 Thursday:中秋の名月
暑い暑い夏も過ぎ、少しずつ秋が深まって来ています。
あちらこちらで秋の夜長を楽しませてくれる虫の音が聞こえて来そうな涼しげな夜になって参りました。

涼しげなと言うよりも急な寒さと言った方が宜しいのか、あまりの寒暖の落差に戸惑うばかりです。

季節が変化しているのでしょう、月は静かに美しさを増しています。
綺麗な満月を見ますと心が洗われるようです。

Posted 22:51|No.295|畑木明雄よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.10.13 Saturday: きんもくせい
この季節になりますとどこからともなくきんもくせいの強い香りが漂ってきます。
この臭いを嗅ぐと「あぁ 秋が深まってきたな」と思います。
春のちんちょうげとはまた別な感慨に耽る事も出来ます。

臭い、音楽、絵等はそれぞれに接すると、頭の中に瞬く間にそれらに関係する色々な思い出が走馬灯のように駆け巡ってくるはとても不思議です。
人それぞれだと思いますが記憶が蘇るのですね。
楽しい思い出、悲しい思い出、辛い思い出、色々な思い出が懐かしく出てきます。
秋深しですね

Posted 13:15|No.317|畑木明雄よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.10.18 Thursday:あけび
秋になりますと色々な果物などが採れます。

梨、柿、りんご、みかん等は秋物ですが八百屋さん、スーパーでも年中売られていますので季節感がそれほど感じません。

先日リフォームをこれからしようと打ち合わせておりますお客様から珍しい物を戴きました『あけび』でした。

写真のように少し色がきついのですが何ともおいしそうな実がたわわになっていました、こちらでもこのような物は珍しいのです。

早速事務所のテーブルに飾って季節を楽しんでいます。

実はとても甘いので後で食べてみたいと思っています。

Posted 18:48|No.322|畑木明雄よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.10.22 Monday:我が家の愛犬 リン
我が家にはリンと言う名の雑種犬がいます。生まれてから今年で11年と5ヶ月になります。

人間の年令で換算しますと60歳くらいでしょうか、私が言うのもなんですが品の良い顔立ちをしています。

リンとの出会いは今から11年前、逗子市市民祭りの動物愛護協会のゲージの中が最初でした。
その時はたくさんの子犬、子猫が来ており、里親募集をしていました。
その中で目と目があったのがリンでした、いかにも私を貰って下さいと言う可愛い顔と目付きでした。

思わず愛護協会の方に『この犬の面倒を見ます』と言ったのが縁で我が家で一緒に生活を始めたのです。

初めのうちは貰われてきたのが分かっていたのか、遠慮していたのか分かりませんが暫くはとてもオドオドしていました。

愛護協会の方からは「リンは生まれて直ぐにイジメにあったらしくとても怖がりです、大事にして下さい」と言われていましたので安心させるのが第一だと思っておりました。その姿が妙に可愛らしかった事を覚えています。

それから時間は掛かりましたが少しずつ家族とも慣れ家族の末席の一員としての生活が始まったのです。

しかしながら歳月の流れるのは早いものでアット言う間に11年が過ぎました。

先日来急に食欲がなくなり、激やせし、散歩もそこそこに帰って来るなり沈み込むように寝てしまう姿が気になり、病院に連れて行きましたところ診断は『心臓弁膜症』との事でした。

犬もこのような病気になるのか驚きましたがそのままにしていたら血管が詰まって病死してしまうでしょうと先生に言われ二度驚いた次第です。

ここ数日間は人間と同じおかゆの病人食を食べさせ、薬を飲ませ、静養させていますので幾分元気になりつつあるようです。

犬であっても家族の一員として同化していますのでとても心配です。

早く元気になって毎朝の日課である砂浜での散歩を復活させたいと思っております。

Posted 21:29|No.327|畑木明雄よりcomments(1)
『リン』の毎日が、これからも素敵でありますように。
写真で拝見しただけでも、
その『上品』な面持ちが伝わってきます。
畑木さんのご家族だから、
きっと、これからも充実した日々を過ごすことでしょうね。
『リン』も素敵なご家族の一員で幸せいっぱいですね。

ところで、我が家の『ダーシャ』の容態は、
芳しくありませんが
残された日々が充実したものとなるように、祈るばかりです。

さてさて、湘南の『リン』によろしくお伝えくださいませ。

株式会社松岡建築設計事務所 渡邉松男

by 渡邉松男 10/22(21:57) 削除
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.10.28 Sunday:アライグマ ラスカル
『アライグマ ラスカル』と言えばテレビ漫画でおなじみの愛嬌のある動物ですがそのアライグマが突然我が家の庭、それも2階のデッキベランダまで登って来たとなるとびっくり仰天の出来事です。

我が家にはインコが5羽、文鳥を1羽それぞれの籠に入れて飼っています。

先日デッキベランダに夜遅くまで籠を出して置いたところ、突然『ガタッ・ガタッ』と大きな音がし、鳥がばたばたと騒ぎ始めましたので猫が来たかと思い飛び出しました。

するとそこには狸?らしい小動物が鳥籠に覆いかぶさってインコを狙っていました。

『こらー』と叫んで追いましたが、その動物はのそのそと歩いて怖がりもせずデッキから隣の家の柿木に飛び移って行きました。

飛び移ったと言うより我が家のデッキに届いていた木にまたいで歩いて渡った感じで、全く機敏性がありませんでした。

変な狸?だなと思いましたが隣の家の屋根に上がりゆっくりとこちらを見た顔は紛れもない『アライグマ』でした。

『えッ』と思い、どうしようかとこちらも考えていましたが余程警戒心がないのか腹を空かせていたのか全然動く気配がありませんでした。

数分間お互い睨み合いを続けましたがそのうちゆっくりと、ゆっくりとどこへとも分からずに消えていきました。

鎌倉、逗子に『いる』とは聞いていましたがこのようなところまで来ているのかと思うと相当な数の『アライグマ』が生息しているのでしょう。

写真を撮ることも出来ませんでしたが、家にでも済みつかれたら大変です。
Posted 16:06|No.335|畑木明雄よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2007 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)