・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2010.10.07 Thursday:「デスクの整理整頓」
 いつものことですが、この業界は紙ベースの資料が圧倒的に多く、数カ月で私の机周辺は、資料が山積みの状態になってしまいます。
 新製品のカタログやダイレクトメール、その他には会社の月次や、部下からの相談の資料、会合で使用したものなどです。
 特に最近はモノが売れないせいか、ダイレクトメールが増えたようです。

 これらすべてを紙のままファイリングしていきますと、すぐに資料が溜まりすぎ、収納する場所に困ってしまいますので、ピークに達した時点で、いらないものと必要なものを仕分けして整理しています。

 昨日は丁度ピークを迎えましたので、数時間かけて整理整頓をしました。(写真は今のデスクの状態です)
 時々、集中して片付けするのは、仕事のリフレッシュにも繋がりますね。

 さて、NCNさんの重量木骨のサイトで「ちょっとプレミアムな私の家と暮らし」コンテストが開催されています。
 こちらはインターネット投票と審査員の方々の得票で賞を戴くことになっているのですが、今のところあと一歩のところのようです。
 皆様是非清き一票をお願い申し上げます!

 弊社の応募は「私のエコスタイル」の中の「ALWAYS〜一丁目のecoな暮らし」です。

Posted 13:29|No.1580|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.10.07 Thursday:「建築知識」誌の取材
 本日は「建築知識」を発刊しているエクスナレッジの編集部の方が、取材に来られました。キッチンについての取材なので、ekreaの近藤が対応致しました。12月発刊予定のキッチン・収納のムック本に掲載する記事についての取材協力です。

 設計する建築家の方が実務で役立つようにと、法令に関する話がメインだったようです。「設計・デザイン側の立場」と「実際に現場で施工する立場」の両方がわかる会社、ということで、ekreaに白羽の矢が立ったとのこと、光栄なお話です。

 ショールームに展示しているキッチンを使って、具体的に法令上規制がかかる寸法の説明などもできましたので、編集部の方にもよくご理解頂けたようで、よかったです。

 弊社では広告をほとんど出しておりませんが、こうしてほぼ毎月欠かさず「パブリシティ」として記事紹介して頂けるので、メディアの方々には感謝しています。


Posted 15:52|No.1581|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.10.07 Thursday:新築か?リフォームか?
今日、テレビ局の企画の方から
取材の申し込みがあった。
弊社のキャンピングハウスの
企画が通ったそうだ。
もちろん、
現地取材の結果によっては
没になるらしい。
地方のテレビ局と違い、
key局は、その辺りが激しいようだ。

さて、費用対効果を考えれば、
大規模リフォームよりも、
新築の方が得。
と考えている。
しかし、古い家が持つ
『エモイワレヌ味わい』や、
記憶のようなものは、
お金には変えられない。

さて、富士山には未だに登ったことは無い。
登るべきなのだろうけれど、未だに未体験。
日本一高い山だから、頂上からは
それ以下のすべての山を見渡す事ができるのだろう。

新潟の古町に、とてもおいしい割烹がある。
安くはないが、高くもない。
仕事柄、様々な所でお料理を頂くが、
このお店は、今までのNo.1である。

もしも、このお店しか行った事がなければ、
ここが『あたりまえ』になるのだろう。
という様に、比較するものがあるからこそ、
美味しいもの、美しいもの、楽しいものの判断ができるという事。

その昔、先輩から『一流とつきあえ』とか『一流のモノに触れていろ』と
しょっちゅう言われていたことを思い出す。
そうでないと、『モノの善し悪し』が分からなくなるからと。

同じ様に、『同じモノ』でも、視点、見方によって
多様な意味、価値、存在感を認識できる。

最近、ローコスト住宅会社の元気がいいらしい。
企画住宅の売れ行きもいいらしい・・・・。
爺の私は、おっちょこちょいな仕事ブリだし、
勘違いの様な仕事もしてしまうが、
弊社へのお問い合わせも増えている。

家を建てるという事・・・・。
一流の住まいを見学してから、
様々な建て方を見渡すことも有効なのかもしれない。
そんな私も、一流になれるように勉強しませんと・・・♫
  ^^;だははッ・・・・・・。

Posted 18:41|No.1582|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.10.07 Thursday:もえちゃんからの手紙!
本日も、まだまだ図面描きです。
(苦笑)

 順番に進めておりますので、

クライアントの皆さま!

お待ちくださいませ!

  と・・・本日、来年着工予定の

物件のお打ち合わせ・・・

 本当にご自宅の完成を待ちわびている

ことが、お話の中から感じられ・・・

 責任の重さを感じ、また、みんなが

すばらしい良い家だと思ってもらえる

ような家を建てなければ・・・と、

 クライアント様の夢の実現のお手伝いを

出来ることが本当に嬉しく、

また一人の人間として、なぜ生きるのか?

 少し理解が深まったような気がします。

 多分、どこの業界よりも多くの知識を

求められ、経験、センス、デザイン能力、

そして人をまとめ上げる力を要し、正直

しんどく、体力勝負、そして責任が伴う

仕事は、そう無いと思います。
 
 私のサラリーマン時代は、3K

(きつい、きたない、きけん)なんて

 言っていましたね。

  職人だったら、その自分の職域だけを

究めればいいのですが、私たちの

仕事は、自分が直接手を掛けるのでは

なく、全ての職人を束ね、そして

経験と知識を生かし、自然に打ち勝つ

 住まいをあらゆる手を尽くして創り

上げる・・・そんな、難しい仕事です。

  ビフォーアフターの匠を見ていると

そう感じる方も多いと思います。

  だからこそ、感動を与えられるの

だと思います。

   私もそうありたいと、

日々人生死ぬまで努力を重ねたいと

思っています。

  本日、クライアントの奥様と

御息女様から嬉しいお手紙を

頂きました!

 かわいい絵ですね!

元気が出てきますね。

 こちらこそ!ありがとうございました!

もえちゃん!

 (絵の鳥は、飼っている小鳥ちゃん

ですね。きっと小鳥も喜んでくれている

ことと思います)

  日本には、まだまだ、現在の耐震基準

に達していない木造住宅が多く存在

します。

  ぜひ、第三者の耐震診断士に診断をして

もらって、安全な家に住んでもらいたい

と思います。来年からは、

国からも耐震改修に補助金が

 出るようになるそうです。

同じ技術者として、馬渕大臣には期待を

しています。

  地球環境も大事ですが、

今生きている人が人らしく生きれる

環境をつくることも大事です。

  その一助となれれば・・・

そう考えています・・・

 For The Customer 
〜全ては顧客のために〜

 
http://www.hamadakk.co.jp/
http://ameblo.jp/hac/
http://hac.meblog.biz/
http://profile.allabout.co.jp/pf/hamada/
http://いえひと.com/
http://www.tukurite.jp/
Posted 19:52|No.1583|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< October 2010 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)