・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2010.10.14 Thursday:新しい試み・・・・
急遽、
『新しく設計された
製品を試しにこいっ!』と
ある先生から招集がかかり、
栃木の下館に向かった。

鉄道では、始めての小山〜下館。
大宮から東北新幹線で小山下車。
小山から水戸線?で下館へ。

始めての移動パターン。
そして、なんだか新鮮な気持ちになった。

いつも同じ事の繰り返し。
そんななか、意識して新しい試みを進める事。
始めて訪れる土地、始めて乗る車両。
そして、始めて口にする郷土料理など・・・。
そんな体験が、少なからず設計に生かされる。
加えて、心身ともにフレッシュできる。

ほんの少し、立ち位置をかえるだけで
今まで見えなかったことが観えてくる。

そう思うと、出勤は少し遠回りしてみるとか?
絶対に着ないような洋服に身を包んでみるとか?
そうそう、女装なんかは、
周囲までもを一変できそうに思う!?

なんて、アホなことはコレくらいに・・・・。



Posted 06:50|No.1590|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.10.14 Thursday:「ビジネスパーソンに必要な学力」
 以前、同じ様なことをコラムに書いたことがありますが、工務店の仕事は近年すごく、難しくなってきました。

 コンプライアンス、ローンや保険などの金融のこと、メンタルのこと、インテリアのこと、家電や設備のこと、マーケティング知識、通信回線などのこと、国や地方自治体の補助金のこと、消防設備などのこと、不動産のこと、税金のこと。

 その中から、住宅建築に必要なことを抽出して、情報開示することを求められます。
 要するに知術のない住宅屋は必要なくなったのです。
 現にここ6、7年足らずで、通称ゼロイチ工務店(0〜1棟/年)を中心に5万社以上が消えてしまいました。

 ものづくりを磨き、理科的知識を研鑽し、設計力を向上させ、金融や法律を学び…。
 昔のように大工さんでは、家が建てられなくなってしまいました。

 日々進化を余儀なくされる家造りの仕事。
 依頼先を決める時は、選ぶ会社の知見も広さや深さを見極めてほしいものです。

 (画像は週1回開催している三上プロジェクトの議論風景)

Posted 10:55|No.1591|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< October 2010 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)