・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2009.07.03 Friday:『つくり手の会と重量木骨の家』
昨日、○○○薬局の設計が始まった。
場所は旧市内であり、
幹線道路に面した場所。
医院さんの増築に絡めて『ネオ』な薬局を設計する。
系列として4か所目の薬局となる。
担当は、デザイン能力の高い川村君になる。

事務所に戻ると、
お問い合わせがあった。
『C値(熱損失係数)』について。
『C値』が大きい家は、
魔法瓶のふたを開け放しているようなものになる。
よって、過剰な換気によって熱損失を防ぎ、
その分、暖・冷房を節約することができる。

その他、Т邸設計相談をする。
プランも確定して、いよい詳細見積もりとなる。
概算から、予算と仕様を検討して
ちょっとだけオーバーな実行予算に決定しそう。
概算から、実行予算へたどり着くまで
少々の時間が必要だ。
一般的な工務店さんや、ハウスメーカーさんと違い
設計事務所が作る家は、
平面図や立面図だけでは判断できない『ナニカ』が備わっている。
よって、そこまでたどり着くには
発注者と設計者の協働が必須となる。
諦めないで忍耐強く、ゴールを目指したい。

先ほど、わが社のデモカーに
『つくり手の会』や『重量木骨の家』の
スポンサーシートが貼り終えたていた。

建築熱中集団!!松岡グループ
http://www.matsuoka-archi.com

Posted 14:07|No.1259|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2009 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)