過去ログ

■過去ログ記事に対して削除や返信は出来ません

抗酸化成分について *res*
「抗酸化」をうたう美容成分てたくさんありますよね。
それらは基本的に同じ働きをするものと考えていいんでしょうか?
コエンザイム、アスタキサンチン、ポリフェノール、シルバーナノコロイド、などなど・・。
今、私の手許にはアスタキサンチン美容液(コーセー)とシルバーナノコロイドクリーム(DHC)、コエンザイム入りクリーム(海外廉価コスメ)があり、三つを塗り重ねてしまったりすることもあります。これらのアイテムを重畳的に使用することは、プラスの働きを生むのでしょうか、それとも同じ効果を持つ成分同士、飽和してしまうのでしょうか? 後者だとしたら、一つずつ消化していくのがよさそうに思われます。
通販サイトの水溶性コエンザイムを化粧水に加えようと画策中、以上のような疑問がわきました。
by Shino ...2007/1/5(Fri) 01:34 [5]
抗酸化成分
Shinoさん、こんにちは

抗酸化成分は色々あります。
活性酸素といっても、色々な種類があって、活性酸素の種類によって
抗酸化剤も得手不得手があります。

単純に分けるなら、水に溶ける活性酸素を除去するビタミンCや
プラチナナノコロイド、フラーレン、ポリフェノールなど。

油に溶ける活性酸素を除去するビタミンEやアスタキサンチン、
コエンザイムQ10など。

とりあえずは水溶性のものと油溶性の成分を組み合わせるのが
よいと思います。
ですので、お使いのアイテムを重ねて使ったら効果的だと思います。

また、抗酸化アイテムというのは、基本的に美白効果を持つものが
多いです。理由はメラニンが作られる反応は酸化反応なので、
抗酸化剤を使うとメラニンの作られる量が減るからです。

ただ、プラチナナノコロイドのようにラジカルの除去に長けていても
美白効果は全く期待できないものもあれば、
コエンザイムやアスタキサンチンのように成分自体は美白効果を
持つものであっても、美白効果を発揮するほど配合されていない
場合もあります。とくにアスタキサンチンは、0.01%も配合すれば
かなりの色や匂いが出てくるので、抗酸化は出来ても美白効果が
でるほどの量は配合されないのが一般的だと思います。

結局、目に見えて抗酸化剤の効果がわかるのは、ビタミンC誘導体や
アルブチンなどの美白効果をもつ抗酸化剤となるでしょうね。

水溶性コエンザイムは、高濃度で使えますので、夜用のパックが
お勧めです。高濃度だと顔に色がつくので、朝もお使いになるなら
低い濃度で使う必要があります。






by しんちゃん ...2007/1/6(Sat) 10:17


イオン導入できるのは? *res*
明けましておめでとうございます。
以前に何度も尋ねられていることとは思いますが、
ようやく導入器を購入し、人ごとではなくなったので教えてください。
ビタミンC誘導体をイオン導入できるのは周知の事実ですが、
私の手作り化粧水に使用しているもので入っていくものはありますか?
グリセリン・ヒアルロン酸・水溶性コエンザイムQ10
生薬(クジン・ユキノシタ・ローズ・カンゾウ・ソウハクヒ・ヨクイニン・ウワウルシ・フランス松皮樹皮)
また、導入器のおまけでついてきたビタミンC誘導体の化粧水には、
アミノ酸が配合されているのですが、そもそも、我々手作り派が、
アミノ酸を抽出することは可能ですか?
ビール酵母からとか・・・・・的違いかしら・・・
どうぞ、本年もよろしくお願いします。
by meime ...2007/1/5(Fri) 08:40 [6]
イオン導入について
meimeさん、明けましておめでとうございます。

イオン導入で入るものは数少ないですね。
まともに効果が期待できるのは、やはりビタミンC誘導体となります。
グリセリンはイオン化しませんし、ヒアルロン酸は分子が
大きくて入りません。水溶性コエンザイムもイオン化しませんので、
イオン導入できません。
ただ、生薬エキスは若干イオン化しますので、イオン導入可能です。
効果が出るかどうかは微妙ですが・・(^^;;

アミノ酸もイオン導入できますが、抽出することはできません。
酵母などはアミノ酸がつながったタンパク質の塊です。
牛乳にしても肉にしても、ゼラチンにしてもアミノ酸の塊ですが、
アミノ酸はつながっていますので、分解しないとだめですね。
また、アミノ酸は保湿効果がメインなので、イオン導入しても
それほど目に見えて効果はないと思います。

システインのように美白効果を持つアミノ酸がありますが、
ただこのアミノ酸はパーマ液に使われるほど、
激しく反応するアミノ酸なので、スキンケアではちょっと使えないですね。








by しんちゃん ...2007/1/6(Sat) 20:55
無題
ありがとうございます。
では、ひたすらVC誘導体で導入します。
by meime ...2007/1/8(Mon) 12:22


かさの高いユキノシタ *res*
こんにちは、いつも参考にさせていただいています。

今ユキノシタを50%エタノールに漬けています。
ユキノシタ10gに対し100ccの液にする予定だったのですが、かさが高く全体が漬からないため液を300ccに増やしました。

この場合、エキス濃度は薄くなってしまうのでしょうか?
エキスとして使用する分量を、100ccのときと同じにすべきか、多めにするかで迷っています。

また、かさ高いものを漬けるときのコツなどがあれば教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

by ももこ ...2007/1/6(Sat) 12:55 [9]
ユキノシタについて
ももこさん、こんにちは

エキス濃度は抽出剤の量を増やせば、その分薄くなります。
ただ、それは配合量をふやせばよいだけなので、問題にはなりません。

ユキノシタやカモミールなど、抽出液を吸い上げるものはありますが、
抽出剤の量を増やすか、生薬の量を減らすかしかありません。
by しんちゃん ...2007/1/6(Sat) 21:12
ありがとうございます!
10g−100cc抽出の場合の配合量を、2〜3倍にして使用してみたいと思います。

また伺うかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。
by ももこ ...2007/1/8(Mon) 23:04


コエンザイムの吸収 *res*
あけましておめでとうございます。
いつも大変参考にさせていただいております。

●トゥヴェールの水溶性COQ10についてお尋ねします。
空腹時の吸収がよくなったとのことですが、説明では食後の摂取をすすめられていますよね。
やはり空腹時よりも食後の方が吸収率が高いのですか?
同じ40mgでも、食後に摂るならば油溶性の方が吸収がいいですか?

いまアメリカ製品のソフトカプセルのCOQ10を飲んでいて、疲れにくくなったと実感しているのですが、
食後に飲み忘れることがけっこう多く、さきほど水溶性のものを購入しました。
しかし同じ容量を飲む場合、食後なら油溶性の方が効果的というのであれば、
場合によって併用したいと考えています。

●また、化粧水に入れる場合、フラワーウォーターに入れるのはOKですよね?
保湿はグリセリンを考えています。

お忙しい所すみませんが、回答よろしくお願いします。
by まりぼー ...2007/1/5(Fri) 15:09 [7]
コエンザイムについて
まりぼーさん、明けましておめでとうございます。

コエンザイムQ10ですが、水溶性であっても食後に飲まれる方が、
吸収は高くなります。消化酵素などの濃度が食後の方が高いためです。
ただ、ソフトカプセルのコエンザイムを併用する必要はありません。

水溶性コエンザイムQ10というのは、澱粉の膜で覆ったナノカプセルです。
ソフトタイプと違うのは、その粒子の大きさで、粒子が大きいと
腸の壁面との接触面積が小さくなるので、吸収効果は悪くなりますが、
水溶性コエンザイムは粒子が小さいため、吸収効率がかなり向上しています。

たとえばバレーボールと砂粒を想像していただきたいのですが、
バレーボールを床においても接触しているのは、底の部分の一部だけです。
バレーボールと同じ重さの砂粒を床一面に敷き詰めれば、
かなり面積になりますが、この差こそが腸壁との接触面積の差となり、
吸収効率の差が出てくるわけです。

なお、フラワーウォーターに配合するのは差し支えありません。
界面活性剤が入っていると分散しているのですが、
入っていないと沈殿しますので、使用前に振ってからお使い下さい。
by しんちゃん ...2007/1/6(Sat) 21:09
よくわかりました!
なるほどよく分かりました。
水に溶けるか油に溶けるか以前に、粒子の細かさがポイントなのですね。
いつもわかりやすい説明で本当にありがとうございます。
by まりぼー ...2007/1/9(Tue) 14:51


抗酸化作用 *res*
こんにちは。
今日は抗酸化作用について聞きたいのですが、
化粧水などに抗酸化作用があるかどうか、調べる方法って
あるのでしょうか?
美白化粧水の場合、マッシュルームで判別するのは見たのですが、抗酸化作用があるかどうかの簡単なテストとか、あれば教えていただきたいです。
by ひまわり ...2007/1/7(Sun) 21:04 [10]
抗酸化成分について
ひまわりさん、こんにちは

抗酸化成分と美白成分は同じなので、マッシュルームの
試験法でわかります。ただ、マッシュルームもわかりにくいので、
一番わかりやすいのは、熱帯金魚店で販売されている
残留塩素指示薬を使うことです。

これは水道水に塩素が残っていると着色するのですが、
抗酸化力のあるエキスは塩素を消去しますので、
この色の変化を見ることで評価できます。

具体的には、指示薬を入れて着色させた水道水に
エキスを配合した化粧水を入れて、何滴で色が無色になるかを
みて判断します。
by しんちゃん ...2007/1/9(Tue) 21:26


[Back] [Next]

Rental:大宇宙 お知らせ(5/27) Base:ACE
BoardDesign:CGI Cafe. Material:CGI Cafe.