* なんでも質問掲示板 手作り化粧品や市販化粧品についてお気軽にご質問ください。 宣伝は削除します。スパム対策として外部リンクやE-MAILアドレスの入力ができません。また、記事投稿はパスワード制に致しました。あいうえおを半角英文字でパスワード欄にご入力ください *
| Self Care Home | 美容情報ブログ(様々なデータをUP) | 削除 | 検索 | 過去ログ | 管理 |
11399 visitor
Name
Title
Icon [ view ]
Pass [ 投稿した記事削除用英数字8文字以内 ]
投稿パスワード スパム対策としてパスワードを導入しました
Font



無題 *res*
しんちゃんさん、いつもお世話になっております。
お久しぶりです。

トゥヴェールさんから11/12に発売されるセラミド3点限定セットを購入予定なのですが、スムースバリアミルクについて教えていただきたいです。
私は手湿疹がひどく、水分と油分両方をいっぺんに補うことができて伸びもよい乳液タイプの
Curelを手に使っていたこともあるのですが、成分面からみてCurelとスムースバリアとでは
使用感にどういった違いがありそうでしょうか。

Curelミルクタイプの全成分表示です

アラントイン*、精製水、グリセリン、スクワラン、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、ユーカリエキス、ステアリン酸POEソルビタン、ジメチコン、BG、長鎖二塩基酸ビス3-メトキシプロピルアミド、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、コレステロール、イソステアリン酸コレステリル、キサンタンガム、ステアリン酸ソルビタン、ステアロイルメチルタウリンNa、コハク酸、セタノール、ステアリルアルコール、パラベン
*は「有効成分」 無表示は「その他の成分」

by sakura ...2020/11/2(Mon) 08:54 [2220]
乳液について
sakuraさん、こんにちは

キュレルの表示は配合順でないため、想像になりますが、
おそらくスムースバリアミルクの方がのびは良いと思います。
ただ、手湿疹がひどいということですので、
スムースバリアミルクだと伸びすぎて、厚みが出ない可能性が高く、
しっかりと厚みのでるハンドクリームの方が良いかもしれません。
by しんちゃん ...2020/11/4(Wed) 20:39
無題
しんちゃんさん、こんにちは。
ご返信ありがとうございます。

Curelは、配合割合順の成分表示ではないのですね。

Curelもまだ少し残っていますので、スムースバリアミルクも購入し、実際に使って比較してみようと思います。
今シーズンはまだ手荒れもでてきていないので、手には季節によってハンドクリームやスムースバリアミルクと使い分けを考えてみます。
ありがとうございました。

by sakura ...2020/11/5(Thu) 12:28


無題 *res*
しんちゃんさん、お世話になっております

ホワイトパウダーとクリスタルパウダーで作るローションにベタインを混ぜても効果に影響や問題はないでしょうか?

保湿目的とローションにとろみをつけて塗りやすくするのが目的です。
以前はトゥヴェールのヒアルロン酸のパウダーを使っていたのですが現在は浸透型のみの扱いのようなので少しぬるぬるしたローションを作りたいです。
by もち ...2020/11/4(Wed) 18:02 [2221]
化粧水について
もちさん、こんにちは

ローションにベタインを混ぜられても全く問題ありませんので、
ご安心ください。
by しんちゃん ...2020/11/4(Wed) 20:40


無題 *res*
こんにちは、しんちゃんさん よろしくお願いします。

ビタミンCを手作り化粧品に用いる場合、ビタミンC誘導体などの形でなければお肌は吸収できないとある一方で、雑誌や書籍などで内服のビタミンCサプリメントの原末を使用して作る(L-アスコルビン酸)手作りコスメのレシピも目にします。

それらのレシピでは化粧水に数g投入したり、ビタミンEオイルと市販のジェルに精製水で溶いたL-アスコルビン酸を加える方法などです。

これらのレシピでお肌の調子が良くなったり、シミに効果があったという方もおられるようですが、実際のところどうなのでしょうか。

内服で用いるビタミンC原末パウダーを外用としてお肌に塗布するとき、プラセボ効果だけでなく、本当にビタミンCの役割が多少とも期待できるのか教えてください。

by 恭子 ...2020/10/18(Sun) 09:01 [2219]
ビタミンCについて
恭子さん、こんにちは

ビタミンCは、水に溶かすとすぐに分解が始まります。
たとえばパックですぐに使うのでしたら良いのですが、
ただ、ビタミンCの粉末はアスコルビン酸の場合、
pHが低く、肌に炎症を起こすこともあります。
化粧水に溶かしたり、市販のジェルに加えるのはお勧めできません。

市販のビタミンCの美容液はグリセリンやプロピレングリコールなどの溶剤に溶かして、水との接触を避けて安定化しています。
おそらくそのようにしないと安定性の高いものは難しいと思います。
by しんちゃん ...2020/10/20(Tue) 21:03
無題
しんちゃんさん、お礼が遅くなりすみません。

どうもありがとうございました。

雑誌や書籍を鵜呑みにして
つい気軽にL-アスコルビン酸がコスメに使用できると考えるのは、リスクが伴い危険であることが十分に理解できました。


by 恭子 ...2020/10/23(Fri) 08:51


ビオデルマ *res*
ビオデルマ サンシビオ H2O D
1本でメイク落とし+洗顔+うるおいケアとうたっています。
同じようなものでビフェスタ クレンジングローションがありますが、成分的にはどのような違いがあるのでしょうか?

ビオデルマのほうがすごい高評価なので気になっています。

ビオデルマ サンシビオ H2O D
水、PEG-6(カプリル酸/カプリン酸)グリセリズ、EDTA-2Na、セトリモニウムブロミド、PG、キュウリ果実エキス、フルクトオリゴ糖、マンニトール、キシリトール、ラムノース

ビフェスタ クレンジングローション
水、DPG、ラウリン酸ポリグリセリル-10、カプリル酸ポリグリセリル-3、PEG-6(カプリル酸/カプリン酸)グリセリズ、グリセリン、PEG-400、PPG-14ジグリセリル、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ミリストイルグルタミン酸Na、クエン酸Na、EDTA-2Na、クエン酸、ココイルアルギニンエチルPCA、(スチレン/ビニルピロリドン)コポリマー、フェノキシエタノール
by sachi ...2020/10/10(Sat) 08:11 [2218]
洗顔料について
sachiさん、こんにちは

ビオデルマとビフェスタは全く同じというわけではありませんが、
非イオン性界面活性剤を主体としているということで
同じような機能になっています。

また、ビオデルマはPEG-6(カプリル酸/カプリン酸)グリセリズがほとんど洗浄を担っていますが、ビフェスタは5種類の界面活性剤が入っていますので、その分、落とせる汚れの範囲は広いと思います。
洗浄力はビフェスタの方が高く、保湿は似たりよったりというところでしょうか。
by しんちゃん ...2020/10/12(Mon) 22:15
ビオデルマ
そうなのですね。
寒い朝の洗顔用にと思っていたのでそれはビオデルマにして、メイク落としはビフェスタにしようかなと思います。
とりあえずアマゾンでビオデルマを購入してみます。
ありがとうございました。
by sachi ...2020/10/14(Wed) 09:25


ブルーライトと青色LED、そして他の色のLED *res*
しんちゃんさん、こんにちは。

いつもお世話になっております。

過去ログを見ていたら、青色LEDはブルーライトだから肌に悪い、という趣旨のしんちゃんさんのお話を発見しました。

確かに昨今、ブルーライトカットがもてはやされています。

一方でクリニックなどでも青色LEDがニキビに効くとして施術しているのを見かけます。
実際、私の場合、ニキビに効きました。

でもこの施術はもう受けない方がいいでしょうか?

ブルーライトと青色LED、同じ青色でも何か違うんじゃないかと思っていたのですが…。

また、LEDの赤がとうか肌にいいのは知っていますが、同時に発毛効果があり、毛深い私の肌には合っていません。
他の色のLEDでアラフィフの肌に合うであろう色はありませんでしょうか?

赤、青の他に紫、緑、白、黄色、などがあるようです。

それとも赤色以外は何の役にも立たないでしょうか?
by みんみ ...2020/9/9(Wed) 14:06 [2217]
LEDについて
みんみさん、こんにちは

ニキビに関してはブルーライトの害は目をつぶって、ニキビ治療を優先されることをおすすめします。

ブルーライトは紫外線のA波と波長が近いため、A波ほどではないですが、害があると考えられています。

ただ、ニキビ治療の場合はブルーライトを当てることで、アクネ菌が作る物質が活性酸素を発生し、ニキビ菌を殺すことができます。

ニキビ治療についてはベンゾイルパーオキサイドのような活性酸素でアクネ菌を殺菌しニキビを治療する治療薬もありますので、活性酸素での治療は昔から利用されていました。

ベンゾイルパーオキサイドは肌の表面から徐々に浸透して、ニキビ菌が生息する肌の奥深くまで入っていきますが、ブルーライトの場合は、光がすぐ肌深部まで到達して、ニキビ菌がいれば活性酸素により殺菌するという選択的な方法ですので、ベンゾイルパーオキサイドを使用するより肌への影響は限定的で何より薬が届きにくい深部まで治療できるのは良いと思います。

なお、ブルーライトと青色LEDは同じようなものです。

また、LEDで肌に良いのはご認識の通り赤色が良いようですが、
青色以外の光を混ぜ合わせて治療を行うIPLというものものあります。こちらはシミからシワまで広範囲で治療し、
カメラのストロボ光のもっと強い光になります。
ただ、家庭用でIPLが使えるのかが不明です。
by しんちゃん ...2020/9/11(Fri) 08:58
ありがとうございます!
ではブルーライトには目をつむってニキビ治療を優先することにします。

IPL、確かに美容皮膚科の施術にはありますね。(エステにもあったかな?)
ちょっと調べてみます。

IPLが手軽でなかったら、あとは発毛効果を我慢して赤色を使うか、ですね…。

大変ためになりました。
ありがとうございました!
by みんみ ...2020/9/11(Fri) 14:59


[Next]

Rental:大宇宙 お知らせ(2/3) Base:ACE
BoardDesign:CGI Cafe. Material:CGI Cafe.