水子供養の常光円満寺
水子供養について最新の情報や副住職の想いなどをお送りしてまいります。 レンタル掲示板,レンタル日記,レンタルブログ「大宇宙」
soudan5
深い哀しみばかりだったお心が年を重ねるごとに、優しい笑顔でお参りできるようになっていくお姿は、見ていて美しいものでございます。
常光円満寺のお供養が、水子さまだけでなく、あなたにとっても思い出に残るすばらしいお供養になることを願って…。
    副住職 藤田晃秀
 
▼ 2013.04.23 Tuesday:こどもの日
5月5日はこどもの日。
こどもの幸福を願う日でございます。

あなたのお子さまも、み仏の世界においでですね。

美しい草花、優しい仏さまに囲まれた温かい世界でございます。
たくさんのお友達と、きっと楽しく遊んでおいでです。

是非、常光円満寺にお参りされて、お子さまの幸せと、あなたの愛情をお届けくださいね。

あなたの愛情は、お子さまにとって、すばらしい贈り物になることでしょう


【ご案内】
現在、常光円満寺では、5月5日まで『端午の節句 特別展示』をしております。
また、お子さま連れの方には、お子さまに心ばかりのプレゼントも用意しております
皆様のお参りを、心よりお待ち申しております。

お名前 削除キー (半角英数8文字)
▼ 2013.04.17 Wednesday:さんまのからくりTV つるの剛士さんと8人兄弟来寺
先日、常光円満寺にて『さんまのからくりTV』の撮影がございました。

からくりTVさんは、高知県にすむ8人兄弟の生活を半年くらい追っているそうで、放送も何度かしているそうでございます。

この度、その一番上の長女が、大阪に就職が決まり、兄弟みんなで就職前の思い出旅行を計画。その宿泊先に常光円満寺を選んでくださいました。ありがたいことでございます。

8人兄弟ということで、大変なのかなって思っておりましたら、皆さんとても礼儀正しくて、しっかりと挨拶してくださいました。お話さていただいても、とても素直で言葉づかいや行儀もよく、何より兄弟の仲がとてもよくて、見ていて気持ちが良かったです。

撮影中も、みんなまったく緊張する面影もなく、料理をつくったり、一緒にお風呂にはいったり、花火をしたり、大切な時間を楽しそうに過ごしておりました
そしてなんと、8人兄弟へのサプライズで、兄弟みんなが大好きな『つるの剛士さん』が駆けつけてくださり、大盛りあがりでした。

素直な子供たちの姿は見ていて本当に気持ちの良いものですね。
子供たちの喜ぶ姿をご覧になられて、お地蔵さまもさぞかし喜んでおいでだったことでしょう。

最後には、スタッフさんからの配慮で、お寺の者も含めた全員で写真をとっていただきました。
私たちにとっても、とても良い記念になりました。

【さんまのからくりTV】
 放送日:5月26日午後7時 TBSにて
 よろしければご覧くださいませ
Posted 18:02|No.76|副住職の感じたことコメント(0)
お名前 削除キー (半角英数8文字)
▼ 2013.04.08 Monday:4月8日は『花まつり』
今日は「花まつり」でございます。

花まつりというと満開の桜の木の下で、みんなでおいしいお弁当を広げて花見をすること?
確かにそれも花を愛でる「花まつり」ですね。でもここでいう「花まつり」とは違います。

仏教でいう「花まつり」とは、4月8日にお生まれになったお釈迦さまの生誕をお祝いする日なのです。

お釈迦さまは、色とりどりの花に囲まれたルンビニーの花園で誕生されました。
あたりには、うつくしい音楽がひびきわたり、甘い香りの雨がふりそそぎ、お釈迦さまの体をきれいに洗い清めました。
するとお釈迦さまは、すっくと立ち上がり、七歩あゆまれ、天と地を指さされ「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん)と言われたのです。四月八日のことでした。

この言葉を直訳すると「天にも地にも世の中で自分ほどえらいものはいない」という意味になりますが、そういう意味ではございませんよ。

それでは、本当はどういう意味なのでしょうか。26歳の若さで亡くなった天才童謡詩人、金子みすずさんの有名な詩に次のようなものがあります。

 『私と小鳥とすずと』

‘わたしが両手をひろげても お空はちっともとべないが とべる小鳥はわたしのように、地べたをはやくは走れない わたしがからだをゆすっても、きれいな音はでないけど、あの鳴るすずはわたしのようにたくさんな歌はしらないよ。
すずと、小鳥と、それからわたし、みんなちがって、みんないい’

お釈迦様のいう唯我独尊とは、この世の中で、みんなそれぞれにお互い自分というのは、かけがえのない尊い存在であり、かけがいのない尊い命であるということです。

‘みんなちがって、みんないい’

人間だけでなく、動物も虫も植物も物もお互いにみんなそれぞれ尊い存在です。お互いの違いを認め理解し合うことが大切なのでございます。時間もそうですよね。例えば「10年に1度だけ」などというと、とても貴重なめずらしい日に感じられますが、今日(2013年4月8日)という日も、未来永劫でたった一日だけの貴重な日でございます。

かけがえのない時間、かけがえのない自分。まわりの皆様もかけがえのない方々。かけがえのない物、すべてそれぞれ大切な尊いことなのですよ、という意味が「天上天下唯我独尊」という言葉に込められているのです

もちろん、あなたにとってお子さまはかけがえのない存在でございましょうし、お子さまにとっても、あなたはかけがえのない存在でございます。

「天上天下唯我独尊」

そのお心を大切にしましょうね。

合掌
Posted 18:35|No.75|副住職の感じたことコメント(0)
お名前 削除キー (半角英数8文字)
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< 2013 4 >>