水子供養の常光円満寺
水子供養について最新の情報や副住職の想いなどをお送りしてまいります。 レンタル掲示板,レンタル日記,レンタルブログ「大宇宙」
soudan5
深い哀しみばかりだったお心が年を重ねるごとに、優しい笑顔でお参りできるようになっていくお姿は、見ていて美しいものでございます。
常光円満寺のお供養が、水子さまだけでなく、あなたにとっても思い出に残るすばらしいお供養になることを願って…。
    副住職 藤田晃秀
 
▼ 2013.03.21 Thursday:与えられた役割
先日、講演会で、とてもいいお話を聞きました。

ある企業が、七階建てのビルを持っていました。
各階に社員用のトイレがあるのですが、それがいつも落書きで汚されてしまうのです。
社長自ら、何度も何度も社員を全員呼び寄せて注意をするのですが、まったく効果がなかったのです。それどころかどんどん落書きがひどくなっていったそうなんです。
この社長もいうことを聞いてくれない社員にストレスは溜まるばかり。
とうとう社長も匙を投げてしまわれたのです。

それで、トイレ掃除だけをしてもらうためにパートのおばさんを雇われたんですが、この、たまたま雇ったおばさんが、すばらしかったのです。

一生懸命すべて落書きを消されて、そしてすべてのトイレに小さな張り紙を張られたのです。

すると、会社の社長がいくら注意しても無くならなかった落書きが、その張り紙をはってから、ぴたっとなくなったんです。

社長が驚いて、信じられない思いで見に行ったら、小さな張り紙にはこう書いてありました。

『ここは私の大切な職場です。この職場を落書きで汚さないでください』と。

このおばさんが、「トイレ掃除はたいした仕事ではない」と思ったら、たいした仕事ではありません。反対に「トイレ掃除は、私に与えられた大切な仕事なんだ」と思えば、素晴らしい重要な仕事になるんです。

そして、その思いもってされている方のお心は、周りの方々もちゃんとわかってくださるのですね。

社長は初めて気付かされたそうでございます
「肩書きじゃないんだ。与えられた役割、仕事をどういう姿勢でやっているか、そういう心がけが大切なんだ。思いを変えることによって、職場を変えることができるのだ」と。


3K(危険、きたない、きつい)という言葉がございます。本人が3Kと思ったら、そこは3Kの職場になります。しかし「私にとっては、ここが大切な職場なんだ」と思ったなら、どんな職場だって素晴らしい仕事場になるのです。

今、主婦をされている方は家事が、自分に与えられた素晴らしい役割でございます。学生の方であれば、どういう思いで勉学に励むかが大切なのでございます。

そして、召されたお子さまを心から想えるのは、あなたご自身しかおりません。あの子の笑顔の為に、自分には何ができるのかという想いをこれからも大切になさってくださいね。

最後に、私は、召されたお子さまのお供養をいう、たいへん尊い役割をさせていただいております。
この、すばらしい役割に毎日、感謝しております。
これからもご両親のお心を大切に、真心をこめてお子さまのお供養させていただきます。

副住職 藤田晃秀 合掌

Posted 18:01|No.74|副住職の感じたことコメント(0)
お名前 削除キー (半角英数8文字)
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< 2013 3 >>