水子供養の常光円満寺
水子供養について最新の情報や副住職の想いなどをお送りしてまいります。 レンタル掲示板,レンタル日記,レンタルブログ「大宇宙」
soudan5
深い哀しみばかりだったお心が年を重ねるごとに、優しい笑顔でお参りできるようになっていくお姿は、見ていて美しいものでございます。
常光円満寺のお供養が、水子さまだけでなく、あなたにとっても思い出に残るすばらしいお供養になることを願って…。
    副住職 藤田晃秀
 
▼ 2011.04.29 Friday:(祝)こどもの日
5月5日は『こどもの日』

子供たちの笑顔は、悲しみの心を癒してくれます。

あなたには、目には見えないけれど、すばらしいお子さまがおいでです。
決してわがままを言わない、とても親思いで優しいお子さまです。

是非、常光円満寺へお参りされて、「いつも、ありがとう」と感謝の気持ちをお届けしましょう
「ありがとう」はあなたとお子さまを結ぶ魔法の言葉。
お子さまを笑顔にしてくれる素敵な言葉です。

天国で、お友達と仲良く幸せに過ごしてくださることを願って・・・。

【ご案内】
現在、常光円満寺では、5月5日まで『端午の節句 特別展示』をしております。
また、お子さま連れの方には、ささやかなプレゼントもございます(9時〜17時)
皆様のお参りを、心よりお待ち申しております。
こどもの日ですね。


かわいい我が子が、天国で笑顔で過ごしていることを願っています。

私は新潟に住んでいますが、今年中に、常光円満寺に行ってみたいと思っています。

副住職さんにお会いしてみたいです。
by 虹 05/05(21:14) 削除
お名前 削除キー (半角英数8文字)
▼ 2011.04.19 Tuesday:義援金の募金活動で感じたこと
大阪は美しい桜も咲き、とても温かく、過ごしやすい気候になってきました。
あの多くの尊い命が失われてから、はや40日。
せめて被災地に温もりを・・・、心を魅了する美しい桜が咲いてほしいと願っています。

この地震は、愛する家族がいること、帰る家があること、温かいシャワーをあびられること。そんなあたりまえの日常が、とてもすばらしいことであることを教えていただきました。

そして、お互いに助け合う人々の温もりを感じさせていただきました。

震災の後、私は自分にできることとして、義援金の募金運動にできるだけ行くようにしています。最初は、見ず知らずの方々が通る前で、声をあげて募金活動することがとても恥ずかしく、抵抗があったのですが、馴れてくるといいものですね。

募金活動は、人々の温もりを感じることができるのです。
見知らぬ方々との温かいふれあいがあるのです。

募金くださる方は、
「おつかれさまです。がんばってくださいね。」とか、
「いろんな場所でしているから、少ししかできないけど・・・」
「こんなことしか、できないから」
などと嬉しいお声をかけてくださいます。
いろいろなお話をしてくださる方もいらっしゃいます。

中には、団体の方々が列になって順番に入れてくださったり、小さなお子さまが入れてくれたり、自転車で通り過ぎた方がわざわざ戻ってきてくださった方もいらっしゃいました。

そして、何より嬉しいことが、みんな笑顔でしてくださるんです。

実際にそんな光景を目の当たりにすると本当に感動するんですよ。
思わず、募金箱をもったまま涙することも度々ございました。

被災地や被災者を思ってはじめた募金活動ですが、自分自身の心を豊かにしてくれました。

この感動は、募金をする側にたたれた方しかわかりませんので、もし皆様も募金する機会があれば、勇気をもってなさることを是非お勧めいたします。


被災地のことを思う文章ばかりを書かせていただきましたが、もちろん愛するお子さまを亡くされる悲しみは、この上ない悲しみであることは深く心得ております。
可愛いお子さまの幸せと、ご両親の深い悲しみのケアは、常光円満寺に与えられている最も大切な使命であることは変わることがございません。
水子さまのお供養は、これからも責任をもってさせていただきますのでご安心ください。

お子さまのためにも、悲しみから逃げようとするのではなく、しっかりと向き合い、そして悲しみを乗り越える勇気をお持ちになってくださいね。


最後に、この震災で「子供たちの温もりある心」をインターネットを見つけたので、お届けいたします。子供の心って、本当に純粋で美しいです。
でも、あなたの召された赤ちゃんは、それ以上に純粋で美しい心をお持ちですよ。

優しい気持ちになることを願って・・・

『子供の背中』
子供がお菓子を持ってレジに並んでいたけれど、順番が近くなり、レジを見て考え込み、レジ横にあった募金箱にお金を入れて、お菓子を棚に戻して出て行きました。店員さんがその子供の背中に向けてかけた、ありがとうございます、という声が震えてました。

『10ヶ月分』
みんなの節電の結果がすごいことになったみたいだね。今日小学生の弟が自分のお財布から5000円札にぎりしめて、学校の募金箱の中に入れてた。毎月500円をお小遣いでもらってる弟。10か月分だよ。かなり感動した(:_;)

『安全な場所』
娘三歳がぬいぐるみ達をうんしょ、うんしょとどこかに運んでいた。「じしんがくるから、みんなひなんしたの」と言う。しばらくして、さて寝るかとパパの掛け布団を開いたらぬいぐるみが全員寝てた。思わず吹き出した。そして、いつもパパと寝てる娘三歳が「ここが安全」と思ってくれていて嬉しかった。

『パパの仕事』
旦那さんが自衛官の友人より。以前息子さんが「パパは戦争がお仕事?」と涙ながら聞いてきた事があったそうだ。誰かの心ない言葉に傷付いたんだろう。今、息子さんは毎日TV画面に向かい「パパ頑張れ、パパのお友だち頑張れ!」と叫んでるって。「僕も自衛隊になる!」って。...通勤中に号泣。

『アンパンマン』
被災地で、こどものケアのためアンパンの歌を流したところこどもは、大喜び。それ以上に、親たちが号泣されたとのことです。子供たちのケアも重要。親たちは、子供の笑いを待っている。

『守りたい』
妹のmixi日記に泣けた...『長男@小4が、自分の財布と貯金箱の中身を全部募金したいと、号泣しながら差し出してきた。コロコロコミック買えなくてもいいから、日本まもりたいから!って』

『残りいくら?』
ファミマに行ったら聞こえてきた高校生くらいのDQNぽい男子の会話「やべー300円も募金しちゃったわ俺の今月残り100円もないわまじやべー」「無理すんなよ俺財布に残ってた500円玉募金したから空っぽだわまじやべー」ミサワかよと思ったけど、
日本終わってない

『お年玉』
募金箱の前にて幼稚園位の男の子と母親の会話。母「貯めてたのに本当にいいの?」子「3DS我慢する。これで地震の人の家建てる。」と言いお年玉袋から5,000円を寄付。母「偉いね。地震の人、これで寒くなくなるね。」男の子思わず号泣。後ろにいた私、大号泣。

『治るから』
うちの三歳の娘が、いきなり十円玉だらけのお小遣いを持ってきて、泣いている人に一つずつあげるんだって。これで、地震治るねって。。みんな良く考えよう。自分にやれる事がやれているか。

『優しさが生まれてくる』
スーパーに行ったら盲目の人が買い物してて、盲導犬もいて、普段はちょっとけむたいような目でみんな見るのに、色んな人が必要なものあったら、探してきますよとか声掛けてた。優しさが小さくても見えなくても生まれてる。また涙出た。
普段ならお節介だよねで見ない振りしてたよね。。

『志願』
父が明日、福島原発の応援に派遣されます。半年後定年を迎える父が自ら志願したと聞き、涙が出そうになりました。「今の対応次第で原発の未来が変わる。使命感を持っていく。」家では頼りなく感じる父ですが、私は今日程誇りに思ったことはありません。無事の帰宅を祈ります。


私たちは、多くの温もりや優しさに包まれております。
お互いに頑張って乗り越えましょうね。
合 掌

副住職 藤田晃秀
Posted 16:16|No.52|副住職の感じたことコメント(1)
今日お腹の子がもういないという現実を知り、明日の分娩をベッドの上で待っています
三人目ということもあり、検診も真面目に受けず、かわいそうなことをしました
私に痛みも与えず、ちょこんとお腹に座る様子をエコーでみました
当たり前だと思ってしまった命のありがたさを今さらながら感じています。
副住職の言葉、あたたかさが胸にしみわたってきます。
色々落ち着いたら、供養させてもらいたいと思います今はまだごめんねしか言えないけど、ありがとうと伝えたいです
このページに出会い、本当に救われています
ありがとうございます
by あや 04/29(19:07) 削除
お名前 削除キー (半角英数8文字)
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< 2011 4 >>