水子供養の常光円満寺
水子供養について最新の情報や副住職の想いなどをお送りしてまいります。 レンタル掲示板,レンタル日記,レンタルブログ「大宇宙」
soudan5
深い哀しみばかりだったお心が年を重ねるごとに、優しい笑顔でお参りできるようになっていくお姿は、見ていて美しいものでございます。
常光円満寺のお供養が、水子さまだけでなく、あなたにとっても思い出に残るすばらしいお供養になることを願って…。
    副住職 藤田晃秀
 
▼ 2010.08.25 Wednesday:平成22年度 地蔵尊大法要を終えて・・・
本年も平日にも関わらず、多くの方にご参拝いただき本当に感謝しております。お供え物も、皆様方の想いの感じられるすばらしい贈り物ばかりでございました。中にはお供え物をお送りくださった方もいらっしゃり、本当にありがたく大切にお供えさせていただきました。
また、当日は参拝したくても、できなかった方も多くいらっしゃったことと存じます。皆様方の想いを大切にお地蔵さま、そして水子さまにお届けさせていただきました。

この度の法要は、例年の如く、お地蔵さまのお歌の奉納から始まり、ご詠歌の奉納、献灯・献花・献香、そして七名もの僧侶による地蔵尊法要、そして最後に山本陽子さんのお歌を皆様に聞いていただきました。
読経内容を本年は少しだけ変更させていただき、今まで以上に深い内容のお経をお唱えさせていただきました。
その分、少し長めの法要になりましたが、毎年参拝くださっている方の中には、おわかりくださった方もおいでと存じます。その変更内容もふまえて、本年度もすばらしい法要になったことと存じます。

法要が終わった後、毎年お話をさせていただいているのですが、今年のお話は、少し悲しいお話ですが温かい親子愛を描いたお話をさせていただきました。

これは15年程前、実際にあったお話でございます。悪性リンパ腫と診断された小学校3年生のお子さまと、母親とのお話です。悪性リンパ腫という病気は、リンパ節などが腫大する血液の癌で、治療法としては、放射線治療や抗がん剤をつかう科学治療といわれる治療法をするのです。ただ、この治療は激しい吐き気や副作用と戦わなくてはならない、何も知らない子供にとってはあまりにも残酷な治療なのです。
医者は母親に、この治療をしたとしても半年の命だと宣告されます。その宣告を聞いて母親は悩まれたのですが、この子の寿命が少しでものびるのであればという思いで、治療をさせる決心をされたのです。

そして治療が始まったのですが、想像以上に苦しまれて、嘔吐をくりかえすようになり、食事も充分に食べられなくなりどんどん痩せてしまわれたのです。また、薬の副作用で、髪の毛もすべてぬけてしまったのですが、それでも一生懸命病気と闘われたのです。母親はこの苦しむ息子の側について、朝から晩まで時間の許す限り、一生懸命励まされたそうでございます。

そんな息子さんに一つだけ大きな心の支えがありました。それは学校のクラスメイトからの手紙でした。
クラスメイトからの手紙は毎日のようにとどきます。手紙が届くたびに、息子さんはすべての手紙を嬉しそうに母親に読んで聞かせてくれたのです。ところが1ヶ月ほどたったころから毎日とどいていた手紙があまり届かなくなってしまうのです。
そこでお母さんがお友達のふりをして、毎日手紙をとどける決心をされるのです。お母さんと息子さんの文通が始まります。息子さんは、母親の書いた手紙とは知らず、毎日、そのお友達からの手紙を読むこと、そしてお返事を書くことに大きな生きがいを感じるようになったのです。
いつのまにか半年の命と宣告されてから三年の月日が経っていました。やりとりした手紙の数は1000を超えていたそうです。
そしてある日、いつものように「返事を書いたからだしておいて」と預かった手紙。その手紙にはお母さんのことが書かれていました。
お母さんがプレゼントしてくれたものや、お母さんに怒られたこと、退院したときのためにと勉強を教えてくれたこと、その日の手紙はお母さんのことばかりでした。鉛筆を持つのもやっとなほど弱っていたため、震えた字でしたがぎっしりと書かれていました。

お母さんは息子がこれほど自分のことを思ってくれていたと感動し涙されるのです。
そして最後の一文。
「これからも、いつまでも二人で手紙を交換しあえたらいいね。ほんとうにありがとう・・・お母さん」
お母さんは泣き崩れました。
いつから知っていたのでしょう?息子を励ますつもりが、逆に励まされていたのだと知るのです。
息子さんは自分の最期を感じ、お母さんに感謝の気持ちを伝えたかったのでしょう。
そして、その手紙を最後に、数日後、闘病生活3年を含めた11年間という短い生涯を終えたのでございます。最後は安らかな笑顔だったそうでございます。

友達に成りすまして返事を書く、その思いやりを母の愛情として受け取ったからこそ、息子さんは最後まで知らないふりをしていたのです。最後まで母の愛情に包まれて息子さんは本当に幸せだったと思います。
そして最後に息子から最高の思いやりの心を受け取ったお母さん。自分より先に子供を見送るということは、人生における最も大きな苦しみです。しかし、この息子さんは残されるお母さんに、生きる勇気を与えてくれたのではないかと思います。笑顔と感謝の言葉をもって・・・

「ありがとう・・・おかあさん」
いつまでも忘れることのない言葉、今後生きていくうえでの勇気、希望になっていくことと思います。

私がこのお話を通じて申し上げたかった事は、今を精一杯生きること、そして、いつも人に思いやりの気持ちを持つこと。その心を大切にしていただきたいということでございます。
その精一杯の心は、人のためだけではなく、自分自身が前向きに生きるための勇気にもつながることでしょう。

召されたお子さまを、これからも精一杯愛してあげるお心も大切になさってください。
たしかに子供たちは、お地蔵さまに救われお慈悲を学び、美しい世界でお友達と仲良く幸せにお過ごしでございます。しかし、召されたお子さまにとって、お地蔵さまでさえも与えることのできない、とても大きな喜びが1つだけございます。それは、親の愛情なのです。

この地蔵尊法要では、そんな皆様方の愛情、そして感謝のお心というすばらしい贈り物をお届けさせていただきました。多くの愛に包まれた最高の法要になったことと存じます。

これからも皆様方にとって「癒しのお寺」としてありつづけるよう、日々精進してまいります。
いつまでもお子さまたちの幸せな笑顔を願って・・・
合 掌

Posted 16:26|No.48|副住職の感じたことコメント(0)
お名前 削除キー (半角英数8文字)
▼ 2010.08.05 Thursday:あの子への贈り物
お子さまはとても優しくて清らかな霊でございます。
そしてお地蔵さまの美しい園で、幸せにお過ごしでございます。

中には、あの子が恨んでるのではないかとお思いの方もおいででしょう。
しかし、恨みや妬み、憎しみの心は、私たち人間社会だけにある煩悩なのです。
お子さまは、この世の穢れをしらず、純粋なお心のまま召されたのでございます。
どのようなご事情の赤ちゃんでも、人を恨んだり憎んだりするお心は絶対にないのです。

そしてお地蔵さまは、どのようなお子さまも平等にお救いくださいます。お地蔵さまの慈悲の心は、私たちの想像を超越した、無限に広がる広大なお心でございます。
天命で召されたお子さまはもちろん、自ら返したお子さまも、たとえ忘れ去られているお子さまであっても、慈愛のお心で我が子のように抱きしめてくださりお救いくださるのです。

お地蔵さまに救われた子供たちは、お慈悲を学び、美しい世界でお友達と仲良く幸せにお過ごしでございます。
そして、純粋にご両親の笑顔や幸せを願っている優しい存在なのです。

「賽の河原」の哀しいお話がありますが、これは戒めのお話です。あくまで戒めであって本当のことではございませんのでご安心ください。

ただ、美しい世界で楽しくお過ごしのお子さまたちですが、お地蔵さまでも与えることのできないとても大きな喜びがございます。
それが皆様方の愛なのです。

皆様方の愛と感謝の気持ちは、お地蔵さまやお子さまにとって、すばらしい贈り物になるのです。

常光円満寺の水子供養は、あなたの愛をお届けするお供養でございます。

お供養は決して懺悔ではございません。

水子供養というと、あの子と離れてしまいそうとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、本当のお供養は、心と心の結びつきでございます。
決して遠くへ逝ってしまうものではございません。

常光円満寺の想いと、あなたのお子さまに対する想いが重なったとき、あなたの愛があの子に届き、すばらしいお供養につながるのです。

皆様方の想い、そしてあの子の笑顔のために、これからも真心を込めて大切にお供養させていただきます。


■追伸
8月24日は地蔵尊大法要(水子総供養)を厳修いたします。この法要は、年に一度のたいへん荘厳な法要でございます。
以前にお供養されたことのある水子さまだけのお申込になりますが、常光円満寺とご縁のある方は、是非この機会にお供養のお申込をお待ちしております。
※お申込はサイトより8月23日20時まで承っております
注:初めて水子供養を希望される場合は、【毎日の水子供養】にてお申込くださるようお願いいたします。

法要について詳しくは、以下をご覧くださいませ。

【PCサイト】 http://www.enmanji.com/jizougon.html

またご連絡くだされば、ご案内をお送りさせていただきます。
メールにてご住所とお名前をお教えくださるようお願いいたします。

【メール】 info@enmanji.com
Posted 19:14|No.47|水子供養情報コメント(1)
副住職さまの水子供養についてのお話の記事を読ませていただきました。
本当に感動いたしました。心からお礼申し上げます。私のお腹から赤ちゃんがいなくなって10日がたちました。後悔と懺悔の気持ちでいっぱいでしたが、副住職さまの優しい心温まるお話を読んで、前向きに生きていこうと思いました。赤ちゃんの事は毎日思い出して 自分の悲しみだけを手放す、、、ことを実行していきます。ありがとうございました。私はブログを書いていまして、同じように心を痛めている方の手助けになるかと思い、常光円満寺さまの記事を紹介しました。心に響くお言葉に感謝しております。お礼がしたかったので、こちらに書かせていただきました。
by kay 06/18(14:37) 削除
お名前 削除キー (半角英数8文字)
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< 2010 8 >>