水子供養の常光円満寺
水子供養について最新の情報や副住職の想いなどをお送りしてまいります。 レンタル掲示板,レンタル日記,レンタルブログ「大宇宙」
soudan5
深い哀しみばかりだったお心が年を重ねるごとに、優しい笑顔でお参りできるようになっていくお姿は、見ていて美しいものでございます。
常光円満寺のお供養が、水子さまだけでなく、あなたにとっても思い出に残るすばらしいお供養になることを願って…。
    副住職 藤田晃秀
 
▼ 2009.02.27 Friday:好かれる人間の特性
人に優しく、人から好かれる人間、それは美しい世界へ召されたあの子の願いですね。

人から好かれる人間ってどのような人間でしょう。

細かくいえば、言葉などでは言い表せないですが、私は太陽を意識すればいいと思います。
太陽が照っている日は、雨の日よりは気分爽快で、気持ちいいですよね。

この太陽の特性って何でしょう。

1、明るい
2、温かい
3、眩しい

好かれる人間の特性もこれだと思うのです。

1、穏やかで明るい性格

2、温もりあるお心とお言葉

3、眩しい笑顔

この3つを意識するだけで、自分の他の欠点をカバーできるし、みんなに好かれる人になると思いますよ

これからは、太陽を意識して毎日を過ごしてみてはいかがでしょう。


時には雨の日もございますが、雨もとても大切な日です。

でも、やまない雨はないのですよ。

今日という二度とない一日を、大切にお過ごしくださいね。
Posted 11:34|No.30|副住職の感じたことコメント(1)
住職様いつもありがとうございます。
最近、人と私は繋がっているということ。人の幸せを願う事が自分の幸せに繋がっていることがわかり、そういう感謝の気持ちや自分の潜在意識に働きかけてきた所、良いことが沢山起こるようになりました。潜在意識の無限の可能性に驚いています。幸せな人は幸せな考えかた、不幸な人は不幸な考え方をしているからそのままを引き寄せるんですね。私の人生は良い方向にどんどん変わっていっています。皆様のおかげです。ありがとうございます。
by ありがとうございます 03/01(20:17) 削除
お名前 削除キー (半角英数8文字)
▼ 2009.02.10 Tuesday:ストレスをなくす方法
当山の水子供養はすべて個別でのお供養ですので、一日中、休む暇もなくお経をお唱えすることも多々ございます。
また、1月2月は厄除けの祈祷をされる方も多いですし、それに加えて、明日は「吹田の火祭」という常光円満寺の一大行事が控えており、毎日、その準備におわれております。
この数日間は一日の仕事を終えるのが夜中になることがほとんどで、心身ともに疲れきってしまい、正直、「しんどいなぁ」って感じることもあります。


皆様方も、日々の生活の中で、
「しんどいなぁ」
「めんどくさいなぁ」
ってストレスを感じることももあると思います。

そんなとき、私はいつもどうするかと申しますと、矢印を自分の方向に向けるのではなくて、外へ向けるようにしているんです。
ストレスを感じるときは、自分のことしか考えていないからだと思うんです。

だから、矢印を、手伝ってくださる皆様や、お参りにきてくださる方々のお気持ちを感じるようにするんです。

お供養に来られる方は、ほとんどの方が水子さんのお供養はどうしたらよいか、わからない方なんです。きっと、みんな一生懸命調べて、いろんな緊張や不安を抱えながら、お参りくださっているのでしょう。
女性一人や男性一人でお参りにこられる方も多くいらっしゃいますが、いろんな不安の中、本当に勇気をもってお参りくださっているんだろうなぁって思います。
中には、お申込書にお名前などを書こうとしても、緊張のあまり、手が震えて字がうまく書けない方や、緊張してうまくお話できない方もいらっしゃるほどです。

お寺へお参りなさるということは、緊張もそうですが、それ以上にいろいろな不安や心配があるのでしょう。
それでも、勇気をもってお参りくださるのには、親としてお子さまの幸せを願う気持ちがあるからだと感じているのです。
お子さまのためにという想いが、大きな勇気を与えてくださっているのですね。

そんな、参拝くださる方のお気持ちは本当によくわかるのです。
だから、私はいつも、しんどくなれば皆様方がどんな思いでお寺へ来てくださったんだろうと感じるようにしているのです。

そして、お寺で働いてくれている方々にも感謝するようにしているんです。

お寺のスタッフには、20代の若い方もいますが、みんな一生懸命、参拝者の相談に心から応じてくれています。
不安や緊張をなくすため、そして、心から喜んでくださるようにと優しく応対してくれています。

また、行事ごとには、檀家の皆様が大勢、手伝いにきてくださいます。
この「吹田の火祭」にも本当に多くの檀家様のお力添えをいただいております。
みなさん、嫌な顔をせずに、笑顔で手伝ってくれます。

本当にしんどいとき、お参りの方がどん思いできてくださったのだろう、とか、お寺のスタッフの温かく対応する姿、笑顔で手伝ってくださる檀家様方の気持ちなどを思うようにしているんです。

そんな、みんなの思いを感じると、本当にありがたくて、ありがたくて、一つの感動につながるんです。
みんなからの愛とみんなへの感謝に満たされて自然と涙があふれてくるんです。
それが私の大きな癒しへとつながるんです。

そのように、つらいなぁって感じたら、矢印を外へ向けるようになさってみてはいかがでしょう。
それだけで、癒されてくると思いますよ。


たとえば、マラソンしているときは、ゴールが見えない辛さで、途中で逃げ出したくなると思いますが、応援してくださる方々が大きな力を与えてくれますよね。
また、指導くださる方の気持ちや、支えてくださっている方の気持ちを感じてみるといいんです。

会社でのストレスも、外へ向けてみるといいと思いますよ。
上司が厳しいのは、お客さんの本当の喜びや笑顔のために指導くださっているのだとか感じるんです。
部下の気持ちや、会社を創立された方の気持ちや思いを感じてみたりするんです。
目に見えなくても、お客さんの喜ぶ姿を想像するんです。

お茶だしを頼まれたら、お茶葉をつくられた方の気持ちを感じながら入れたり、もっと深く言えば、この葉のためにも美味しいお茶を作ってあげようとか、思うようにすればいいんです。

病気の方は、自分のしんどいところばかりを見るのではなく、先生方や、看護婦さんや、家族の思いを感じたり、お薬を作ってくださる方の思いや、病気に関する本を書いてくださっている方の思いを感じてみるんです。

お食事をするときは、食事を作ってくださった方の気持ちを考えて食べるといいんです。
ごはんやおかずなどの食材、一つ一つには多くの方の想いが込められていることを感じるんです。
ごはん一粒にも、できるまでには物語がございますし、にんじんやキャベツにもできるまでに、すばらしい物語がございます。

そんなことを感じながらたべると、普段の食事がとても贅沢な食事にかわりますよね。

「しんどいなぁ」
「いらいらするなぁ」
ってストレスを感じたときは、その矢印を外へとむけてみることを忘れないでください。

苦しさが、感謝にかわり、大きな癒しと乗り越える勇気をいただくことができます。
これは、人生を楽しく、そして幸せに生きていくうえでとても大切な気持ちでございます。


明日は「吹田の火祭」
みんなの愛に包まれていることを感じながら、頑張ります。



【ご案内】

◆本日(2月10日)、明日(2月11日)、明後日(2月12日)は「吹田の火祭」のため、お供養をお取りしておりません。どうぞ、ご理解くださるようお願い申し上げます。

また、土日は、ご予約がたいへん多く、お取りしにくい状況で申し訳なく思っております。
どうぞ平日か、土日をご希望でございましたら、お早目のご予約をお願い申し上げます。

Posted 07:14|No.29|副住職の感じたことコメント(1)
ご住職さまのお忙しさが目に浮かびます。
住職さまやお寺のスタッフの方々のおかげで私もあの子を供養することが出来ました。
なかなか先に進めませんが悩みながらも感謝を忘れずに今日を生きていきたいと思います。
住職さまやお寺の皆様お疲れでしょうがお身体大切にしてくださいね。
お勤めありがとうございます。
by ありがとうございます 02/10(12:16) 削除
お名前 削除キー (半角英数8文字)
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
<< 2009 2 >>