水子供養の常光円満寺
水子供養について最新の情報や副住職の想いなどをお送りしてまいります。 レンタル掲示板,レンタル日記,レンタルブログ「大宇宙」
soudan5
深い哀しみばかりだったお心が年を重ねるごとに、優しい笑顔でお参りできるようになっていくお姿は、見ていて美しいものでございます。
常光円満寺のお供養が、水子さまだけでなく、あなたにとっても思い出に残るすばらしいお供養になることを願って…。
    副住職 藤田晃秀
 
▼ 2008.12.28 Sunday:大晦日のお参り
本年も、あと少しとなってまいりました。

12月31日大晦日のお参りのご案内でございます。
普段の水子さまのお参り(地蔵堂のお参り)は9時〜20時まででございますが、12月31日に限り、深夜0時までお参りいただけます。

また、当山では大晦日は23時45分より、除夜の鐘撞をいたします。
最初の108名様には特別授与品、それ以外の方でも、お撞きになられた方には全員に授与品がございます。

さほど、お参りの方も多くないので、10分くらい前に来られたら、108名以内には入れると思います。

去る年に感謝の気持ちを捧げ、新たな気持ちで新しい年を迎える除夜の鐘。
水子さまのお参りも兼ねて、除夜の鐘をお撞きになられてはいかがでしょう。

皆様方のお参りをお待ち申しております。

※除夜の鐘は深夜1時ごろ終了予定です。
お名前 削除キー (半角英数8文字)
▼ 2008.12.18 Thursday:水子への贈り物
常光円満寺は、ありがたいことに、男性一人で水子さまのお参りにこられる方も多くいらっしゃいます。

その中で、もう3年ほどになりますが、男性一人で毎月、命日に花束をもって来られる方がいらっしゃるんです。

お話をきくと、いつも同じ花屋さんで買うそうなんですが、半年くらい経ったある日、店員さんに「いつも彼女へのプレゼントですか?」って聞かれて、正直に「生まれることのできなかった赤ちゃんへの贈り物なんです」って答えたそうです。

すると、次の月から、店員さんが、可愛らしい花を一生懸命、選んでくれたり、残しておいてくれたりするようになったそうです。また、花言葉もふまえて、いつも店員さんと楽しくお花を選んでいるそうでございます。

「今では花博士ですよ」って笑って答えてくれました。
そして「あの子を想うようになって、人とのつながりが増えたように思います」っておっしゃってくれました。

あの子が導いてくれた、人と人とのつながり、とても素敵ですね。


先日は、とてもすばらしい贈り物がございました。

水子供養のお申込をされた女性の方が「乳児用の靴下も一緒にお供養してほしい」と言われたんです

お話をきくと、その靴下はご自身が赤ちゃんの時に履いていたもので、自分の子どもが産まれたら履かせてあげようと思い、26年間大切に保管していたものだそうです。

「この世に産まれてくることはできませんでしたが、赤ちゃんは間違いなく私の初めての子どもです。
これから寒くなりますし、暖かい靴下を履いて元気に天国に昇っていけるように…
何もしてあげられなかった私のせめてものプレゼントのつもりです。」
とお話くださいました。

私はその小さな小さな靴下を、手にとった瞬間、とてもとても暖かいものを感じて、涙があふれてきました。

26年の歳月を経た、あの子への最高のプレゼント。

精一杯、心をこめてお供養させていただきました。


水子さまに逢いにこられる方は、みんな口にださずとも、本当にいろいろな思いを込めてお参りやお供養されていることを身にしみて感じております。

誰かのために、何かをしてあげようって思っているときは、とても優しい心の状態でございます。

とくに、「召された赤ちゃんのために…」というのは、男女の愛とは違い、見返りを求めない慈愛に満ちた贈り物。

そんな想いのいっぱいつまった地蔵堂。

水子たちは、たくさんの愛情に包まれて幸せだと感じられることでしょう。

今はクリスマスのプレゼントでいっぱいでございます。

常光円満寺に来られた方が、温もりと優しさの癒しに包まれることを願って…。

副住職 藤田晃秀
Posted 23:33|No.25|副住職の感じたことコメント(0)
お名前 削除キー (半角英数8文字)
▼ 2008.12.02 Tuesday:ありがとうの反対語ってご存知ですか?
私は、いつも、『水子さまに「ありがとう」って思いを込めて、手を合わせてくださいね』って皆様に申します。「ありがとう」といえるのは、ご両親が前を向いて歩みだしている証。それが水子さまにとって、喜びのお言葉だからです。

つまり「ありがとう」の反対語は、水子さまにとって、悲しいお言葉だと理解できると思います。
では、「ありがとう」の反対語ってご存知ですか。

「ばかやろう・・・」

「大きなお世話・・・」

きっとそんな言葉が浮かんでくるのではないでしょうか?

決してそんな言葉ではございませんよ。

ありがとうの反対は

「当たり前」

なのです。

漢字で書くと「有難い」⇔「当たり前」とわかりやすいですね。

日常、私たちが何気なく使っていた「当たり前」、実は「ありがとう」とは無縁の言葉だったのでございます。

あなたは、朝、目覚めることが「当たり前」だと思っていませんか?
病気の人は、朝、目覚めるだけでも、大きな喜びを感じています。

痛みを知らない人は、痛みがないことが当たり前。しかし、怪我をされた方が、日に日に痛みが回復していくと、それだけですごく嬉しく感じます。それはきっと「痛みがないことが当たり前だ」なんて感じていないからでしょう。

つまり「当たり前」が「有難い」に変わると、とても幸せに感じることができるのですよ。

手足が自由に動いたり、音が聞こえたり、しゃべることができたり、においをかいだりできることも、とてもすばらしいことでございます。私たちの不満や苛立ちは「こうしてくれるのが当たり前」「こういう言葉をかけるのが当たり前」などという思いからが大きいのではないでしょうか?
今の自分自身でいられることを有難く感じるお気持ちが大切なのです。

頼んだものがちゃんと自分のもとに届くこと、電車が時間通りにくること、そのようなことも「ありがたい」って感じてみてください。

そのように考えて、周りを見つめなおすと、とても穏やかな気持ちになってきませんか?

その意識だけで、毎日が輝きはじめるのです。

何事も「当たり前」などと思わず、「ありがとう」と思えるように意識してみましょうね。

最後に、水子さまは、仏さまのお慈悲をもっているから、きっと親に想ってもらって当たり前なんて決して思っていませんよ。
だからこそ、手を合わせてご冥福をお祈りしたり、お供養をしてあげたりすると、この上ない喜びを感じてくれるでしょう。

水子さまは、いつも優しく私たちを見守ってくださっています。

常光円満寺の水子供養は、優しい空間で真心のこもったお供養でございます。
来寺できない方は、ご自宅からでもお受けさせていただくことができますよ。

水子さまだけでなく、皆様方にも「常光円満寺でお供養してよかった」と満足していただけるよう責任をもってお供養させていただきます。

副住職 藤田晃秀
Posted 13:24|No.24|副住職の感じたことコメント(3)
ありがとうの反対は当たり前。
気付かせていただきありがとうございました。
明日供養にいかせていただきます。
by ありがとうございます 01/08(17:34) 削除
ありがとうございます
この言葉を聞いて
本当に心からそう思えました
言葉の意味や考え方
すばらしく感動しました
数日前サイトで
申し込ませて頂き
本日供養していただきました
遠い為自宅にてお花を飾り
お菓子や飲み物位しか
お供えできませんでしたが
我が子に届く様姿勢を正し
手を合わせお祈りしました
このような機会を
作って頂いた事への
感謝の気持ちを込め
ありがとうと伝えたいです
by 大 01/29(17:44) 削除
なんて素晴らしい。
うちの長男は、わがままに育ててしまった私の責任なのですが、何をしても当たり前としか思っていない子です。子供に聞かせてあげたいですが、小学生の息子には理解できないようで残念です。しかし、私は有り難いに変えて行きたいです。そう思うと、幸せな気持ちになれますね。
by 安原 04/25(19:32) 削除
お名前 削除キー (半角英数8文字)
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< 2008 12 >>