水子供養の常光円満寺
水子供養について最新の情報や副住職の想いなどをお送りしてまいります。 レンタル掲示板,レンタル日記,レンタルブログ「大宇宙」
soudan5
深い哀しみばかりだったお心が年を重ねるごとに、優しい笑顔でお参りできるようになっていくお姿は、見ていて美しいものでございます。
常光円満寺のお供養が、水子さまだけでなく、あなたにとっても思い出に残るすばらしいお供養になることを願って…。
    副住職 藤田晃秀
 
▼ 2008.11.19 Wednesday:眠る前に心がけてほしいこと
皆様が、夜に眠るとき、是非とも実行していただきたいことがございます。

それは、水子さまに「ありがとう」って感謝の気持ちをお伝えすること。
でも、心なしに伝えてはだめですよ。

床に入って、今日一日の、嬉しかったこと、感動したこと、学んだこと、助けていただいたこと、いろいろな出来事を思い出して、それらの出来事に感謝の気持ちを伝えていただきたいのです。
毎日と変わらない平凡な一日であったとしても、その中で嬉しい出来事や感動した出来事などを探してみるのです。

たとえ、辛いことや、悲しいことばかりの一日であったとしても、今日一日、乗り越えることができたことに感謝してもいいし、辛いかったことの中に隠れている、小さくても温かいお心みたいなものを探したり、感じたりして、水子さまに感謝の気持ち「ありがとう」って気持ちを伝えてあげてほしいのです。

毎日、その気持ちをお伝えすることが習慣になってくると、そのうち、人生の見方が少しずつ変わってくることでしょう。あたりまえの出来事だと感じていたことが、すばらしい出来事に変わってくるのです。今まで感じることのなかった小さな幸せが、少しずつ幸せだって感じることのできる。そんなお心を養うことができるのですよ。小さな幸せが幸せだって感じる心を養うことができれば、それだけで毎日が以前にくらべると幸せになりますよね。

小さな幸せを感じられるような繊細で優しい心をもてるようになれば、人に対して今までより一層穏やかに接することができるようになるんです。穏やかに接することができれば、相手も自然と変わってくるんです。そうなれば、自分にたいする周りの見方もかわってきます。周りの環境もかわってまいります。

夜に寝る前の「ありがとう」これが、実は幸せの第一歩につながるのです。
まずは、そのことを教えてくださった水子さまに感謝しましょう。

「くさったミカン袋が一つあると、周りもみんなくさってしまう」というたとえ話がございますが、私はこのたとえ話は、あまり好きではございません。
どうせなら、「美しい花があれば、周りも美しい花を咲かせる」とたとえたほうが、素敵ですね。

心に美しい花を咲かせることができれば、周りも自然と心の中に美しい花が伝染のように広がっていく。とてもすばらしい世界です。マイナスに考えるのではなく、プラスプラスに考えていきたい。

心に美しい花を咲かせる、それは水子さまにとって、大きな喜びになることでしょう。

水子さまは、いつも優しく私たちを見守ってくださっています。

常光円満寺の水子供養は、優しい空間で真心のこもったお供養でございます。
来寺できない方は、ご自宅からでもお受けさせていただくことができますよ。

水子さまだけでなく、皆様方にも「常光円満寺でお供養してよかった」と満足していただけるよう責任をもってお供養させていただきます。

副住職 藤田晃秀

Posted 01:43|No.22|副住職の感じたことコメント(2)
住職様のコメント。私の心が穏やかになります。人との出会いを大切にしたいです。素直にありがとうと言える気持ちを大切にしたいです。人様に対する優しさ、感謝の気持ち、素直にごめんなさいの気持ちを忘れずにいたいです。
ありがとうございます。
by 東中屋みどり 01/24(23:40) 削除
ありがとうございます。
まだ供養代金を払い終えていないのですが
申し訳ありません。供養するときめて
自分が親であることを
自覚しました。
父親であるひとに
産むことを反対され
いまはシングルマザーでも一人でも育てていく覚悟がなぜなかったのか
後悔してなりません。
でも生まれてきても
不幸になりかねないとおもえば これでよかったとおもうしかありません。
でも赤ちゃんも天国から
見守っていてくれて
あたしも愛していると
おもえば
幸せになることがいちばんの供養かなとおもいます。そんなきつかけをくれたお寺さんに感謝しています。
供養代金は払えるだけ毎月 お支払いいたします。連絡遅くなりまして申し訳ございません!
by 金子昭子 05/23(17:45) 削除
お名前 削除キー (半角英数8文字)
▼ 2008.11.14 Friday:普通水子供養について
以下に永代水子供養の改正についてご案内させていただきましたが、お供養について永代水子供養しかないと勘違いしてらっしゃる方もいらっしゃいましたので、お知らせさせていただきます。

普通水子供養(1年間の供養)は来年以降も変更なく厳修させていただきますのでご安心ください。

お布施は初回は金10,000円のお納めになりますが、2回目以降は5,000円でさせていただいております。
これは、当山との深いご縁に感謝のお気持ちと、いつまでも無理なく末永いお供養を続けていただくことを心より願ってのことでございます。

深い哀しみばかりだったお心が、年を重ねるごとに優しい笑顔でお参りできるようになっていくお姿は、美しいものでございます。
そんなお姿を見ると、水子さまも、いつまでも親の愛に包まれて、幸せなことだなぁって思います。

私は、皆様が流される涙は、決して哀しみの涙ではなく、温かい涙が自然と流れてくるような、そして前向きな気持ちになってくださることをいつも願って、真心込めてお供養させていただいているんです。そんな想いが通じて、次はあの子に笑顔でお参りにこよう、逢いにこようって思ってくれることが、私の喜びでもあるんですよ。

常光円満寺のお供養が、水子さまだけでなく、あなたにとっても思い出に残るすばらしいお供養になることを願って…。

副住職 藤田晃秀

追伸:
今までは連絡事項ばかりでございましたが、時折、私の想いも綴らせていただきたいと思います。
今後とも常光円満寺をよろしくお願いいたします。

Posted 0:22|No.21|重要事項コメント(0)
お名前 削除キー (半角英数8文字)
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< 2008 11 >>