SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
mameto
 
▼ 2016.06.04 Saturday:津軽森2016ありがとうございました!
http://pastaya.blog.jp/archives/1058083216.html
PastaYaさんのブログ、2日間の振り返りブログです。
とっても読みやすいので是非ご覧下さいませ♬*゜


今年も1dayKafeとして参加させていただいた2回目の
津軽森。
お天気に恵まれ、岩木山をバックに
守られながらの2日間は
たくさんのお客様にご来店いただきました。
心から感謝いたします。

ありがとうございました!
Posted 07:54|No.674| スタッフの独り言感想を書く(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2016.05.05 Thursday:さくらのゆびわ。
もう、だんだんと散り始めていますが、
我が家の八重桜も
とてもキレイに咲き誇っていました。
昨年の今頃、
12年間一緒に過ごした愛犬が天国へといきました。
棺の中には八重桜をたくさんしきつめて
さみしくないように
華やかに飾ってあげました。
名前もハナだったので、喜んでくれてるかな?
と勝手に思ってみたり。

八重桜の指輪は、
亡くなって一年が経った、
天国のハナへのプレゼント。
Posted 22:07|No.673| スタッフの独り言感想を書く(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2016.04.13 Wednesday:SWEETS…。
段染め糸で春を意識して刺しました♪
と、作家さん(*´ー`*)
お色のグラデーションがとてもかわいらしく、
そして
美味しそう♡
他にもいくつかございますので、ぜひ
豆人にてご覧下さいませ。
Posted 07:49|No.672| スタッフの独り言感想を書く(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2016.04.07 Thursday:すこしずつ。一歩ずつ。
視野を広げて、すこしだけ、前へ進んでみよう!
と思うきっかけは、
いつ、どんなタイミングでやってくるのかは、わかりません。
ですが、日々、まだまだ挑戦し続けている仲間や、
尊敬してやまない大好きな人たちのそばにいると、わたしのエンジンにも、拍車がかかります。
迷って悩んでいるときには、
そっと背中を押してもらえてり、しっかり手をひっぱってらもらえたり。

この秋、還暦を迎えるマーチン。
これからも何歳になっても「丁寧にラブソングを歌うこと」と、
マーチンもラブソングを歌い続けて30周年。
想いを伝えることを大事に、今までもこれからも
ずっと丁寧にラブソングを歌い続ける
と、ライブのMCで毎回話してくれます。

わたしは、まだまだ至らなさばかりですが
豆人でお仕事をさせていただいて
あっという間に約9年が経ちました。
本当に年月だけはいつもあっという間です。

わたしには、ラブソングを届けることはもちろんできませんが(笑)、
みなさんに、「自分らしく」
自分スタイルでコーヒーを愉しんでいただけるようなアドバイスやお手伝いが
今まで以上に、もっとできればいいな…と想っています。
弘前も、
もうすぐさくらの季節がやってきますね(*^^*)
にぎやかになりますね。
Posted 23:54|No.671| スタッフの独り言感想を書く(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2016.03.23 Wednesday:つらつらとひとりごと。と、ブロッコリー。
気がつけば春!
もう、弘前も春ですね。
例年よりは、はるかに少なめの雪に、何かと行動しやすかったのも事実で。
というのも、冬の運転がとにかく苦手なので(^_^;)怖い思いも、数回で済みました(笑)

春は、お別れの季節でもあって、この春で転勤や異動、お引っ越しをされるお客様もチラホラ…。
定期的にお会いできていた方々と、しばらく会えなくなるのは
ほんとうにさみしいですし、
同じような経験は何度しても、さみしいものはさみしいのですね。
それでも、春は明るい話題も盛りだくさんで
桜の開花予想もチラホラ出始めましたね。
数量限定の春摘みコスタリカや、春珈琲が登場し、豆人にも春がやってきました(*^^*)
気持ちがルンルン♪の、春です。
写真は、いつの日かの晩ご飯…ブロッコリーは、
おばあちゃんのハウスで採れたもの♪
Posted 12:40|No.670| スタッフの独り言感想を書く(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2016.01.12 Tuesday:ただ、ただ、すき。
❤️
ダイスキな珈琲。
理由を探したけれど見つからず、
きっと、今のわたしにピッタリだだたのかな?
と。
陽気な香りと
優しく甘くカワイイキャラクターの酸味。
奥行きのある甘みと
いつまでも続く余韻。
それが、ただただ美味しくて、
ココロを揺さぶられました(笑)
珈琲の世界は、
まだまだ知らないことの方が多いかも知れないし、
少し大げさかも知れないけれど、
こういう、運命を感じる珈琲との出会いも、
そんなにたくさんは、あることでもないような気がします。

これからもっともっと
そんな出会いが増えれば
嬉しいなぁ。
エチオピア イルガチェフG-1コチャレ
100g 670円
Posted 13:40|No.668| スタッフの独り言感想を書く(0)
Name Delkey (半角英数8文字)