No.2134の記事に対する返信になります

* なんでも質問掲示板 手作り化粧品や市販化粧品についてお気軽にご質問ください。 宣伝は削除します。スパム対策として外部リンクやE-MAILアドレスの入力ができません。また、記事投稿はパスワード制に致しました。あいうえおを半角英文字でパスワード欄にご入力ください *
| Self Care Home | 美容情報ブログ(様々なデータをUP) | 削除 | 検索 | 過去ログ | 管理 |
93896 visitor
Name
Title
Icon [ view ]
Pass [ 投稿した記事削除用英数字8文字以内 ]
投稿パスワード スパム対策としてパスワードを導入しました
Font



ビタミンC誘導体について *res*
しんちゃんさま、はじめまして。
普段から手作りの化粧品や、チンキなどの勉強をしています。
ウェブサイトも大変参考になります。ありがとうございます。

今年から、リン酸アスコルビン酸Mg(水溶性、パウダー)と様々なチンキを使って化粧水をつくっています。
ただ、ビタミンC誘導体は酸性下だと分解されてしまうと読み、クエン酸でpH7になるように調整して使っています。

ここで質問です。

1) リン酸アスコルビン酸Mgを含むビタミンC誘導体は、なぜ酸性で分解されてしまうのでしょうか?またpH7でしたら分解は防げるでしょうか。

2) クエン酸を入れると、溶け残っていたリン酸アスコルビン酸Mgも溶ける感じがあります。一般論敏江、アルカリ性のものは、酸性のものと混ぜると溶解しやすくなる(逆も)という性質があるのでしょうか?

3) チンキの種類によっては、リン酸アスコルビン酸Mgが析出してきたり、一気に黄色くなってしまったりします。相性の悪い成分や、その理由などはご存知でしょうか。(レシピ:精製水、藍・月桃・カレンデュラなどのチンキ、グリセリン、リン酸アスコルビン酸Mg、イソフラボンエキス、ヒアルロン酸、クエン酸)

どうぞよろしくお願いいたします。

by Lulu ...2018/7/4(Wed) 13:02 [2134]
植物性成分について
別件で、追記です。
初めましてにもかかわらずの、連投、長文、失礼します><

掲示板を遡って拝見させていただきました。
ローズマリー等についても伺わせてください。

・ロズマリン酸を抽出するために無水アルコール抽出し、ワセリンとあわせて軟膏にしました。ワセリンにしか解けないような特殊なロズマリン酸は、果たして経皮吸収されるものなのでしょうか?それとも、皮膚表面に止まり、あくまで角質上だけで抗酸化作用などを発揮するのでしょうか。また、ロズマリン酸のみならず、成分が肌から吸収されるか・作用するか否かを判断する基準や参考にされているデータ等がございましたら教えていただけますでしょうか。

・ハーブを無水アルコールや高濃度アルコールで抽出し、オイルと合わせ、やや加熱しながらアルコール分を飛ばしました。てっきり、こうすることで、アルコールに抽出してきたエキスはオイルに移行したものと思っていたのですが、そうではないのでしょうか?もし移行していないとすれば、そのエキスはどこへいってしまったのでしょうか。(沈殿?)

気になりつつも、自分では回答が見つけることができませんでした。
長くなってしまいましたが、どうぞよろしくお願いいたします。
by Lulu ...2018/7/4(Wed) 13:11
ビタミンC誘導体について
Luluさん、こんにちは

1)についですが、酸性だと水のイオンがビタミンC誘導体のリン酸とビタミンCをつなげている部分を攻撃して、リン酸とビタミンCに分けてしまうからです。中性や弱アルカリ性だとこの攻撃を防げるために安定になります。

2)クエン酸を入れると、リン酸アスコルビル酸MgのMg部分をクエン酸が奪うので、溶解しやすくなると思います。ただ、分解しやすくなるため、pHは中性に保つ必要があります。
なお、アルカリ性のものは酸性のものと混ぜると混ざりやすいというのは、あります。ただ、化学反応も伴いますので、それがよいかはまた別になります。

3)エキスの相性はあると思います。とくにマグネシウムはエキスのポリフェノールと反応して、ポリフェノールの溶解性を悪くして、沈殿の原因になりやすいです。ヒアルロン酸やグリセリンは問題ないと思いますが、エキスについては混ぜて試すしかないと思います。
また、リン酸アスコルビル酸Mgではなく、リン酸アスコルビル酸Naだとそういう反応が起こりにくいため、ほかの成分との相性は良いと思います。
by しんちゃん ...2018/7/6(Fri) 23:49
エキスについて
Luluさん、こんにちは

具体的にロスマリン酸やウルソール酸がどの程度経皮吸収されるかはわかっていません。ただ、ワセリンは医薬品の軟膏基剤にもなっていますし、使用感は悪いですが、成分を皮膚に送り出す効果はあると思います。
なお、成分が肌から吸収されるかどうかの判断は、原料メーカーの資料や特許を参考にしています。
原料メーカーの資料は公にはならないですが、特許の情報については、特許を検索すれば、出てきますので、ある程度参考になるかと思います。

アルコールで抽出したエキスをオイルと合わせて、アルコールを飛ばした時ですが、オイルに溶ける成分はオイルに溶けますが、オイルに溶けない成分については、粒子状になって、オイルの中を漂っています。
by しんちゃん ...2018/7/7(Sat) 00:02


Rental:大宇宙 お知らせ(6/20) Base:ACE
BoardDesign:CGI Cafe. Material:CGI Cafe.