No.152に関するスレッドです。

投稿時間:2015/12/14(月)08:58
投稿者名:みかん
Eメール:
URL :
タイトル:お久しぶりです

お久しぶりです

通信受講していたみかんです。
転職して、新宿付近に通えるようになったのですが、道場の方が新宿になくなってたん
ですねσ(^_^;)
残念。


投稿時間:2015/12/14(月)09:09
投稿者名:みかん
Eメール:
URL :
タイトル:

ご無沙汰してる間に、
テコンドー、サバット、実戦派中国拳法、実戦派合気道、沖縄実戦空手道の大会出てま
した。

テコンドーとサバットでは幸運にも結果出せたものの、
中国拳法、合気道、沖縄空手には負けました( ;´Д`)

空手のホームグラウンドで戦って勝つには、やはり、型をもっと知らないとダメです
ね〜σ(^_^;)


投稿時間:2015/12/14(月)23:39
投稿者名:管理人
Eメール:
URL :
タイトル:

みかんさん、お久しぶりです。
お元気なご様子で何よりです。

新宿支部は施設が改装工事中のため、今は休止しております。
お近くに転職されたとの事ですが、再開後にお会いできる事を期待しており
ます。

様々な大会に出場されて来られたのですね。
ルールや試合内容がどの様なものであったのか、非常に気になります。
沖縄実戦空手の大会で型が必要だったという事は、組手ではなく型試合だっ
たのでしょうか。

是非とも色々とお話しを伺いたいと思いますので、機会がありました際には
どうぞ宜しくお願い申し上げます。


投稿時間:2015/12/15(火)10:15
投稿者名:みかん
Eメール:
URL :
タイトル:

いえ、僕が出る大会は、基本的に組手です( ;´Д`)

空手は、ナックルブローは寸止めながら、他は全てコンタクト可能というルールです。
伝統派の型を抑えた極めの攻防と、極真空手の当てる攻防、キックボクシング等の組打
ちの要素を合わせた試合形式でした。

まともにやっても、判定勝ちで勝つのや、普通に倒すのは難しいと考えたので、相手の
拳を砕く技使ったのですが、砕けた拳でラッシュかけられましたσ(^_^;)
こちらは、ノーダメージで、相手は、次の試合棄権ながら、僕の完敗です。

型に立脚した判定狙える動きしないと、本物の空手に空手の試合で勝つのは無理ですね
(⌒-⌒; )


投稿時間:2015/12/15(火)10:17
投稿者名:みかん
Eメール:
URL :
タイトル:

ちなみにノックアウトルールだけど、キレイな上段突きには判定に有利なポイントが付
くルールですσ(^_^;)


投稿時間:2015/12/16(水)00:46
投稿者名:管理人
Eメール:
URL :
タイトル:

有難うございました。やはり組手でしたか。
上段突きは寸止めとなると、判定で有効とみなされるレベルの「極め」が不可
欠となります。
それ専用の稽古が必要となりますが、判定ポイントが取れるのであれば、組討
ち有りのKOルールでも十分に通用しますしね。
完成に近い首里手であれば、寸止めでも実打でもMMAでも上段突きは強力な武器
になります。


投稿時間:2015/12/16(水)07:40
投稿者名:みかん
Eメール:
URL :
タイトル:

那覇手系なのですが、首里手の素養も不可欠なんですよね。

那覇手極めるために、首里手とジマも深く学ぶのが沖縄のやり方と、本で読んだ事あり
ますが、現代においても同じなのを感じました。
また、空手界の最右翼の沖縄実戦派が、最左翼の総合格闘技派に似たルールなのは面白
いとも思います。

実は、そちらにも出て総合格闘家にボコボコにされました(⌒-⌒; )
でも、ポイントでは勝ってての特殊な判定方法での負けでしたから、アレです( ;´Д`)
アウェーで戦うのは難しいですね。


投稿時間:2015/12/17(木)00:47
投稿者名:管理人
Eメール:
URL :
タイトル:

やはり、それぞれの大会毎に独自の判定基準があるものなのですね。
私は、どんなルールや判定基準であっても通用するレベルの実力を身に付けた
いと願っております。


投稿時間:2015/12/17(木)01:40
投稿者名:みかん
Eメール:
URL :
タイトル:

そうですね(^ ^)

試合のルールさえ熟知出来ず、利用出来ず、打ち破れないようでは、実戦のより複雑な
ルールに対応出来ないですよね( ;´Д`)

なので、総合系空手での敗北も納得してます。
後ろ回し蹴りカウンター合わせるのまでは成功したけど、倒しきれなかった。


沖縄実戦派の相手は、拳砕くまで成功したけど負けたし、
総合系空手には、作戦通り後ろ回し蹴りカウンター当てたけど負けたわけで、
倒し切る力あれば、どっちも勝ててましたから( ;´Д`)

総合系は、参加表明選手の半分以上が試合会場に現れなかったので、一度勝てば準優勝
という有様でしたけど。


投稿時間:2015/12/19(土)12:41
投稿者名:管理人
Eメール:
URL :
タイトル:

試合と実戦とではルールや条件が異なるものですが、どの様な条件下でも最適
な戦略を即座に選び、速やかに実践しなければならない点では同じだと思いま
す。

「参加表明選手の半分以上が試合会場に現れなかった」というのも凄い話です
ね。
ぜひ色々とお話しを伺いたいものです。


投稿時間:2015/12/20(日)16:18
投稿者名:みかん
Eメール:
URL :
タイトル:

話と言っても、ここに書いたのが、ほぼ全てです(^ ^)

総合系ルールは、単発に近いイベントなので、
今後は、主に伝統派空手道と合気道、中国武術の研究ですかね?
当然、試合前提で。

形にリンクした要素も強いから、爺さんになって、
形主体にしてなった時に練習の役に立つと考えてます。


投稿時間:2015/12/21(月)01:06
投稿者名:管理人
Eメール:
URL :
タイトル:

今後も試合前提での研究を進められるのですね。
大いに期待しております。

形には、戦闘技法の型としての要素が盛り込まれておりますので、各種の戦技
や身体操作方法等を学ぶことは重要ですよね。
当然として組手にも大いに活かされますし、これが有ると無いとでは大きな戦
力差となります。
まさに生涯武道として現役であり続ける為には、必須と云えるでしょう。


おなまえ  Eメール
タイトル  URL
削除キー