・・・12人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2017.08.06 Sunday:「腰痛と島田先生」
 自撮りでデカイ顔が写っていますが、左側のスマートな方が僕の主治医と言って良い島田先生です。

 カレコレ30数年のお付き合いになります。
 お互いに若い時に知り合い、とても助けられています。

 おかげ様で今回の腰痛もだいぶ良くなってきました。
 感謝、感謝の気持ちでいっぱいです。
Posted 17:28|No.3780|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2017.08.03 Thursday:「カメラを向けられると・・・」
 僕はカメラが苦手です。

 「笑って!」と言われてもそう簡単に笑える訳ではありません。

 先日、つくり手の会で進めている「別冊住まいの設計」ムック本の取材でのことです。

 今回は10社のつくり手が登場しますが、僕は最年長ということです。

 表情をつくる練習をしておけば良かったと思う今日この頃です。

Posted 11:28|No.3779|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2017.07.20 Thursday:「参創グループHP」
 参創グループのホームページができました!

 住宅建築部門、ekrea部門、パッシブ冷暖部門という風に外から見るとわかりにくい会社になっているのではないかと思い、参創STORYとして整理することになりました。

 「参創STORY」で事業展開を時系列的に分かりやすくまとめておりますので、ぜひご覧くださいませ。


Posted 09:59|No.3778|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2017.07.18 Tuesday:「雹が降りました」
 とにかく驚きました。

 大きいものでは親指くらいのサイズの巨大な雹が降りました。
 バケツをひっくり返したような雨が降ったと思ったら雷、突風、強大な雹。
 一瞬で風向きが変わり、また大雨・・・。

 このような状況が数時間続いたら、東京はどうなってしまうのでしょうか?

 それにしてもこの数年で、気象現象が激変しました。
 びっくりです!

Posted 16:05|No.3777|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2017.07.15 Saturday:「重責職務を仰せつかりました!」
 先日全国木造建設事業協会(全木協)東京都協会の総会に出席して参りました。

 全木協の活動は主に応急仮設木造住宅の建設推進事業、木造建設を通じた森林・林業の活性化事業・大工工務店への技術支援や育成事業を行っています。

 特に2011.3.11の東日本大震災後に福島で仮設木造住宅が建設され、それまでのプレハブ仮設に比べその居住性能の高さが話題になりました。

 昨年の熊本地震後も550棟以上の応急仮設木造住宅が建設されました。
 その中心的役割を果たしたのが、全木協に所属する工務店です。

 現在は各都道府県と災害協定を適宜締結し、いざという時に応急仮設住宅や復興住宅の建設を促進することになっています。

 全木協東京都協会も東京都と災害協定を締結し、現在仕組みづくりを進めています。
 その中で、参創ハウテックは東京都の主幹事工務店という重責を担うことになりました。

 この活動や詳しいことはいづれHPなどでお伝えできればと存じます。

Posted 14:04|No.3776|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2017.07.04 Tuesday:「巨匠来訪」
 昨日は札幌のJ建築システム所長の手塚純一氏が来訪されました。

 お電話では年に何度かお話することがありましたが、直接お会いするのは久しぶりです。

 手塚氏は住宅建築技術に関する多くの特許を取得していて、国内の住宅の安全性や性能向上に大きく貢献してきた人物です。
 同時に面倒見が良く、当社の創業時には本当にお世話になった方です。

 創業時からですから何と20年のお付き合いですが、手塚さんはさらにバージョンアップしていて、年齢を感じさせないくらいパワーがありました。

 命の窓「耐震フレーム」、接合部補強アラミド繊維「JABRA」、デシカウント空調、JJJ診断など、とても有益な技術を開発し、住宅業界の発展に寄与してきましたが、そのパワーは健在どころかバージョンアップしているのが凄いですね。

Posted 09:38|No.3775|清水康弘よりcomments(0)
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)