・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2011.01.11 Tuesday:「富士山と観光地へ向かう車列」
 正月休みが明けたかと思ったのも束の間、巷ではまた3連休。
 先日の土曜日はいつもよりも車両の数が多いようでした。

 そして、都会の空は浄化されるため富士山がくっきり見えます。
 不思議なのですが外環道からはひと際その姿大きく見えるような気になります。

 東京や埼玉の地名に富士見台、富士見野、富士見ヶ丘など、富士がついた多くの地名がありますが、昭和初期にはきっと四季を通じて美しい富士山をみることができたのでしょうね。

 最近では都会の空気は汚れてしまい、夏場の上昇気流が汚れた大気をさらに汚してしまい、空の透明度が失われてしまいます。
 やはり冬場の季節風が、その汚れた大気を追い払ってくれるため富士山がくっきり見えるのだと思います。

 さて、土曜日は小学館の「サライ」の取材で、渋谷区内のお客様の家に行って参りました。
 取材に答えていらっしゃるお客様の話を聞いていて、家づくりの奥の深さを改めて感じたと共に、心の底からこの家づくりをお手伝いさせていただいて良かったと思いました。

 家づくりはまさに一期一会ですね。
 取材にご協力して戴いたお客様に感謝です。

Posted 18:33|No.1769|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2011.01.11 Tuesday:「家守り通信」
 家守り通信の第10号が発行されました。
 基本的には隔月、OBのお客様中心に送付していますので、1年8か月余り続いていることになります。 
 継続は力なりですね。

 さて、今週明けから一気に新規のお問い合わせが増えてきました。
 建築の仕事はなかなか一年がフラットにならないですね。
 効率を求められない仕事です。

 さて、正月気分も完全に抜け、今日からはいよいよ本番モードです。
 また今月は出張も多く、中旬から東奔西走になります。

Posted 18:34|No.1770|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2011.01.13 Thursday:夕日がとてもきれいでした
昨日は会社が定休日でしたので
愛犬コーリンの夕方の散歩がてら、久しぶりに
逗子海岸に行ってきました。

冬になって海風がまともに当たり始めていましたので
少し敬遠をしていたのですが、家から見た空の
夕日の明るさにきっと逗子海岸に行けば
もっと素晴らしい日の入りが見られるのでは
ないかと思い、急ぎ足で向かいました。

予感が的中してとてもきれいな夕日と、
日の入りが見られました。

夕日はなぜか『明日もいい日になるぞ』と言う
気持ちを抱かせてくれます。

私に取りましてはすごいオーラが出ているように
感じます。

Posted 08:54|No.1771|畑木明雄よりcomments(0)
▼ 2011.01.13 Thursday:リーダーとして
リーダーとして、
以下の四つのことに注意を払っている。






■目標の設定を明確にする
重要な方向転換や新たな目標提案をする際、
目標達成に向けた具体策を明確化させる。
そして、責任者を指名する。


■スタッフに目標達成の責任を課す
幹部は、本来部下が自分で管理すべき仕事まで積極的に関わると、
調整役に努めざるおえなくなる。
こうしたあらゆることで『子守役』を演じるはめになり、
多くの労力を奪われ、幹部本来の仕事が見えなくなっていまう。


■第三者の意見を聞く
部外者の意見を聞く。客観的な立場になってものをみる。


■部下の自発的行動を気長に待つ
もちろん、『気長』には意味がある。
経営者や幹部が、調整役を果たせば
組織が発展するというものではない。
それは、むしろ大きな障害となる。
『臆病』を『慎重』と言い換える昨今、
若者に任せる『勇気』が必要である。


以上のことを、常に意識している。


リーダーは、ついつい手を出してしまいがち。
手や口を出すのは、簡単だし、快感でもあるが、それは大きな間違いであり、罠にも似た過ちである。


ぶれない様に、高い目標にスタッフを陰で支え、
導いてい進みたいものである。



Posted 08:56|No.1772|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2011.01.13 Thursday:「頑張れ!畑木社長!」
 神奈川県逗子市に「キリガヤスタイル」さんがOPENしました。湘南の地域に根ざしたSE構法専門の工務店として新しいスタートです。
 畑木社長とは「つくり手の会」の仲間でもあり、ぜひ頑張ってほしい激励の気持ちでいっぱいです。

 来週、全国からつくり手の会のメンバーが集まり、キリガヤスタイルさんに表敬訪問(激励?闘魂注入?)に行ってきます!

 キリガヤスタイルさんのホームページ

Posted 18:27|No.1773|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2011.01.14 Friday:モデルハウスファブリック リニューアル
新しい年を迎え、まだまだ寒い日が続きますが
これから春を待ち受ける時期にもなります。

湘南モデルハウスも少しずつリニューアルをしております。
昨年末には玄関入口のデッキを改修して、新しい塗装を
実験的にしました。

木材防護保持剤の『ウッドロング・エコ』と言うものです。
カナダの国立公園が採用している塗料ですので
安全性には問題がないようです。

塗ってみますと初めから薄いシルバーグレー色になり
見た目にもとても落ち着いた感じがします。

皆さんもぜひお試しください。

さてモデルハウス内部のファブリックですが
長年使用してきました麻系のカーテンを
薄緑と言いますか、明るい色に変更しました。

カーテンでこのように部屋のイメージが変わるのかと
改めて思いました。

また子供部屋のベッドカバー、クッションも
可愛らしい感じの色を使いました。

色使いも色々と試してみました。

主寝室はガラッと変え、少しゴージャスな感じを
演出してみました。

また室内のグリーンも皆様の参考になるような鉢植えを
展示しています。

どうぞ新しくリニューアルをしました
湘南モデルハウスをご覧ください。


Posted 09:16|No.1774|畑木明雄よりcomments(0)
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
<< February 2011 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)