・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2007.09.27 Thursday:『グリーンなゲスト』
今日は、水曜日だから定休日。
早朝から、洗濯と掃除をする。
新しく求めた、
日立の掃除機で作業をする。

今年求めた電化製品は、
エアコン、便器(電化製品と言わないか?)、
そして、掃除機。
とにかく、どれもこれも、使いやすく作られている。

他、リフォーム工事が続いているから、
工事に追いかけられるように、
不要なものの整理作業。

それにしても、『勇気』をもってそれらを処分しないと収納しきれない。
だけど、書物だけは捨てられないでいる・・・、困ったものだ。

夕食後、アジアクラブサッカーテレビ観戦しながら、アイロンがけ作業。ワイシャツ五枚、ハンカチ三枚。下手だから、なかなか上手くいかない。

深夜、衛星放送でファンキーな『米米クラブ』のライブを観て床に就く。
カール・スモーキー石井を見ていると
少し酔った『○○』を観ているようだ・・・・。

今日も、緑の友人が尋ねて来ていた。
訪れた目的をたずねるが、飛び回るだけで反応がない・・・。
晩酌の、相手くらいしてくれてもいいと思うのだが・・・。
彼も、単身赴任で新潟に来ているのかもしれない・・・。

寒い夜だから、久々の羽毛布団を覆って眠る。
Posted 12:26|No.292|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2007.09.27 Thursday:『宇宙ステーション』
昨日の夕方、新幹線車内や
アルビレックスサッカー観戦会場で
時々お目にかかる、
民放のエミリーアナウンサーが、
夕方のニュースで『明日の明け方、
新潟市上空を宇宙ステーションが
通過します。』と、楽しい知らせを聞く。
よって、就寝前に目覚ましをセット。


いい歳をして・・・・、
北西の空に飛行浮雲のように肉眼でしっかりと見える!!???
寝ぼけ眼に加え、老眼の私には本当に見えるか心配だから、
念のため、枕元に双眼鏡を用意した。

薄暗い夜明け前、ミッドナイトパールの北西の空に、
あの宇宙ステーションが見える・・・。

そんなことを想像しながら、
フカフカのベッドにもぐりこむ。さあっ!・・・、
目覚ましが鳴り響く前に、起床っ!!



と思いきや・・・・、午前六時・・・・・だった・・・・・。

よって、昨日のエミリーからの知らせは、
聞かなかったことにした。
忘れたことにする・・・・・・・・。

さてさて、気を取り直して、今日は、朝から楽しい現場周り。
S邸、A邸、I邸の現場打ち合わせ、現場観察。
少しだけ暑い一日だったが、
充実感を味わいながら事務所に戻る。

戻り、自立循環型住宅の設計を続ける。
今日は、開口面積の大小と通風量、流入速度の関係を調べる。
風の入り口と出口の、開口寸法の確認をする。

暑い朝から動き回り、声をからして
会話をしてきたからのどが渇いた。

今日は、ビールが美味いだろう。
帰宅後、入浴剤をたっぷりといれたお風呂上がりは
さぞかし、ビールが美味いだろうな・・・・。


Posted 17:35|No.293|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2007.09.27 Thursday:「悲」劇的ビミョーアフター.2
楽しみにしていた、朝日新聞の連載の第2回が掲載されていました。

第1回目の記事は本当に楽しく読ませていただき、2回目を楽しみに待っていたのですが、私的には今回は???でした。

 リフォームは適正価格が見えにくく、それがインチキ業者が価格をふっかける土壌に。だから知人に建築士や工務店主がいれば、相場を聞くのも手。

ちょっとまってよ!知人に建築士がいるならその人に信頼できる業者を紹介してもらうでしょうし、知人に工務店主がいるなら、そこに工事を依頼しませんか?
よほど、知り合いの建築士や工務店主が信頼できないか、その知り合いが遠隔地に住んでいるなら話は別でしょうど…。でも、遠隔地じゃ単価も分からないと思いますけど…。建築の単価って地域によってかなり違ってたりするんです。

実際は建築関係に信頼できる知人がいない人が、インチキ業者に引っかかるんじゃないの!!!って思います。

新築でも、リフォームでも大事なのは、信頼できる工務店と知り合うことだと思います。

会社の規模や価格が安いだけで契約したりすることに間違いがあります。実際、素人が価格だけで選ぶのには無理があると思います。

 工務店の代表に会って話をしてみるとか、その会社を訪問して社員や社内の様子を見るとか、意外とそういうことで判断がついたりすると思います。
施工した現場を見せてもらうのも良いと思います。また、友人や知人が工事を依頼した信頼できるところを紹介してもらうとか…。いろいろ方法はあると思うのです。建設業の許可があるか、技術者がいるか、最低限それ位は調べましょう。

それらが難しいのであれば、建物の構造部分をいじる工事なら、第三者機関を入れて検査してもらう。
その分費用は掛かりますが、自分で分からないのなら、専門家に依頼するというのが良いと思います。そうした第三者機関の検査を嫌がったり、「お金がもったいないですよ。その費用があるなら○○が付けられます。」みたいな事を言う工務店やリフォーム業者には依頼しない方が賢明だと思います。

工務店が施工した現場をみせてもらって、そこのお施主さんと話をさせていただいて、そして信頼できると思った業者に工事をしてもらうのが良いのではないかと思います。

リフォームをロボットが出来る時代は来ないと思います。

結局最後はだと思うのです。


Posted 21:52|No.294|渡邉泰敏よりcomments(1)
▼ 2007.09.27 Thursday:中秋の名月
暑い暑い夏も過ぎ、少しずつ秋が深まって来ています。
あちらこちらで秋の夜長を楽しませてくれる虫の音が聞こえて来そうな涼しげな夜になって参りました。

涼しげなと言うよりも急な寒さと言った方が宜しいのか、あまりの寒暖の落差に戸惑うばかりです。

季節が変化しているのでしょう、月は静かに美しさを増しています。
綺麗な満月を見ますと心が洗われるようです。

Posted 22:51|No.295|畑木明雄よりcomments(0)
▼ 2007.09.28 Friday:『ビーナスボイス』
とんでもない間違いをした!!

業者さんへの支払日を間違えた。

常務、小林、田代君と四名で
優雅??に、コーヒー片手に
事務所テラスで営業ミーティング。
その仕事の進捗を確認してから、
月末支払いをするために銀行に向かう。



そして、事件が起きた。
月末の28日を明日(29日)だと間違えた。

私は、『今日は27日だから、
月末の大工支払いは明日28日だな。』と思い、
今朝ほど、銀行に行ってきた。
そして、各業者に振込みをしようと
手続きを始めたら・・・・・・・・・・・、顔面硬直!そして血の気が引いた。

高鳴る胸の鼓動!老眼の目を何度も、何度も擦って確認するが、
筆記台に掲示されている日付は『9月28日』と見て取れる。
筆記台にサービスされている黄色や赤の老眼鏡を
とっかえ、ひっかえ掛けてみるが、やっぱり日付は変わらない。

『困った・・・・・。』

心臓には密林のように白髪交じりの髪の毛が生え、
面の皮は、『これでもかっ!』と厚さを自覚していたつもりが・・・。

あふれ出る年寄りの冷や汗・・・・。

『支払いが間に合わない・・・・・。』と、焦りに焦った!!
そして、恥を忍んでそっと銀行担当者に相談したところ、

『大丈夫ですよ。』と、『遠い耳』になりかけている私に、
ボッティチェリが描くビーナスのような
その声が心地よく、中年の耳に響き渡る。(声を聴いたことはないが)

♪♪・・・大丈夫ですよ・・・・♪♪、

午前中だから、月末の今日28日中には、
入金されるそうだ。・・・・ホッとした瞬間だった。

こんな時は、どさくさにまぎれて、
ビールで乾杯!・・・・・・・・・・・・と行きたい所だが、
勤務中なので、もちろんお預け。

しかし、どうして男は『何かに理由をつけて・・・』
お酒を呑みたがるのだろうか???

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・だれか教えて。

Posted 16:25|No.296|清水康弘よりcomments(1)
▼ 2007.09.28 Friday:「昔の部下の家」
 以前サラリーマンをやっていた時代のかわいい部下の家が上棟した。
およそ50坪の2世帯共同住宅で、重量木骨の家である。

 縁とは不思議なもので、大手の化学メーカー新規開発事業(素材、建材事業)立ち上げで、お互い中途採用され、知り合った。やり手の営業マンである。

 現在の僕は工務店の親父。彼は小さな商社で素材、加工品、化学品などの販売の営業の責任者をしている。

 当時上司であった僕と部下の彼は、お互い手の内は熟知している。
(実は酒の飲み方は彼の指南によるところが大きい。)

 昔は上司だったから、ある意味その力関係は歴然としていた。

しかし、今は建て主様と請負者の関係である。いつもどのような顔をして接すれば良いのか?(笑い)

 「俺がいい家を造ってやるから!」 (あつかましい!)
 
 「この度は弊社をご指名戴きまして・・・」(媚売りすぎ!)

 結果・・・・普段着で行きます。(爆・笑!!)

「任しておいてや!!!」

 
都会の暮らしに調和する住まいを創造する参創ハウテックのHPは
                      http://www.juutaku.co.jp/

 
Posted 18:30|No.297|清水康弘よりcomments(0)
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2007 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)