・・・12人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2018.02.05 Monday:「全木協全国研修会」
 本日は標記の研修会に参加していますが、やはり全国の有名工務店が集まっています。

 さらに復興庁、内閣府、国土交通省、農林水産省等の事務方の方々も参加しています。

 主幹事としての責任を改めて痛感します。

 明日の午前は技術検討会、明後日はいよいよ実際に仮設住宅を建てます。

Posted 15:06|No.3831|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2018.02.04 Sunday:皆既月食
いつもお世話になりまして有難うございます。

1月31日に日本では2015年4月以来約3年ぶりの「皆既月食」を
見ることが出来ました。

その日は休みで、
PM6時過ぎ:車で息子を送迎時、見たことのない大きな満月の「お月さん」発見!!

PM9時前 :妻と表に出て観測?「お月さん」が欠け始める。スマホで撮影→失敗。スマホで撮影中の3軒お隣のご夫妻に遭遇。

PM10時30分過ぎ:入浴後再度、妻と表に出て観測? 完全な『皆既月食』。スマホで撮影しようとしたが、バッテリー切れの為、慌てて妻のスマホで撮影→真っ暗でほとんど分からず。
(写真:右上の白点が「お月さん」かと思います!?)

PM10時50分過ぎ:息子帰宅。「お月さん」の状況報告→息子、苦笑!?

PM11時00分過ぎ:睡魔に勝てず、『皆既月食』並びに『月食』の終わりを確認することなく熟睡!?


普段あまり意識していない「宇宙」、そして「地球」に生まれ生きているということを感じた夜でした。
Posted 16:49|No.3830|廣田大輔よりcomments(0)
▼ 2018.01.27 Saturday:「大雪でゴルフ場もクローズ」
 埼玉県のゴルフ場は、融けない雪のためどこもスキー場状態で今週月曜日から本日までの6日間クローズのところが多かったようです。

 6日間も営業ができないと、会社経営も打撃を受けますね。

 単純計算ですが、18ホールのゴルフ場で来場が40組/日程度、40組×4人×平均客単価18,000円/人=2,880,000円×6日=17,280,000円という数字になります。

 18ホールのゴルフ場で1,500〜2,000万円の売り上げ減少の上、除雪などの余計な経費もかかりますので結構大変ですね。

 因みに埼玉県にゴルフ場は85か所ありますので、雪と異常低温の影響で10数億円の経済損失になり、交通費や車のガソリン代・高速料金などを加えるとさらにその影響は大きいですね。

 どのような職業でも気候変動による絶大な影響を避けられない時代になりました。

Posted 16:35|No.3829|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2018.01.25 Thursday:「巨星堕つ」
 先週の土曜日は11月にお亡くなりになりました建築家元倉眞琴さんを偲ぶ会が執り行われ、僕も出席して参りました。

 元倉さんには会社設立以来、住宅の施工のお仕事をご紹介いただき、20年にわたりお付き合いをさせていただいておりましたが、ご本人の遺作となりましたヒルサイドテラスで行われた式典には多くの建築家が追悼に訪れました。

 元倉さんは代官山で「スタジオ建築計画」の主宰者として活躍されながら、東北芸術工科大学、東京藝術大学で建築教育に携わり、東京藝術大学名誉教授になられて、お亡くなりになる直前まで仕事をされていたそうです。

 会式の後は、ヒルサイドフォーラムへ場所を移し、遺作となりました建築模型やデザインスケッチなどの展示品を見学させていただき、まさに「巨星堕つ」を実感しました。

 心からお悔やみ申し上げます。

Posted 16:34|No.3828|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2018.01.23 Tuesday:「雪かき」
 東京は4年ぶりの大雪ということで、昨日は23cmの積雪でした。

 今朝は会社にいたスタッフ総出でショールームやパーツ事務所前の雪かきでした。

 幹線道路は交通量が多いため、積雪による影響はありませんでしたが、一歩裏道に入るとやはり結構雪が積もっていました。

 1月にこうですから、今年はあと2度ほど降雪がありそうですね。

 覚悟しておきましょう。
Posted 15:37|No.3827|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2018.01.19 Friday:「木造応急仮設住宅と全国木造建設事業協会」
 大きな地震がある度に必ず話題に上がるのが、応急仮設住宅。

 以前はそのほとんどがプレハブ住宅。
 夏は暑いし、冬は寒くて結露に悩まされる劣悪な室内環境でした。

 2011年に発生した東日本大震災後は木造応急仮設が認められるようになり、熊本地震でも木造仮設を数多く建てることができました。

 プレハブに比べると木造は室内の温熱環境は素晴らしく、まるで仮設とは思えないような快適な空間とのことです。

 東京都と全国木造建設事業協会も災害協定を締結し、当社は主幹事工務店になり、災害時のスキームをつくっています。

 詳細はこちらをご覧ください。

Posted 18:27|No.3826|清水康弘よりcomments(0)
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)