・・・12人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2017.12.04 Monday:「建築知識ビルダーズに掲載されました」
 先月初めにお引き渡しが完了した「目黒の家」(設計:堀部安嗣さん)が、建築知識ビルダーズという住宅誌に掲載されました。

 巨匠堀部さんの意匠デザイン、温熱環境(パッシブ冷暖)、公園の借景といい、どれをとっても珠玉の家です。

 新建築住宅特集にも掲載が予定されていますが、温熱環境という目に見えない別の切り口からの取材で掲載されていました。

*参創ハウテックのパブリシティ情報はこちら

Posted 15:27|No.3815|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2017.12.02 Saturday:「東京家づくり工務店の会の定期会合」
 昨日(12/1)は東京家づくり工務店の会(TO-IZ)の定期会合。

 空家対策の一環として取り組む「街ごとリノベ」の代表理事荒川さんを囲んでの会でした。

 まずは、ここまでの進捗状況、さらに今後の取り組みについてTO-IZメンバーからもいろいろな意見が・・・・。

 空家≒放置住宅に陥る前の対策が極めて大切だという意見が出ていました。

 会合の後は、TO-IZ忘年会。
 お酒の力も借りながら無礼講トーク、本音トーク。

 それにしても皆さんはいろいろな情報を持っていますね。

 ひとまずTO-IZはこれで年越し出来そうです。

Posted 15:26|No.3814|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2017.12.03 Sunday:縁起がいいタクシー!?
いつもお世話になりまして有難うございます。

今年も早いものでもあっという間に「師走」になりました。
ということで、年末の我が家の恒例行事?のお墓参りに行ってきました。

こちらは母方の祖父母のお墓で、ここ数年、雲海で有名な兵庫県朝来市和田山の「天空の城・竹田城跡」の近くにあり、妻と毎年この時期にお寺さんへのご挨拶とお参りに行っております。

以前は車で行っていたのですが、電車好きの妻のリクエスト?というよりか、昼食時の一杯と、帰路時の車窓を眺めながらの一杯、二杯が最高で夫婦ではまり、ここ数年電車で「和田山駅」まで行き、そこからタクシーを利用しております。

その時お世話になったのがキャラクターも名前もとても縁起が良さそうな「ふく福タクシー」です。

実は昨年も同じ会社のタクシーにお世話になり、
今年もお世話になることができて、2年連続でラッキーでした。

これもご先祖様のおかげです!?
やはりお墓参りはいいですね!!
Posted 10:24|No.3813|廣田大輔よりcomments(0)
▼ 2017.11.20 Monday:「税と経営」
 11月13日(月)発行の「税と経営−Tax & Management」に取材記事が掲載されました。
 昭和36年発刊の税務・労務・経営の総合情報専門誌です。

 「経営アドバイスに役立つ企業の高付加価値化事例」ということで、弊社の取組みが事例として紹介されています。

 2ページのスペースながら、弊社の事業について簡潔にまとめて頂きました。
Posted 17:48|No.3812|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2017.11.14 Tuesday:「満足度120%の家づくり」
 おかげさまで「つくり手の会」特別編集号の第2弾が11/9(木)に発売となりました。

 「あなたの地域の実力派工務店が建てる!満足度120%の家づくり」というタイトルです。
 住宅誌「住まいの設計」の特別編集号として扶桑社より発行され、全国の書店で販売されております。

 地域の実力派工務店が設計施工して建てた住宅実例を19件掲載、幸せな家づくりに成功した建て主さんの暮らしが紹介されています。
 また、温熱環境の第一人者である「住まいと環境社」の野池政宏氏に、パッシブデザインの解説記事を監修して頂きました。

 これから家づくりの計画を進めるかたにおすすめの一冊です。
 ぜひご覧くださいね。

 Amazonでもご購入いただけます。

Posted 14:38|No.3811|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2017.11.04 Saturday:鹿との遭遇
いつもお世話になっております。

今朝の出勤時にペアの「鹿」と遭遇しました!!

20数年来、出勤時に通っている「東山ドライブウェイ」で「猿」は何度か遭遇したことがあり、実は10日ほど前にも、1匹の大きな「猿」が車を無視して道路を堂々と歩いているのを見かけました!?

ただ、「鹿」は初めてでビックリ!!ペアであまりに可愛らしかったので、思わず車を止めてシャッターを切りました。

野生の動物が食べるものがなくなり、人里におりてきているとよく聞きますが、今回そのことを身近に感じました。

「猿」、そして「鹿」、次は何と遭遇するのでしょうか!?

Posted 11:08|No.3810|廣田大輔よりcomments(0)
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)