・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2010.10.24 Sunday:大盛況?!
だけど、彼らをみていると
私もキャラクターになりたいと思った。
『で、何になりたいの??』って??

『そりゃ〜・・・・・、

タイガーマスク!でしょっ!!』

とにかく、今日のガス展は大盛況!
弊社のブースには、目が回る程のご来場!
ほんと、なにかが起きている??!

明日が最終日。
弊社の売れっ子キャラクター、
★スーパーリフォームちゃんや、
★平屋建てくんに会いたい方は、
新潟産業振興センターへGO!!

そうそう、『ちょっとプレミアムな・・・』
コンテストへの投票もお願いしますね。


Posted 0:13|No.1607|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2010.10.25 Monday:「省エネを語るにしても、いろいろあり過ぎまして・・・」
 まず、添付の図をご覧下さい。
 上図と下図の違いがおわかりになりますか?

 最近、家づくりセミナーなどでこの図を使って一般の方にも説明しています。
 ハウスメーカーで供給する住宅はもちろん下図。
 弊社が目指す家づくりは上図です。

 計画地が都心部の狭小地でも、どのように自然エネルギーを活用するか、さらに同時に快適性を求めていくのか?
 その最適解にいつも向き合っています。

 最近は民主党の一部議員からも、日本にパッシブハウスを!という声がちらほら聞こえてきます。
 でも一口にパッシブと言っても簡単にできる訳ではありません。
 日本の四季を無視した家づくりはあまり容認できません。性能をしっかり担保しながら、季節や天候、日射時間を考慮して、開けたり・閉じたりできるのが理想的なパッシブハウスです。

 弊社が目指すのは、世界基準ではなく、日本基準です。

Posted 10:47|No.1608|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2010.10.25 Monday:「冬と夏の省エネ対策」
 弊社が造る家は、次世代省エネ基準をクリアしていますが、冬の暖房を効率よく使い、熱を逃げにくくするためには、何と言っても開口部を考えることが大切です。

 図のように、冬は窓から室内の熱が約58%程度逃げてしまいますので、窓の性能や形状を考えたいところですね。

 冬対策のためのサッシやガラスの性能を示す基準は主に熱貫流率、U値で表します。

 ※熱還流率:断熱性能を示す数値(単位U=W/u・K)で、壁などの部位において、室内から外気のへの熱の通りやすさをいいいます。断熱性能良い窓や壁は熱貫流率の値が小さくなります。

 また、逆に夏対策は窓から約73%程度の熱が入ってきます。今年のような暑い夏は、忌々しい日射を遮る工夫が必要です。
 夏対策は日射遮蔽、μ(ミュー)値が決め手になります。

 冬は保温したい、夏は排熱したい。
 この二律背反した課題に取組むところが省エネや温熱を解く難しさでもあります。

 (図の出展:財団法人建築環境・省エネルギー機構「住宅の省エネ基準早わかりガイド)

Posted 10:48|No.1609|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2010.10.25 Monday:次回完成見学会
次回完成見学会は、


タイトルが
『function の丘の
シナモンロール』


長期優良住宅
高気密高断熱
外張断熱
混構造(RC造+SE構法)
本格的地下室(オーディオルーム)
HONDA製太陽光発電システム
重量木骨の家
本格的地下室付き木造三階建て
C値・・・・
Q値・・・・
μ値・・・・・
本格オーディオルーム
フルハイビジョン
ホームエレベーター
ホームセキュリティー
屋上リビング
屋上からネクスト21が観える
新潟祭りの花火が観える
壁のほとんどが『たまご壁』
オーダー家具
たっぷり収納
リビングの勾配天井
高級ステンレレスキッチン

その他にも沢山の特徴があります。

だから、是非ッ!是非ッ!
観に来てくださいねッ!



Posted 17:09|No.1610|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2010.10.25 Monday:新潟の強烈木造三階建て
昨日の『ガス展』での弊社ブースに
青レンジャーが遊びに来てた?!

なんだかとっても、暇そうだった。
キャラクターショーでの出番が来るまで
弊社のカワムラ教授と遊んでた。

さて、来月はシアタールームや、ホームエレベーター、
甲子園球場にも搭載された、あのッ!HONDA製
太陽光発電システムもついたお住まいの完成見学会。

その家のタイトルは、
『シナモンロール』
地下一階+木造三階建て。

是非、観に来てくださいね。
Posted 19:52|No.1611|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2010.10.25 Monday:プロレス、、、、、
なぜかプロレスのスポンサーになりました。

(と言っても、Tシャツ作ってあげただけですけど)



奈良県にあるプロレス団体



万葉プロレスです。



代表の‘夢幻戦士まほろば‘さんとふとしたことで知り合いになり



彼と話したところものすごく共感するところがあり



『それなら、何か応援させてください。』と

Tシャツを贈呈しました。



彼曰く、

『小さい時、親父とプロレス見に行ったんです、
帰り道、親父と話がはずんで、家に帰ってからも
親父と、あのレスラー強かったねとか、かっこよかったね
なんて、ものすごく楽しかったんです。』



『いま子供とお父さんに共通の話題になって
楽しく話が家庭でできればいいなぁと思って』と。



いい話です。



いまどきこんな思いで

一円の金にもならないことをやっている人がいるのには

驚きでした。



今まで、いくつもの試合に出たけど

ファイトマネーは一番多い時で

1万円だったそうです。



東京まで行ってそれだけだったそう。



ほとんど、3000円とかだけらしい。



交通費考えると完全に赤だそう。



しかし、思いに感動しました。



リングなども、自分たちで設営するし、

そのレンタル費用も自分もち



もちろん、自分たちで

試合を組むことなんてまだまだできないそう。

興業なんてとてもじゃないそうです。



それでも、大阪へ出かけていって練習しているそう。



応援したくなりました。



それで、Tシャツ贈呈しました。


Posted 21:11|No.1612|笹川晋也よりcomments(0)
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< December 2010 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)