・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2008.09.01 Monday:降水が欲しい処に降らない
地方新聞の引用ですが、四国の水がめ
早明浦ダム(高知県)の利水容量が、31
日AM10:00にゼロになり、水没していた
旧大川村役場も完全に姿を現したそうだ。
上流の降水量は7月から8月31日までに
約254ミリ(平年966.7ミリ)と1975年のダ
ム運用開始以来最小を記録している。
ダムに残っている発電用水を水道用水に
転用する緊急放流を始めたようだ。

同ダムには、貯水量にカウントされない発電用水が2600万トンある。
緊急放流は、香川用水に16万4000トン、徳島用水に16万8400トンを供給。(78日分をまかなえる)

わりと近くの場所では、たっぷりと降水があるのに、降って欲しい処には、雨が降らないようだ。香川県は、他には弘法大師が提唱したため池があるだけですが、徳島県は、数カ所ダムがあります。
貯水量は満水状態のようです。東海以東の最近のゲリラ豪雨程ではないですが、300ミリ/日程度は降っているようです。そもそもダムのある場所は降水が多いところに造るはずなのに何かがおかしくなっているようです。
米国では、最大の5レベルのハリケーンが直撃の恐れがあり190万人が避難したようです。

天変地変が起こっているようです。地球温暖化対策も至急ですが、地震・台風・ゲリラ豪雨に対して、即、対応出来る対策づくりが急務です。

私達つくり手も、以前は四国の温暖地では、夏の遮熱と台風対策を考慮しておけばよかったのですが、これからは何処で何が起こるか解らなくなってきました。右脳の容量はかなり少ないのですが、頑張っていろんな事を詰め込む必要があるようです。


Posted 17:46|No.875|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2008.09.02 Tuesday:着工式。
昨日夕方6時より

生駒郡‘S‘様の着工式を
事務所で執り行いました。

この着工式は

‘職人の顔みせする‘
‘施主様‘の顔を覚える‘

そして、施主様の顔を思い浮かべながら
心をこめて仕事する。

という思いがこもっています。

私の挨拶から始まって
社員の挨拶
職人の挨拶と心構えを

一人ずつ発表して

最後に、施主様に一言喋っていただきます。

昨日は
『どうして当社を選んでいただいたのか
最後は2社に絞ったのですが
エーティーエムさんにした理由は、、、』ということを言っていただき

感激しました。

このような、簡素な式に
現場作業着で来る職人さん

でも駆けつける職人さんに感謝するとともに
一層気を引き締めて

心をこめて家づくりしていきたいと思います。


「強くて暖かい大空間のお値打ち住宅」    http://www.atm-home.co.jp
Posted 19:59|No.876|笹川晋也よりcomments(0)
▼ 2008.09.02 Tuesday:まだまだチョーフル回転!
日は、クライアント様との打合せに明け暮れ・・・

 いよいよ、怒涛の如く!2週連続の見学会、上棟が続く9月が幕を開けた!!!

 そして、いよいよ本日より地元の敦賀祭りが開催されています!

 今月は、今まで人生の中で10本の指に入る忙しい月となりそうです。

  来月も見学会そしていよいよ・・・

  福井県初!パチパチ!

 福井県で唯一弊社だけが可能な、超長期先導的モデル事業!

 200年住宅の建設に向け、設計が本格化して行きます!

  今年のスケジュールは全て埋まってしまいました。

  すいません・・・。来年も少しづつ日程が決まってきています。

  順番待ちをして頂いておられますクライアント様には本当に申し分けなく

  思っております。 

 順次、設計を進めて参りますので、今しばらくお待ちくださいませ!

   ちなみに・・・

   これが弊社の建てる200年住宅!良く見えない(笑)?

  見学会まで!乞うご期待!
  
    あと・・・オールアバウトでの展開も乞うご期待!

  日本のトップレベルの皆様と共に、更にトップレベルを目指します!

   For The Customer 〜全ては顧客のために〜  

http://hac.meblog.biz/
Posted 22:48|No.877|浜田肇一よりcomments(0)
▼ 2008.09.03 Wednesday:海の家の解体が始まりました
暑い夏も終わりでしょうか?

逗子海岸の「海の家」の解体が始まりました。
本当に今年の夏は『チョ〜』暑い夏でしたから
逗子海岸も多くの海水浴客で賑わいました。

来られた方の人数もここ数年で最高の
人数になったようです。

色々な形の海の家がありましたので朝の散歩で
建物を見るだけでも楽しむ事が出来ました。

この頃の海の家は西瓜、カキ氷、焼きそば
ラーメンなんて食べ物の販売ではないんですね!!

焼肉があったり、イタリアンがあったり
ショットバーがあったり、音楽もレゲエ
があったり、ロックだったりして
無国籍状態の『町』が作られていました。

今年は相当海の家の経営者は儲かったでしょう。

しかしこれから数日間であの夏の喧騒が
うそのように静かになっていくのでしょうね。
ちょっぴり寂しいですね。

♪♪今はもう秋 誰もいない海
知らん顔して人が行過ぎても
私は忘れない 海に約束したから
・ ・・・・・・・・・・・♪♪

トワエ モワの世界ですね

Posted 20:01|No.878|畑木明雄よりcomments(0)
▼ 2008.09.04 Thursday:自然素材の変化の美しさ
 11年前に鉄骨造の平屋建ての増築を
させて頂いた時、給湯器がほぼ新品で
あった為、そのまま使用していたのです
が、この度エコキュートに入替え、オール
電化住宅に変更させて頂きました。

 当時のご注文は、天井高は4mは欲し
い事と、エントランスギャラリーを希望します。
後はお任せします。ということでした。

既設の木造住宅の増築部分(32坪)を残して古い部分を解体して鉄骨造で増築をしました。エントランスギャラリー・リビング・ダイニング・キッチンの天井高3.7mの33坪ワンルームの増築を快諾して頂いた文化意識の高いご経験豊富なご夫婦です。

北と西の二方接道になり、計画上その道路と平行に計画する必要があった為、外壁は杉板南京下見張り(無塗装)として、通風のための窓の存在を出来るだけ消すようにし、エントランスへの白いトンネルは、仕上げを替えて外壁はメクラに見えるようにしました。この杉板の風合いがとても素晴らしく、自分で感動致しました。
 主開口部は、西の庭に面する部分に2×12のトランザムと2×6のバックマリオンで構成した木製のカーテンウォールと、64°の鋭角の西北の出隅部分の上部コーナーを切り落としてスカイライトとしています。

この主開口部は、あくまで外から被せたように見せたかった為に、いろいろと設計納まり上苦労致しました(スカイライト周辺の水切、結露水の排水経路等)が、現在の処漏水はありません。
スチール組のスカイライトとCWのトランザムカバーのアルミのFBは、グラファイトペイントで仕上げましたが、此方もいい味を出していました。
唯一、立樋に使用したカラーGL鋼板が、塩害地域ゆえに一ヶ所腐食していた部分があったのが残念です。
やはり本物の素材は、工業製品と違って朽ちていく美しさがあります。

Posted 15:05|No.879|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2008.09.06 Saturday:『ジェイソン・ボーンとベルギー』
今日は、水島町にてのオープンハウス。瀟洒で大型の住まいの見学会。予定通りの来訪者があった。昨日の歯科治療に手違いがあったのか昨夜から今朝にかけては、ジェイソン・ボーンが受ける拷問のような時を過ごす。あまりの痛みに今朝は、急ぎ歯科に駆け込んだ。
私にはよく分からないが、相当に良くない症状らしく
形取りから、治療まで先生が担当してくださった。


治療が終わるまで約二時間。
アケッパの口は、
このまま閉まらない面立ちになってしまうのではないか!?と
心配するくらいの開けっぷり!だった。
そう、一年分位の開けっぷりになるだろうか?
そして、治療が終了したときには、気を失いそうになった。
情けないかな、加齢と老化は、誰にも止められない。
だからこそ、明日の生活を充実させたい!と強く思う今日このごろ。
1日の価値をかみ締めている今日このごろになる。

終了して帰宅する。
今日は、散らし寿司と秋刀魚、餃子に焼きそば。
支離滅裂なご馳走になるが、デザートの葡萄がうまかった。
昨日からスパ・フランコルシャンでは、F1ベルギーGPが始まっている。
日本勢や、気になるライコネンには頑張ってほしい。
そういえば、この世界も省エネに懸命だ。
来年からは
『回生ブレーキシステム』による省エネ技術が取り入れられる模様。
オルタネーターを加速時にはクラッチを切ることで使わず、ブ
レーキ時だけで発電する。
立派なハイブリッドシステムになる。

建築熱中集団!!松岡グループ
http://www.matsuoka-archi.com

Posted 21:07|No.880|清水康弘よりcomments(0)
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2008 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)