・・・12人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2018.04.08 Sunday:54期のスタート
いつもお世話になりまして有難うございます。

お陰様で4月1日より4名の新入社員(キャリア採用1名の計5名)を迎え、新たに54期をスタートすることが出来ました。

4月2日に「入社式」「創立記念式典」、また「54期事業計画(ビジョン)」発表を行いました。
その後は「新入社員歓迎会」を平成29年度「京都府の現代の名工」(京都府優秀技能者表彰)洋食部門を受賞された津田シェフの美味しい料理をいただきながら、全スタッフと楽しい時間を過ごすことが出来ました。

こちらの会には、53期に65歳で定年退職されたO元部長、また、新卒で入社してから21年間にわたりインテリアコーディネーターとして活躍し、大変残念ながらご家庭の事情で地元にもどられるとのことで3月31日に退職されたK元係長にも参加いただきました。

新たにチームに加わってくれた5名、また、私共の「建物づくり」に多大な貢献をいただいた退職された方々、そして日夜お客様の大切な「建物づくり」に各部門で尽力しているスタッフを見ていると、手前味噌ながら本当に、良いメンバー、良いチームで、仕事をさせていただけているなと感謝の念に尽きません。

54期もこのメンバーで「社是のこころ」また今期のスローガン「初心に返り、凡事徹底」、そしてデザオ建設のテーマ「品質∞礼節」を常に意識しながら、お客様の大切な「建物づくり」に尽力して参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
Posted 19:40|No.3839|廣田大輔よりcomments(0)
▼ 2018.04.07 Saturday:「怒涛の日々」
 4月1日から新しい期がはじまりました。

 3月末竣工の新築現場が6棟、加えて大型改修工事も数多くあり、お引き渡しは東奔西走の忙しさでした。


 また軽井沢の別荘建築部門もOBのお客様からの有難いご紹介などで順調に立ち上がり、パーツ販売やパッシブ冷暖事業も盛り上がってきました。

 社長の仕事とは、やはり需要創造なのでしょうか?改めてそう思いました。

 前期は完工売上高が数年ぶりに15億円を超え、会社全体をまた成長軌道に載せることができたと思います。

 それでも謙虚さを忘れずに、トライし続けたいと思います。

Posted 15:32|No.3838|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2018.03.31 Saturday:「驚異の気密性能」
 今週、軽井沢の建築現場で気密測定を行いました。

 何と気密0.1cu/uを切る快挙でした。
 小数点2以下で切上げするため、数値としては0.1でしたが、実際には限りなく0に近い数値を出すことができました。

 気密性能は、断熱性能に相俟って考えるべき課題です。

 高気密高断熱という言葉は、お互いに性能を補完し、連動しあう関係にありますから、「中気密で良い」とか「高断熱にすれば気密もとれる」という議論にはなりません。

Posted 14:06|No.3837|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2018.03.29 Thursday:「SADOU HOSTEL」
 昨夏から工事を進めてきました、東上野プロジェクト改修工事の引渡しが昨日完了しました。

 大規模修繕だったこともあり、オフィスビルからホテルへの用途変更手続きや消防法上の適合審査など多岐にわたったため、設計は建築家イン・ハウス建築計画の中西ヒロツグさんにお願いしました。

 予定通り良い仕事ができて、クライアントのデベさんからも評価していただきました。

ホテルの名称は「SADOU HOSTEL」。アメ横や浅草、上野動物園も近いですから人気が出そうです。

Posted 11:11|No.3836|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2018.03.24 Saturday:上賀茂神社の桜
いつもお世話になりまして誠に有難うございます。

先日の休みに、妻、息子とお彼岸の「お墓参り」と「上賀茂神社」への参拝に行って来ました。

毎年家族で初詣に行っているのですが、今年は息子だけ行けなかったので、今回は三人揃って参拝してまいりました。

お正月の賑わいではゆっくりと観ることができなかった建物も今回は観ることができました。

未だ3分、4分咲きでしたが、「桜」も堪能でき、厳かな雰囲気の中、参拝させていただきました。
 

Posted 17:01|No.3835|廣田大輔よりcomments(0)
▼ 2018.02.25 Sunday:春の訪れ!?
いつもお世話になりまして有り難うございます。

まだまだ朝夕は冷え込みが厳しいですが、日中の陽射しは少しずつ春の訪れを感じさせるものとなってきました。

我が家でも毎年その訪れを感じさせてくれるのが、花壇の「水仙の花の芽」です。

今冬より初めて「メグスリノキ」の廻りを「苔」が一面覆うようになり、「苔」好き?としては中々嬉しく、毎朝の出勤時に眺めるのを楽しみにしておりました。

その「苔」の一部が数日前から突然が隆起し、不思議に思っていたのですが、その原因がわかりました。

「苔」の下で春の訪れを、まだかまだかと待っていた「水仙の芽」が力強く「苔」を押し上げていたのでした。
    
やっぱり春の訪れは嬉しく、ワクワクします!

Posted 10:12|No.3834|廣田大輔よりcomments(0)
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)