・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2007.11.12 Monday:積算という仕事・・・。
 先週の土曜日に、建築積算資格者なる

資格の更新講習会に行ってきました。

これで取得以来、3回目の更新講習です。

 積算って?と思われる方も多いかと思います。

ですが、家づくりにはこの積算の仕事が、

ある意味設計や現場の業務より大変重要になることが

多々あります。

 それは、この積算という仕事がコストコントロールをしたり、

工事費を出したり、概算見積を算出す為の作業だからです。

 積算をするには、現場の経験はもとより、

設計の意図を汲んだり、図面をよみながら、頭の中で

建物を建てていく、そんな能力がなければ、出来ない

業務です。

 よく、現場の事をよく知らない設計者の方は、

相見積という形で、適正価格を知ろうとします。

 私は、相見積が良いかどうかは分かりませんが、

相見積をしてただ単にコストだけを追求して行けば

施工品質が落ちるだけですし、建材や資材も

全て商品名まで決めて見積をとらなければ意味がありません。

また、見積をする建築会社は、VEという名の元に設計変更を

見据えて出来るだけ安い値段を入れようとします。

 車や電化製品のようにまったく同じものを相見積りするのとは

住宅は違います。ISOの認証を取っている会社と

取っていない会社とでは品質の基準が有る無いの違いがあり

ますし、現場監督が専属で付く会社と、何十件もかけ持ちして

段取りだけで、下請け任せの会社も有ります。

 下請け任せの会社は、管理をするコストを減らす事が出来ますが、

しっかりした施工を心がけた会社は管理する部分にコストを

かけます。

 仕事の中身が全く違う会社と相見積を取っても意味がありません。

コストだけを追求すれば、下請け任せの会社に軍配が上がりそう

ですね。

 予算内で住宅を建てようと思うならば、基本プラン、基本設計、

実施設計の各段階で概算金額を把握しながら、設計を進めて行き、

設計価格を決めてから相見積をとる(公共工事がそうです。)、

そんな作業が必要になります。

 つまり・・・ただ単に相見積を取って適正価格を割り出そうとしても

適正かどうかなんて分からないという事になります。

 そのために、建築積算資格者というコストをコントロールできる、

適正なコストを把握できるプロフェッショナルが存在します。

 建築の積算、見積のプロが、本当の適正な価格を知っています・・・。

For The Customer 〜全てはお客様の笑顔のために〜

http://hac.meblog.biz/
Posted 21:48|No.359|浜田肇一よりcomments(0)
▼ 2007.11.13 Tuesday:『吉本興業の家つくり』
今日、大事な手紙(はがき)を落としてしまった。
いつものカバンのサイドポケットに
忍ばせておいたのがいけなかった。
地元、北越銀行女池支店のT氏が
十年前の、闇にまぎれていた個人の口座を
復活させてくださったことに対する『礼状』だ。

それにしても、私は、『モノ』をよく紛失する。

さてさて、
先日、東京ミッドタウンで行われた『あたり前の家ネットワーク』の
会議に参加して感じたことは、『家つくりのつくり手』としての能力、
すなわち工学、言語、論理、美術、芸能、運動、音楽、歴史など
多彩な才能を一まとめにする能力が問われているように強く思った。

言い換えると、または、一つにまとめてみるとすれば
、『時間のデザイン』能力が必要となっているようだ。
住宅の耐久性、寿命が長くなることと文化、科学が
超高度化した今、『時間を設計する』ことが求められているようだ。

更に加えるならば、『お笑い』も大切な一つの要綱だと思う。
例えば、吉本興業が総合大学を興したとしたら、
きっと素敵なキャンパスになり、
多彩な学者、教師、実業家、騎士、関取、看護士、
アスリート、ジャーナリスト等を輩出するのかもしれない。

繰り返すが、それらを『ひとまとめ』に出来る能力が
これからの『つくり手』には重要だと思う。

一時期に比べ、画一的な商品群は影を潜め、
オンリーワン、ひとつの個性が全面に押し出てきている。
画一的な『すまい』よりも、より個性的であり、
その人の個性を更に引き出すような
『すまい』が求められているようだ。

そして、私たちは『すまうこと』を通じて、
子供たちやその家族に、夢と希望を示せるような
『すまい造り』をめざしている。

『我が家の教育方針の根幹は、
豊かな時間が過ごせる楽しい家をつくることから始まります。』なんて、楽しい家族にめぐり合えている今日この頃。

それにしても、『ブリーズ・ライト』の効きはいい。
目覚めがスッキリしてきた。しかし、副作用か、
鼻っ柱に吹き出物が出てきてしまった。

■建築熱中集団!! 松岡グループ
http://www.matsuoka-archi.com
Posted 13:04|No.360|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2007.11.14 Wednesday:「渡邊さんと共に卒業」
 新潟の渡邉さんに追いつかれてしまいました。日本メンタルヘルス協会(主宰 衛藤信之氏)の研究コースの卒業式のことです。
 
二人ともめでたく揃って卒業です。

先日(11月10日)大阪日航ホテルで開催された卒業式には全国から、400名余りの卒業生が集まり、約6時間にもわたる式典が開催されました。

 本当に様々な職業と年齢の方が集まり、感動の式典でした。

 
私は2年半前、経営者としての自分に迷いを感じ始めたときです。公私に渡り信頼できる友人から紹介され、体験セミナーを受講しました。

話を聞いた時は、ちょっと怪しいと思いましたが、受講して驚愕!!

泣いたり笑ったりとまるでジェットコースターに乗っているような3時間。
とてもためになること、まずは基礎コース受講。


週一ペースで前編4回は順調に受講。後編8回は正直途中で挫折。2ヶ月修了する予定が、その3倍。半年もかけてしまったのです。

その時の自分なりの言い訳は、仕事が忙しいからというもので、今思うと自分に向き合うことを避けていたのです。

気持ちを入れ直し、何とか基礎コースを修了した時のことです。

                    ・・・続く
(次回新潟の渡邊さんが受講した理由が明らかに!また、キリガヤの畑木さんも体験セミナーに参加)



都会の暮らしに調和する住まいを創造する参創ハウテックのHPはhttp://www.juutaku.co.jp/

Posted 0:03|No.361|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2007.11.14 Wednesday:「渡邉さんと共に卒業 2」
新潟の渡邉さんを訪ねた時のことです。 渡邉さんの言動に接しているとまるで自分自身と接しているようで不思議な気持ちになったのです。

 私たちは同じ経営者ですから、失敗は許されないし、また良く細かいことに気付く。

それ故、絶えず先を急いでいるようで、焦れば焦るほど社内のコミュニケーションが上手く行かなくなる。

 「俺と同じだア。」と、妙に親近感を抱いてしまったのです。

 「渡邉さん!今自分が少し嵌っている心理学セミナーがあるのだけど、体験セミナーに来ない。」

 そしてある日、渡邉さんがわざわざ上京して体験セミナーに参加したのです。

セミナー受講後に、つくり手の悩み、経営者の孤独感、会社の未来、住宅についてなど夜遅くまで

飲んで意見交換したことを思い出します。

新潟から毎週のように基礎コース受講にチャレンジする渡邉さん。

自分を少しでも見つめ直そうと紹介者でもある私の背中を押してくれたのが、実は渡邉さんでした。

 私は研究コースも受講。昨年11月に受講は修了しておりましたが、1年待って、研究コースまで進んで私に追いついた渡邉さんと共に卒業となったわけです。

「おっさん同士の誓い」でした。




日本メンタルヘルス協会のHPです。  http://www.mental.co.jp/

主宰責任者の衛藤 信之氏は多くの著名企業の顧問としてご活躍されています。吉本興業風心理学とも評され、ご活躍されています。


Posted 18:04|No.362|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2007.11.15 Thursday:「つくり手 浜田さん来社!!」
 昨日、新メンバーの浜田さんが、弊社のekreaショールームへ来場されました。

 じっくりお話させていただいたのは初めてですが、とても立派な思想をお持ちの方だなぁと改めて感服いたしました。

 思想の詳細は浜田さんのブログなどを読んでいただければ幸甚です。

敦賀で働く社長のブログ

一言で言うと、

「福井県の敦賀という地域社会の将来を心から考えているところです。」

浜田さんの話を聞くうちに、つくり手としての責任をひしひしと感じました。

追伸:本日敦賀に帰ると聞いております。奥様から依頼があったクリスピードーナッツを買えるかどうか少し心配しています。



都会の暮らしに調和する住まいを創造する参創ハウテックのHPは
 http://www.juutaku.co.jp/
Posted 11:55|No.363|清水康弘よりcomments(3)
▼ 2007.11.15 Thursday:デザイナーズマンション!!!!?
今日西畑君が、インターネットで
デザイナーズマンションを見つけて

「社長、一緒に見に行ってください」
というので、原田君も連れて一緒に見に行ってきました。

仲介しているのは
付き合いのある‘ミキホーム‘

前もって電話して、3時に待ち合わせして
見に行ってきました。

階段に入るところがオートロック、
そして、各部屋に入る前にもう一回ロックがあって、

それからベランダを通って部屋に入る

ベランダなので、玄関がガラス張り、

向かい側に一面窓
そこにめんしてガラス張りの

トイレとお風呂。

「こんなとこ、住めんわ!」というと

西畑君、目が‘ハート‘状態。
「めっちゃ気に入った」

「住みたい住みたい!」

「やめとき、」

「仮申し込みします」

「勝手にしなはれ」と

いろいろ問答して帰ってきました。


家賃は56000円と共益費4000円

高い!!!

「強くて暖かい大空間のお値打ち住宅」   http://www.atm-home.co.jp

Posted 16:51|No.364|笹川晋也よりcomments(1)
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2007 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)