・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2010.12.06 Monday:私とハワイアン音楽@
私がハワイアン音楽に正式にと言いますか
出会ったのは大学に入ったころです。

昭和42年(1967年)ですから相当前になります。
私は当時ハワイアン音楽を全く知らなかった訳では
ありません。

巷では夏になりますと
大橋節夫とハニーアイランダース
ポス宮崎とコニーアイランダース
バッキー白方とアロハハワイアンズなどに
代表されるバンドが大いにもてはやされて
ハワイアンミュージックが全盛でした。

その他に山口銀二、山口軍一兄弟
大塚竜夫、ジョージ松下さんなど数えきれないほどの
演奏者・バンドがおりました。

マヒナスターズもそうでした。

それでも正式にと言いましたのは新入生歓迎ガイダンスで
生演奏を聴いて、しかも学生バンドの人たちがプロのように
いえいえプロ以上に上手に演奏をしていたのを
見てえらく感激したものです。

もともと受験勉強時代は「大学に入ったら音楽をしよう
それもギターをしたい」と思っていましたので
ギタークラブやマンドリンクラブなどより
演奏して歌って衣装を着て  格好よくて
プロみたいだ、学生レベルじゃないと言うことで
軽い考えもありましてそのまま軽音楽部に入部して
ハワイアン音楽にのめりこんで行ったのです。

これからいろいろそのあたりを順次お話ししていこうと
思っています。

まず最初に購入したのはアルフレッド アパカ
と言う方のレコードでした。

ハワイでは大変有名な人で、今でいうハワイアン音楽の
大御所と言った方です。

素晴らしい歌声に次第に魅了されていきました。
この方の素晴らしさは次回お話を致します。

Posted 21:52|No.1691|畑木明雄よりcomments(0)
▼ 2010.12.07 Tuesday:「上棟式」
 4日(土)は在来工法の2階建てとSE構法の3階建ての現場の同時見学会がありました。
 そして生憎私は参加できませんでしたが、在来の現場で上棟式もあり、弊社の現場監督や設計スタッフが参加して参りました。

 この現場は今年国土交通省から採択された「東京/森の木の家プロジェクト3」によるものです。
 建て主様にも大変喜んでいただいたようで、本当にありがたい事です。

 弊社は在来工法で耐震等級2以上、SE構法の場合は同じレベル若しくは出来る限り3等級にもっていくようにしています。
 どちらの工法にしてもまずはお客様の安心を担保ですね。

Posted 10:09|No.1692|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2010.12.08 Wednesday:「頑張っている工務店を応援しよう!」
 野池政宏さんと広島のエヌテックさんでつくった「パッシブデザイン」という本がアマゾンランキングで17位まで上がりました。
 18位が福山雅治さんの本ですから、まずまずの快挙のようです。

 先ほどはわざわざエヌテックさんの野坂社長と松下姉さんから電話を戴き、その快挙を讃えあったところです。
 私も含め、会社で2冊購入させていただきました。
 私はまだチラ読みしかしていませんが、結構良い本だと評判を呼んでします。
 皆さんも是非購入してパッシブデザインのことを勉強して下さいね。

 設備を失うとすべてを失う家づくりではなく、自然エネルギーをいかに活用した家づくりを探求するかというテーマ作られていて、参考になりますから・・・。

 東京在住の方は、紀伊国屋書店で(いろいろシガラミあり)、地方の方はAmazonで購入願います。

 エヌテックさんも頑張ってくださいね。弊社も追いつけ追い越せで頑張ります。

 追伸:後程3位にまで上がったそうです。お見事、本当の快挙でした。

Posted 10:02|No.1693|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2010.12.09 Thursday:私とハワイアン音楽A
アルフレッド アパカ

前回ハワイアン歌手アルフレッド アパカを
ハワイアン音楽界の大御所とご紹介しました。

アパカは本当に素晴らしい声を持っていた方でその歌声で
一世を風靡したと言っても過言ではない方でした。

今でもレコードを聴きますと、古さを全く感じさせない
つややかな歌声に圧倒されます。

彼はアメリカ本土のレキシントンホテルの
ハワイアンルームに出演するほど名声を誇りました。

このホテルに出演できると言うことは当時
ハワイアンミュージシャンとしてアカデミー賞を
貰ったも同然の快挙だったようです。

残念ながら日本には来ていません。

アパカは1913年3月カウアイ島で生まれました。

正式な名前はアルフレッド・アホロ・アパカ・ジュニア―
と言うそうです。

彼は単なるハワイアンのシンガーではなかったようです。

1959年ハワイが州に昇格してからは、州旗(旧ハワイ王国国旗)
や州花(ハイビスカス)と共にハワイの人たちは
アパカを誇ったとの事です。

いわば彼はハワイを代表するシンボルであったようです。

しかしハワイの人たちがアパカを誇ったのも束の間
わずか5か月後の1960年1月に心臓まひで
亡くなってしまいました。

亡くなるまでの間彼はエブリーエドワーズの
『ハワイコールズ』ではメインボーカリストして大活躍をして
おびただしい数のレコードを吹き込んだようです。

CDにも焼き直されていますので一度是非お聞きください。
ハワイアンスピリッツが感じられるかもしれません。

Posted 08:56|No.1694|畑木明雄よりcomments(0)
▼ 2010.12.08 Wednesday:レオナルド・ダ・ビンチ
『ブラッド・ダイアモンド』や、『デパーテッド』の
デカプリオは、特にカッコいいが、
『受胎告知』を描いたレオナルドもカッコいい。
彼の描いた『受胎告知』は、気品と崇高さが表現されているが、
シモーネ・マルティニの『受胎告知』も、ゴージャスで好き。
先日、新約聖書に描かれたその場面を読み込むと、
アラ・アンジェリコの『受胎告知』が
最も臨場感があるように私は感じた。
アラ・アンジェリコ、恥ずかしながら知りませんでした^^;
Posted 08:36|No.1695|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2010.12.10 Friday:ガソリン価格が1000円!?
愛車は、14年前のスーパーカー??
もちろん、ガソリンで動く。
現在、欧州でのガソリン価格は、
日本よりも、かなり高いことはご承知の事実。
あと十年後?、その価格は1000円/リットルになるらしい!?
数年前、◯◯大臣だったS先生は、そう予告。
Posted 08:38|No.1696|清水康弘よりcomments(0)
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< December 2010 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)