・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2007.11.08 Thursday:「NCNの田鎖 郁男の本」
重量木骨(SE構法)の供給を軸に全国の500社あまりの工務店・ビルダーネットワークを主宰する株式会社 エヌシーエヌの社長 田鎖 郁男氏が書き下ろした「家、三匹の子ぶたが間違っていたこと」が発行された。

 木造住宅の現状。構造計算の重要性。業界の常識など、家を建てる前に是非一読していただきたい本です。

 本屋に行くと時々平積みされているどこかの工務店オヤジガ、自分の利益だけのために発行しているいわゆるヨイショ本に多くある陳腐化した内容ではなく、事実と検証に基いて書かれていますので、本当にためになります。


都会の暮らしに調和する住まいを創造する参創ハウテックのHPは http://www.juutaku.co.jp/
Posted 19:53|No.353|清水康弘よりcomments(0)
▼ 2007.11.10 Saturday:美しい日本語
女性は素敵な声の男性に弱いです。
つくり手の会の皆様は、渋くて魅力的な声のかたばかりで、時折電話でお話させて頂くと、思わず興奮・・・いえ、緊張致します。

先日、社長のご配慮で、とあるセミナーに行かせて頂きました。
大変人気のある先生の講義のため、大きな会場はぎっしり満席。
講義内容は盛りだくさんで、先生の話術も素晴らしく、非常に勉強になりました。

ただ、この先生、発音がとっても個性的なのです。
2日間、気になって気になって仕方ありませんでした・・・。

「すぉ〜ではなくぅ〜、」 (正:「そうではなく、」)
「ぬわ〜いんですよおぅ〜」 (正:「ないんですよ。」)

変な鼻濁音を中途半端に効かせるのがお好きなのか?
英語がご堪能でそれをアピールすべく、英語の発音を無理矢理日本語に取り入れていらっしゃるのか?

私の想像(妄想?)は膨らむばかり。

きっと先生は、受講者を飽きさせないために、不本意ながらわざと奇妙な発音をなさっているのかもしれませんね。
そうだとしたら、ありがたいことです。感謝しなければなりません。

でも、この先生はとても人気があり、受講者への影響力は多大だと思われます。
「先生のようになりたい!」と思う受講者は、この奇妙な発音まで真似して、変な日本語を話す人が増加してしまうのではないかと心配で心配で夜も眠れません・・・。

ベストセラー「国家の品格」に、「英語をぺらぺら話す割には、母国語である日本語がきちんと話せない日本人は、外国人から安っぽく見られる」といったようなことが書かれてありました。
大勢の前でお話をなさる先生は、正しい日本語を使ってほしいと心から思います。

つくり手の会の皆様が、いつも素敵な声で丁寧にお話をなさるのは、きっと言葉を大切になさっているからですね。
そんな心意気が「本当の家づくり」にもつながっているのだと思っています。

Posted 10:05|No.354|川添道彦よりcomments(0)
▼ 2007.11.10 Saturday:第6回逗子コミュニティパーク
先週の土日、逗子の亀ヶ岡神社境内で第6回Community Park『大人の休日』
が開催されました。

幸い天気も良くいつものように朝から賑わい多くの人が来られました。

イベントの内容も逗子のロケーションを反映するように「グリーン」あり「ガーデン」あり「こだわりの食」あり「可愛らしいGoods」の販売ありと盛りだくさんで楽しい催しの二日間でした。

弊社も頑張って今回は『和』を強調したデザインで庭造りの提案を致しました。

第6回ともなりますとこの会も逗子市民に定着して来ていますので楽しみにしていらっしゃる方も大勢居ります。

このような市民の手作りの催し物がたくさん増えますと町の活性化につながりますので良いことです。今後も大いに期待したいところです。

Posted 17:59|No.355|畑木明雄よりcomments(0)
▼ 2007.11.10 Saturday:グランプリ受賞のM様
劾CN主催の『ちょっとプレミアムな私の家と暮らしコンテスト』のグランプリを受賞されたM様宅の撮影結果が鰍mCNのホームページでアップされました。

ステキなご家族のそのままが写真に出来上がっています。
どうぞご覧下さい。

添付の3枚の写真は全てM様の手作りでお孫さんへのプレゼントです。

Posted 19:22|No.356|畑木明雄よりcomments(0)
▼ 2007.11.12 Monday:新しい当社の制服が出来ました。
その名も

「ATM戦隊ゴレンジャー!!」

建築業界の常識と戦う正義の味方です。

今後とも「ATM戦隊ゴレンジャー」をよろしく!!

「強くて暖かい大空間のお値打ち住宅」   http://www.atm-home.co.jp









(やっぱり、ATMは‘あほで、とんまで、まぬけ‘な会社??)

Posted 17:49|No.357|笹川晋也よりcomments(0)
▼ 2007.11.12 Monday:『へリンボーンとオックスフォード』
先週土曜日、11月10日
ところは、大阪の心斎橋。
ホテル日航大阪で
『日本メンタルヘルス協会』研究コース修了式。
公認カウンセラーの卒業式に参加した。

この私が、
『公認カウンセラー』になってしまった。
この講座に参加して約2年。その時間はとても短かった。
この講座を紹介してくれた
参創ハウテック清水社長には、頭が上がらない。

さてさて、
心斎橋にあるホテル日航大阪で催されたその会場は、
独特の熱気に包まれていた。

現地で先に記した、東京で大活躍する
『参創ハウテック』の清水社長と合流し、緊張と期待で式に参加した。

式は、各要人の挨拶や、
お腹がよじれるほどのお祝いビデオに始まり、
涙、涙の修了レポート発表会。
ほかにライブや講師陣のパフォーマンスに
可笑しいけれど、最後は鼻の奥が熱くなる始末。

とにかく自分自身が信じられない。この私が『公認カウンセラー』だ。

資金繰り、家族間の課題、骨肉の争い。
そして、恋愛問題などの心配事があれば、是非!!是非!是非!
わたしだけは、避けておいたほうが懸命だと思う。

そう言えば、清水社長が
『渡邉さん、今度、本を書かない??共著でさ、
■工務店を経営する心理カウンセラーで家を建てよう!■
なんていいと思わない!!』

直ぐにその気になる私は、本のタイトルを考え始めてしまった。

『○○○が、ひた隠す○○のための○○の本』

なんていいと思う。

まあ、発行部数は社員数と取引先、
それと、親族一同を加えた部数を少し上回る程度だろう。

授賞式の間に隣に座る大阪研究生と
沢山のことを話した。彼女が着ている『へリンボーン』の
ブラウスがカクテル光線に様々な光を反射していた。
私の『オックスフォード』も、なかなか腰のある光沢を放っていた。

式は、二次会、三次会と進み、それと比例して
記憶が遠のいていく・・・・・。

心斎橋の夜は熱気に蒸し暑い。

『設計力を駆使して、家族の絆と生活力が向上する家つくりカンパニー。』

建築バカ!集団、松岡グループ。
http://www.matsuoka-archi.com

Posted 21:01|No.358|清水康弘よりcomments(0)
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2007 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)