・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2009.09.23 Wednesday:とあるブログに私の記事が
 とある、収納家具のメーカーさんのブログに・・・

 私の記事が書かれていました!

 とそれは・・・オールアバウトジャパンの専門家サイトで 

 ( http://profile.allabout.co.jp/pf/hamada/  )

 書かせていただいたコラムに付いての批評(コメント?)でした。

 検索をしていたらたどり着いたので私は、

書いて頂いていたのもつゆ知らず

  http://axis-blog3.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/all-aboutpro-fi.html

 とそこには、建築のプロとして書かせていただいた商品

(可動式収納)についての

 コメントが書かれていました。

  すごく前向きな企業さんで、そこには・・・

  今、アクシスでは、

 「お客様のご要望はその場で断らずにかならず実現できる

 方法を考えてできることはやってみろ」

 指令が社長から出ていますので、ない知恵をしぼってベストな

 提案をいたします!

  と書かれていました。この企業さんは、

 大手住宅メーカーさんからのOEM商品を共同開発、

販売をされておられ、

 耐久性、メンテ、コストを意識した、どちらかといえば、

メーカー仕様の商品、

 デザイン的には「万人向け。無難にまとまって、良くも悪くもない。」

の商品を販売されておられるとのことで、そのなかでもやはり

ジレンマがあるのでしょう。

  やはり、デザインやオンリーワンで商品を販売したい、

自社で無いと出来ない商品を販売したい・・・

それが企業の存在意義なんだ・・・

 そんな声が聞こえてくるような気がしました・・・。


  
  当初、私もこの仕事をしながら、最初は、建築家として

 世に自分の作品を残したい、デザイン性の高い、日本に誇れる建築を

 手掛けたい・・・それは、小さいころからの夢でしたし、私の同級生が、

 著名な若手建築家として活躍されているのを尻目に、

 私も地方からでも

 出来るという事を証明したい・・・

(自分の家を自分で設計して、自分で建てるという夢は果たしましたが

(苦笑))

  その一心でやってきました・・・。


  ただ・・・私達、建築家が求めているものと、クライアントさんが

 求めているもののベクトルが違っていれば、仕事もままなりませんし、

 雇用や、地域貢献なんかありえません。

  自分のしたいこと、名声を高めたいということ、企業というのは

そういうものではないのだと、企業を経営してきて気づかされました。

 建築のプロとして、今だけでなく将来を見据えて本当に


 クライアント様に必要になるであろう建築物を

 コストが許す限り建築的にすばらしいもの、

 デザイン、品質、性能、コスト

 すべてにバランスのとれた建築をつくり出していく、

 そして、安心・安全・・・

  望んでおられる以上の建築を提供して行くことが、

私達の使命なんだと・・・


そう考えるようになりました。 

 それが理念、For The Customer 

〜全ては顧客のために〜にこめられた

 思いです。

http://www.hamadakk.co.jp/concept.htm  

そのことは、


 親会社のHPにも書かせていただいています。

  書かれていた記事を見て、初心に帰る・・・。

 改めて、何のために働くのか?何のために企業は存在するのか?

 経営者として今何をしなければならないのか?

  気づかされた気がしました。

   これからも、その思いを持って、クライアント様のために、地域のために、

  ふるさとのために、そしてそこに住まわれる全てのために、

  全身全霊、わが身を削ってでも、その思いを全うしたい・・・そう考えています・・・。

    for the children 
〜すべては未来の子どもたちのために〜
http://ameblo.jp/hac/
http://ameblo.jp/hac/
http://profile.allabout.co.jp/pf/hamada/
Posted 09:25|No.1323|浜田肇一よりcomments(0)
▼ 2009.09.27 Sunday:今年も花が咲きそうです 月下美人
去年も楽しませて頂いた月下美人が今年も
花を咲かせようとしています。

花が咲く寸前の蕾は何故かエイリアンを
思い出させるような感じですが・・・・??

少し不気味ですが・・これは私だけの感想かもしれません。

しかしながら咲きますと、とても綺麗な花になります。

残念なことに夜しか咲きませんので今年も見る事が
出来るでしょうか。

頃合いを見計らって行って見たいと思います。

因みに月下美人は私の家ではなくご近所さんの庭で
育てられています。


月下美人

メキシコなどの中南米原産

夏の夜、白い大型の花を咲き、数時間でしぼむ。

花が咲き出すまで3年くらい掛かるとのことです。
夜中にしか咲かない為、花が見えたらラッキーです。

Posted 14:30|No.1324|畑木明雄よりcomments(0)
▼ 2009.09.27 Sunday:黒い富士山
先日仕事中に黒い富士山に出会いました。

高速道路で走行中、前方の山影を見て
思わず『えっ』と言ってしまいました。

な、なんと、雪の無い真っ黒な富士山が前方に
見えました。

いつも見る富士山と違い、雪がない富士山
妙に面白い、不思議な富士山でした。

きっと今頃は夏で雪が完全に溶け終わり、来る初雪を
待っている時期なのでしょうか。

雪の無い富士山は何となく石炭のボタ山のようにも
見えました。

Posted 14:57|No.1325|畑木明雄よりcomments(0)
▼ 2009.09.27 Sunday:雑誌の取材
この一週間で二回、雑誌の取材の為写真撮影があり
私も立ち会いました。

今回の雑誌はどちらもメジャーな雑誌でしたので
それに取り上げられたのはとても光栄に思います。

一冊はDIMEの別冊であるie DIMEであり、
一冊はプレジデント系のプレジデントファミリーです。

共にこだわり住宅に住んでいる家族に関しての
取材でしたがお施主様にもとても喜んで頂きました。

当日は共に緊張感あふれる取材風景でしたが
無事に取材を終える事が出来ました。

早く出来上がった雑誌を見たいですし、
お施主様にお届けしたいものです。

※2軒とも劾CN のSE 重量木骨構法です。

Posted 15:27|No.1326|畑木明雄よりcomments(0)
▼ 2009.09.28 Monday:いい音楽と・・・vol.3
こんなに格好の良い女性って居るもんなんだな〜というのがライブを見た最初の印象です。
去る8月、東京・大阪の2会場のみながら2度目の来日を果たした「エイミー・マン」のライブを観てきました!!
会場は「BigCat in アメリカ村」
う〜ん、オールスタンディングって言うのは足腰にキツイな・・・
う〜ん、会場に着くまでに、オヤジ狩りに遭遇したらどうしようか・・・
柄にもなくドキドキしながら、空の明るい内に会社を出て・・・若者の街に向かったのでした(苦笑)。

私がこの人の音楽に惹かれるのは、何よりその「詞の世界感」と癒しの「低音ボイス」。
突き放したようでいながらも暖かい・・・その低域を聞くだけでアルファ波が出てきます。
この人の低音なら私も一緒にハモれます(笑)。
また、詩の世界感に至っては、彼女の歌を聞いたポール・トーマス・アンダーソン監督が、映画「マグノリア(1999年制作)」を起案し撮影したというのは知る人ぞ知る有名なお話し・・・。
彼女が「映画のサントラを歌った」のではなく、彼女が歌う「サントラからできた映画」といっても過言ではりません(笑)。

肝心のBig Catのライブはと言いますと・・・。
開演30分の前のガラガラが嘘のように、会場は今や満杯!!
しかし、開演時間の19時を過ぎても始まる様子なし・・・。
既に足腰が疲れてきました(苦笑)。
観客席からほど近いステージ上には、赤いアコースティック・ギターや、何台かのキーボード、ピアノ、シルバーのMac Book(笑)、シンバル、その他打楽器のようなものが見えます。

10分ほど焦らせた頃、小走りでエイミー本人が登場。
アコースティックギターが小さく見えるほど、手足が長い!!
伊達!?メガネを掛けていた目元や、キリッと締まったアゴのラインも、50才前とは思えない凛々しさです。
そして、サポートは男性2人のみの、何と3人編成でライブスタート!!
明らかにメンバー数より多い楽器の数々を、3人が取っ替え引っ替え移動するという珍しいスタイル。
しかし一貫して、エレキギター、ドラムなしのアコースティックなアレンジが、足腰の弱ったおじんには心地良いばかりでした(笑)。

ふと気付くと、私の周囲は老若男女を問わず、幅広い観客層に囲まれています・・・。
これも、この人の音楽性を表している魅力として納得できます。
アメリカ村でのライブということで、気負って出かけたことが嘘のように、演奏する3人も、それを見守る観衆も、穏やかな雰囲気の中でのあっという間の至福の90分間を共有したのでした!!
欲を言えば、ビルボードみたいに、座れたら最高だったんですけどね〜。

本国アメリカでは不動の人気を持つ彼女ですが、まだまだ日本では300人程度のキャパのライブホールを満員にする程度・・・。
特に、楽曲の良さはもちろんのこと、あの「立ち姿の格好良さ」は、同性からの人気がもっともっと出てもおかしくない筈。
近い将来の再来日を今から、今から心待ちにしているのでした(笑)。
Posted 20:26|No.1327|福田明伸よりcomments(0)
▼ 2009.10.01 Thursday:『ブイヤベース』
「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が
本年6月4日に施行されました。
長期優良住宅の認定を得るには、
品確法に基づく性能表示制度が定める耐震等
級の「等級2」以上が求められます。
小規模な木造住宅では、
建築基準法が定める壁量計算や
四分割法だけでなく、接合部や床倍率の
検討が必要条件になります。
こうした動きに対応するため、
松岡建築設計事務所では、品確法を中心に
壁量計算の基本を再確認したうえで、
接合部や床倍率の検討法を習得し、
これからの時代の木造住宅の設計者に求められる
基本的な能力を養う勉強会を
タイムリーに実施しています。
そんな、難解なことを考えながら今日は、
超久々のショッピングを嫁はんと同行する。
だけど、その前に、せっかくの休日だから
『北方文化博物館』を表敬訪問。
紅葉には、まだまだ早いが、
どことなくかつ、
何となく落ち着きたかったのでここに来た。
まったりとした時間を堪能して、
館内にある蕎麦屋さんでランチを頂く。
その後、お目当ての伊勢丹にてお買い物をする。
それはほとんどが『私』のお買い物になる。
要するに『洋服』を買い込んだのである。
グレーなやつや、パープルなやつ。
結構、お洒落なものを買い込んだ。
そして、締めは今日の夕飯の買い出し。
そう、今日は『ブイヤベース』を目標にする。




Posted 06:07|No.1328|清水康弘よりcomments(2)
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2009 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)