・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2010.11.10 Wednesday:「A house of collaj」
東京家づくり工務店の会で発行しているA house of collajに昨年いきました北欧の特集が改訂版で掲載されました。

 もう一年前のことになりましたが、アールトの作品は私が考える家づくりに影響を与え続けています。

特に北欧は白夜があり、日射時間が短い国々です。

アールトは自然光採り入れ方法を研究し、その照明テクニックは天才です。

是非A house of collajをクリックしてお読みください。

Posted 13:50|No.1639|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.10 Wednesday:家族旅行!!
今度、富士山に行きます。
私の師匠の発表会が、富士の麓であるから
富士山付近に出かけます。
当日は、大荒れの新潟とは異なり、
抜ける様な秋の空なのでしょう?!
いまからとても楽しみです。
そして、スネをかじられないよう
注意したいと思います。


Posted 16:44|No.1640|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.12 Friday:納まり
見習いだった頃、
ランチはお弁当だった。
若かったから、
豪勢なお弁当にはありつけなかったが、
手触りがよく、
包み、引き締めると『キュッ!』と音がする風呂敷に納まり、
杉材でできた漆塗りのワッパに、
輪島塗のお箸は、
それだけでも質素な手料理は、御馳走に思えていた。

そんなことを考えていたら、
とっても、お腹が空いてきた。

『納まり・・・・』

尊敬する建築家、L・カーンは、
『接合部が装飾の始まりである』と言った。
各部材の『納まり』を考える時、
その材に『感謝』し、『賛美』する。
謙虚な態度で、その素材に『敬意』を表す。

美しい器、肌触りのよい風呂敷。
そして、均衡のとれたお箸。
すべてが納まりのよい道具であった。

ここ最近、新潟も冬らしくなってきた。
初冬と呼ぶのだろうが、北陸地方特有の天候が続いてる。
晴れと雨、ちぎれそうに飛び去る灰色の雲。
そして、風と虹が一日を彩っている。

昨日の昼過ぎ、移動の途中で虹を観た。
平安の時代以前から、
『虹の出た所で市場を開く』と習った事を思い出した。
そんな粋な慣しがあったことに、気持ちが和らいだ。
ギスギスしたここ最近の世の中に、素敵な風習を思い出した。

時間も夕方になってきたから、
今日の晩ご飯が気になって、手が震えてきた・・・・・。
Posted 16:54|No.1641|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.12 Friday:「既存住宅の省エネ改修」のセミナー
 今朝は新建ハウジングさん主催の「既存住宅の省エネ改修」のセミナーに参加。
 建築環境・省エネルギー機構(通称:IBEC)が発行しているテキストをようやく手に入れました。

 午前はここでも野池さんの講座で、さすが工務店など現場に目線を合わせた明日からでも使えるお話、午後は同テキストの編集に深く関わった東京都市大学教授で設計事務所も主宰する岩村和夫さんの総論が約一時間。

 何故、今省エネルギーなのか?それは鳩山さんが首相になって、世界に向けて約束してしまったから…。

 各論はスタッフに任せ、私はビッグサイトで本日から開催されている日経住まいのリフォーム博へ向かいました。

Posted 18:12|No.1642|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.13 Saturday:「日経住まいのリフォーム博」
 昨日の夕方からはビッグサイトで行われている「日経住まいのリフォーム博」へ。
 主催者ブースの出展スペースで展示されている全国のオーダーキッチン屋の集まり「オーダーキッチン.JP」の状況を確認です。

 その後は、ekreaの近藤部長と共に、協賛メーカーや主催に絡んだデザイン会社などの人たちとの懇親会に参加しました。
 関西人の方が多く、とにかく盛り上がりはある感じです。

 「オーダーキッチン.JP」の集まりは、もともとスタディオン(大阪)の古川社長と鈴木さんのアイディアで始まり、会の主旨は、オーダーキッチンをもっとユーザーに知って戴こうというもの。

 「集まれば何とかなるやろ〜!」的な集まりです。

 私としては総論大賛成!でも各論も徐々に詰めましょうね、と言ったところでしょうか?

 それにしても、今まで工務店としてやってきた「つくり手の会」「東京家づくり工務店の会」とは大違いの集まりでした。

Posted 10:20|No.1643|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.16 Tuesday:「国家のアイデンティティ」
 昨日閉幕したAPEC、日本のリーダーシップは残念ながら、発揮できず仕舞↓。
 20年以上前にベストセラーになった故盛田昭夫さん(ソニー創業者)と石原慎太郎さんの共著「NOと言える日本人」を思い出しました。

 当時のアメリカ合衆国のビジネスの方法に批判的な目を向け、ビジネスから国際問題までに関して他国に依存しない態度を取ることを主張していることで有名になった本です。

 沖縄の普天間問題から、尖閣諸島、北方領土問題と、弱腰で曖昧な日本の政治に対し、どんどん自己主張を強める諸外国。
 この調子で行きますと、国家の威信にかかわります。

 その上、国内の経済についても一向に明るさが見えず、八方塞がりの状態が続いています。
 今の政権で本当に大丈夫なのでしょうか?期待していたのに・・・。

 この際、学歴は問いませんが、国会議員に成るためには学力試験と適正試験をした方が良いのではないでしょうか?
 特に外交に関わる首相や外務大臣はTOEIC750点以上とか、国土交通大臣は一級建築士が施工管理技士の資格者にするなどです。
 民間企業と異なり、政治家になるためには学力や資格が必要ないのはいかがなものでしょうか?
 最近つくづくそう思います。
 少なくても酔ってベランダから転落する議員や交渉国の代表への挨拶を棒読みする首相はいなくなるような気がします。

 何党の誰でも構いません。

 「YesもNoもちゃんと言える日本人」を国の代表にしたいものです。

Posted 11:26|No.1644|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< November 2010 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)