・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2010.11.24 Wednesday:「難しい日本の表現」
 この年齢になって日本語の難しさを痛感する今日この頃、数ヶ月前も次のようなことがありました。
 ご高齢の男性との会話です。

 「地盤調査をしないと詳細な事はわかりませんが、RCで建てるとなると付近の地盤はあまり良くありませんので、杭が必要になると思います。」

 「良くないという言い方を訂正しろ!地盤は良いが、杭は必要になると言えばいい。」

 よくよく聞いて見ると、杭が必要になること自体がその御仁には屈辱だったので、どうやら私の一言が琴線に触れてしまったようです。
 プロとしてはリスクに対する説明義務がありますので、面食らってしまいましたが、相手の立場によって言葉を選ばなければなりませんね。(ちょっぴり反省)

 さて、普段から聞きなれている言葉の中にも意味を深く掘り下げて行きますと、違う表現を使った方が良いのではないかと思うことがあります。

 まずは「地球温暖化」、脚本家で北海道に住んでいる倉本 總さんは「温暖化」ではなく「高温化」が適切と言っています。
 温暖の意味や直面している問題の緊急性を思うと倉本さんに分がありますね。

 そしてもうひとつは「孤独死」という言葉については落合恵子さんは「孤独」ではなく「孤立」が適正と一刀両断しています。

 倉本さんの「地球高温化」、落合さんの「孤立死」。
 お二方共、テレビやラジオに縁の深い方々ですから、言葉が社会に与える影響力をしっかり予見しているのですね。
Posted 10:58|No.1657|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.24 Wednesday:「都会の秋」
 今年の紅葉は猛暑の影響で2週間ほど遅れているとのことですが、東京都心部でも秋本番になって参りました。
 写真は小石川後楽園の紅葉風景ですが、今週末頃までが見頃ですね。

 小石川後楽園は1629年(寛永6年)、水戸徳川家水戸藩初代藩主・徳川頼房が築いた庭園を、嫡子の徳川光圀(水戸黄門)が改修したとされ、7万平方メートル以上の広大な園内には、ウメ、サクラ、ツツジ、ハナショウブなどが植えられ、四季を通じて情緒豊かな景色が広がっています。

 このように文の京(文京区内)周辺には、江戸城下に近いこともあり、名勝や旧跡などが程よく点在していますので、これからはブログ上でも時々紹介させていただければと思います。

 さて、昨日の午後は「もしや戦争か!」と思えるような大事件があり、夜中までニュースにかじりついていました。
 第一報を聞いてから、冷静に考えられるまでには数時間要してしまいました。

Posted 10:58|No.1658|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.23 Tuesday:出張中
出張三日目。
商談も順調にすすみ、次回の展開に期待大。


合間を縫って、趣味の活動に参加。


ほか、宿には多くの西洋人の方々が宿泊してた。
エレベーターでは、『これは上に行くのか?』とか、廊下ですれ違いざまには、『おはようございます』。
そして、『お前はどこから着たのか?』と、ちょっとおかしな宿泊地になっていた。


今日も雨・・・・・・。
省エネ関連の彼と、心理学の彼に会う。


Posted 10:37|No.1660|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.25 Thursday:「2010年野池学校閉幕」
 昨日の午後は第6回野池学校東京校があり、本年のスケジュールはすべて終了しました。

 今回も100人近い受講者が全国から集まり、盛況なうちに予定のスケジュールをこなすことができました。

 2020年には省エネ性能が義務化になるという国レベルの話題も出ており、弊社としては温熱環境、省エネ設計でトップランナーとして業界をリードする使命を果たせるようにさらに一意専心で取り組みます。

 もうひとつのミッションは、何といっても工務店や設計事務所の温熱・省エネ知識や実務のパワーアップです。
 工務店や設計事務所で建てる家がもっと楽しく快適になることを真摯に願っています。

 私たちの業界は大局で工務店・設計事務所vsハウスメーカーの構図で成立しており、今のところは決して評価が高いと言えない工務店の底上げを図ることが、社会的使命でもあるのです。

 まさに同じ主旨のことを考えている野池さんに賛同しての行動でした。

 東京と大阪で6回、計12回の学校を通じて、延べ240人程の受講者がいたと聞いています。

 途中でついてこられなくなった方々、ただ単に忙しくて来られなくなった方々、最初から興味がなかった方々。
 それにしても差が出て行くのはまさにこれからですね。
 これからまた再出発のつもりで努力します。

 さて、閉校後は懇親会に35名程の方々、さらに二次会へも22名の方々が参加されました。

 二次会では野池さんのギター演奏や歌の披露、それにハモる建築家の長谷川さん。

 山長商店の榎本社長さん、岡庭建設の池田隊長、NCNの中川部長さん(ついでに年齢不詳のテッシーも)さらに自立研の吉田さんや木村さん、そして多くのお仲間に盛り上げて頂きました。

 皆様本当にありがとうございました!(盛り上がりました!)

 来年開校につきましては、野池さんご本人とも相談させて頂き、またご案内します。


完成現場見学会へ行って家づくりを学びましょう。

一家塾で住宅知識を深めましょう。


Posted 15:02|No.1661|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.25 Thursday:集中
依頼されているプランを二つ描いた。
ランチは、サンドイッチとカボチャのスープ。
デザートは、洋梨をひと欠け。

午後から、贈答品の礼状を書いた。
夕刻、壊れた車を修理に出した。
汚れた別の愛車を洗車した。
そして、夕刻。
協力業者会会長と副会長とお食事会。
そのときのカキ釜飯が美味しかった。
明日は、瀬波温泉で忘年会。
そうそう、お客様からコロッケを頂戴した。
ジャガイモコロッケ、とおても美味しかった。
Posted 10:22|No.1663|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.27 Saturday:「木材情報新春座談会」
 昨日は月刊「木材情報」新年号座談会に出席して参りました。
 テーマは「工務店が国産材供給に望むこと」です。

 参加メンバーは工務店側で私と高砂建設の風間常務。
 木材流通側からナイス株式会社 小牧営業所の青木所長。

 供給側や学術研究、さらに木材情報誌の企画分析委員に絡む方々では、林業経済研究所所長 荒谷 明日兒氏、筑波大学 大学院生命環境科学研究科 准教授 立花 敏氏、秋田県立大学木材高度加工研究所教授の中村 昇氏、株式会社ソーラーサーキットの家 取締役 宮代 博之氏、木村木材工業株式会社 代表取締役 木村 司氏、日本木材総合情報センター 専務取締役 小合 信也氏、財団法人日本木材総合情報センター理事長の伊藤 威彦氏が参加され、コーディネーターをウッドマイルズ事務局長 滝口 泰弘氏が務めました。

 今回の企画は、現在の国産材自給率25%を2020年までに50%にまで引き上げることを目的とし、出口政策を検討するために、工務店の生の声を聞きたいという主旨から実現したものです。

 2020年までに50%?多分これも民主党の議員が言ったことなのでしょう。
 日本の林業や国産材の強度・供給体制にはまだまだ問題山積です。
 工務店の立場から言いたいことを言ってきました。

 木材情報新春号の記事になりますので、またご紹介します。


 エクスナレッジ社「建築知識ビルダーズ」の女性編集長・木藤さんのブログです。
 参創ハウテックについて

 12月は毎週末現場見学会があります。
 ド真剣の家づくりをお考えであれば、詳細をポチッと!

Posted 11:30|No.1665|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< December 2010 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)