・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2011.01.24 Monday:「こだわりをカタチにすること」
 家づくりには様々なこだわりが・・・。

 家を買うのではなく、建てるとなるとやはり建て主さまとの共同作業が良い家づくりへ近づくパターンです。
 家づくりのパートナーとしてハウスメーカーを選択してしまうと、忽ちこの共同作業的家づくりは形骸化してしまうものです。

 これは良いとか悪いとかではなく、あくまで企業として収益性や合理化の仕組みの問題で、そのあたりのことも考慮した上で家づくりのパートナー選びをすると良いですね。

 写真にあるようなこだわりは、施工体制をしっかり持っている現場対応力のある工務店や建設会社でなければ、簡単に具現できないものです。

Posted 20:23|No.1791|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2011.01.27 Thursday:「家づくりの工法」
 先日ブログに載せた建て主様が私のブログに書きこんで下さいました。
 ありがたい事です。

 写真はRCで設えた外観写真です。木造では難しい防火地域でしたのでRCで建築しました。
 外観もとても素敵ですが、昨日掲載した写真以外にも、お客様拘りのパーツや納まりが随所にあって、とても気持ちの良い住宅です。

 建て主様のセンスも滅茶苦茶良いので、これから室内のインテリアなどが整うことを実は楽しみにしています。(結構、私自身の好みと似ているところがあります、失礼ですかね?)

 話は少し変わりますが、家づくりの工法は手段で目的ではないと常日頃から思っています。
 敷地、階層、用途地域、要望などを充分把握した上で、最適解を見出だすのがつくり手の仕事です。
 今までこの仕事を続けていて、最適解(今できるすべてを出し切った)の家がどんどん増えてきました。

 これからも家守りをしっかりして参ります!

Posted 09:42|No.1795|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2011.01.27 Thursday:「まさに死闘!」
 一昨日の午後はSE構法の供給メーカーにてSOWE designプロジェクトのミーティング。
 夜19時まで続けられた会議で、いろいろなことが決まってきました。
 パッシブ≒SOWE designがいよいよ本格的に始動します。

 さて、夜は本プロジェクトのメンバーの野池さんと田鎖さん、中川さん、松延さん、福田さん、村松さん(NCNの方々)と私と阿式で、新年会があり、夜の赤坂の街へ・・・。

 「でも、今夜は韓国戦ですよね!」

 そこは段取りの良い田鎖さん。

 「大丈夫!六本木の知り合いのお店にテレビを用意していますから。」

 「流石です!感心、感心」

 今でも趣味で現役草サッカーのサイドバックをやっている野池さんと、高校時代までバックをやっていた田鎖さんとレッズサポーターの私が一緒に韓国戦を観戦できるのならとつい力が入ってしまいました。

 試合の方はまさに死闘!
 終わったのは深夜で終わったあとは、どどっと疲れが・・・。

 それでも愉快な人達と楽しいひと時を過ごせました。

Posted 09:43|No.1796|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2011.01.29 Saturday:新年会&総会


昨日から引き続き、
power pointに悪戦苦闘。
今日のホロニックの会
新年会&総会のための資料づくり。
その資料、格好良くはいかないが、
説得力のあるものにチャレンジした。

ワタクシの持ち時間は、一時間のみ。
話したい事は、山の様にあるが、
アドリブ的に時間を調整しての講義は終了。
そして、伝えたいことは、
どうにか伝わったみたい。

休憩時間を利用して、餅つき大会があり、
おやつ代わりのきな粉餅がうまかった。

そして、午後六時前に総会は終了して
そのまま新年会を楽しんだ。
少し寒い古びた会場には、
6名?ほどのコンパニオンさんが居る華やいだ宴会。
気心の知れた業者さん方と、
楽しい新年会を過ごしてきた。
混沌も少しだけ落ち着いてきたというか、
慣れてきた今日この頃。
だからこそ、
世の中の低迷的な雰囲気から
脱却の想いを込めて語らいあった。

二次会は、
その会場の向かいにあるラーメン店。
残った10名ほどで餃子とラーメンとビールを楽しんだ。
記憶は定かでないが、
数えきれない程の餃子が飛び交っていた。

そして、皆さんより一足先に帰宅。
徒歩で帰宅しようと試みたが、放射冷却のためか、
とてつもない冷え込みで、
歩道のあちこちが歪んだ宝石の様に凍っていた。
慣れてるはずの冬の道も、さすがに歩くには危険すぎた。
加えて、寒さのせいで
世間慣れしてきた大きな耳も、
ちぎれそうなくらいの痛さだった。
結局、ハウスメーカーのPana Homeさんの辺りで、
身の危険を感じてタクシーを拾う。
自宅に到着し、黒いバックスキンの手袋を
どこかに逃がしたことに気づく。

入浴をして、着替えをして、歯磨きして・・・・・、
そして、酔っぱらい爺にあきれ果てた嫁はん、
ワタクシの目の前から段々と歪んで消えていった・・・。
Posted 10:57|No.1798|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2011.01.31 Monday:「環境委員会とTO-IZ会議」
 1月26日(水)はJBNのプラットホームの一つとして活動している環境委員会に出席。
 全国から省エネに取組んでいる工務店が集まり、建築研究所の澤地先生を迎えて、蒸暑地版自立循環型住宅テキストの要点説明をしていただきました。

 弊社が使い慣れている温暖地版と変わっている点は、温熱環境の夏の解き方です。
 風の取り入れ方、日射遮蔽の考え方など設計に使えるポイントを解説していただきました。

 地球温暖化防止という大きなテーマがあるだけに、ここ数年は温熱環境や省エネに関するノウハウがいろいろ解析され、住宅の設計に活かせる要素技術がどんどん増えています。
 これらを全く知らないのでは、住宅を設計する資格が無くなってきます。

 そして27日(木)はTO-IZの代表者会議を箱根湯本の富士屋ホテルで行いました。
 夜は遅くまで懇親会でしたが、今後のTO-IZの運営について皆で方向性を確認し合いました。

 このような機会で本音トークは良いですね。
 特に住宅業界は技術の研鑽やノウハウを持たずに、プロモーションの上手さで集客する、所謂仕組み屋がアドバンテージをとって善良な消費者を誘導してしまう傾向があります。

 この点については、我々つくり手がもっと頑張らなくてはいけないという点で志を新たにしました。

Posted 15:08|No.1799|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2011.01.31 Monday:「建主様からのお招き」
 29日(土)の夜は、12月にお引き渡しをした建て主様ご夫妻から、家づくりに係わった弊社スタッフと大工・設備屋・電気屋・塗装屋などの職人達がお招きいただき、おいしい料理とワインなどのおもてなしを頂戴して参りました。
 職人達もいつもの作業着からスーツ姿で決めていて(笑)、本当に楽しい時間を過ごさせて頂きました。

 家づくりは建て主様との出会いの場でもありますので、今後もしっかりお付き合いさせて戴ければと思います。
 当然、「家守りの方もしっかりと」ですね。

 帰りは電車が事故で運転見合わせ、結局帰宅したのがアジアカップ決勝が始まる10分前位になってしまいました。
 当然ながら試合開始から深夜3時過ぎまでテレビに釘付け。
 李選手の決勝ゴールで見事アジア制覇。ザックジャパンは最高ですね。
 今までの代表監督のように悲壮感がなく、選手を信頼している姿勢を見てとれます。

 身体の小さい日本人にこのような戦い方があったのか?
 ぜひ国際社会や政治の世界でも真似てもらいたいものです。(大げさ)

 それにしても、良いことづくめの一日でした。

Posted 15:09|No.1800|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
<< February 2011 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)