・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2010.11.08 Monday:「パソコン増設メモリといろいろなテレビ番組」
 写真はパソコンの増設メモリを入れたところですが・・・。
 この直後パソコンが全く動かなくなり一瞬冷やりとしましたが、メモリの装着具合に不備があり、入れ直したところで無事に動き始めました。
 結局以前よりもパワーアップして、サクサク動いています。

 さて、週末は「龍馬伝」、「日本シリーズ」、「99年の愛Japanese American」など見逃せない、テレビ番組があり、CMの度にチャンネル切替え。
 2晩続きの延長戦で優勝を決めたロッテは、リーグ3位からの日本一。

 ロッテは確かに素晴らしく、プロ野球はパ・リーグの方が強いというのが証明されましたが、あのペナントレースは何だったのでしょうか?
 熱狂した試合途中で、冷静になる自分。サッカーの天皇杯みたいにプロアマのトーナメント方式で行えばよいのにと少しだけ思いました。

 99年の愛の方は5夜連続のドラマ。全部を観られた訳ではありませんが、これまた感動のドラマでした。
 海外移民の成功者の実話は盛和塾の全国大会などでも聞いたことがありますが、想像を超えた苦労と壮絶な人生に改めて驚きました。

 特に日系人の四四二戦闘連隊の存在も知りませんでしたし、当時の人種差別や戦争の悲惨さ故に家族の絆が分断されていく有様がリアルに表現されていて、興味深く鑑賞させていただきました。

Posted 10:12|No.1636|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.07 Sunday:秋の夜長
文化の日から、体調を崩している。
悪寒は治まったが、未だに咳が止まらない。
アレルギーのためか、目も、鼻もイマイチな感じ・・・・。
とにかく、悲しいかな、爺業も板についてきた感じ。


さて、ここ数日は、ちょっとだけ寒いけれど、
爽やかな秋空が広がっている。
あと、半月くらいすれば、
初雪も観る事になりそうだが、
それも楽しみに思えてくる今日この頃。


先日、福島から帰宅する道中、
夜空に輝く星雲が奇麗だったから、
車のルーフを開けて走行してきた。
サンルーフ、この場面では、
ムーンルーフとか、
スタールーフとかと呼んであげたくなるが、
夜空を切り取る四角い開口部には、
美しい星が、凛とした輝きを放っていた。


『星降る夜には・・・・』なんて、
ナイーブなことは苦手だけれど、
ここ数日は、奇麗な夜空が続いている。


それにしても、高垣君からもらった
美味しい『のど飴』が嬉しかった。



Posted 14:25|No.1637|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.09 Tuesday:「TO-IZ家づくりセミナー」
 先週の土曜日にINAX新宿ショールームで東京家づくり工務店の会(TO-IZ)の家づくりセミナーが行われました。

 今回のテーマは田中工務店の田中さんが講師で「家づくりのお金の話」でした。

 田中さんがあらかじめ用意しました膨大なパワーポイント資料をもとに、大変わかりやすく説明されて、とても好評でした。

 次回は1月29日(土)に創建舎の中里さんが講師をします。

Posted 10:58|No.1638|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.10 Wednesday:「A house of collaj」
東京家づくり工務店の会で発行しているA house of collajに昨年いきました北欧の特集が改訂版で掲載されました。

 もう一年前のことになりましたが、アールトの作品は私が考える家づくりに影響を与え続けています。

特に北欧は白夜があり、日射時間が短い国々です。

アールトは自然光採り入れ方法を研究し、その照明テクニックは天才です。

是非A house of collajをクリックしてお読みください。

Posted 13:50|No.1639|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.10 Wednesday:家族旅行!!
今度、富士山に行きます。
私の師匠の発表会が、富士の麓であるから
富士山付近に出かけます。
当日は、大荒れの新潟とは異なり、
抜ける様な秋の空なのでしょう?!
いまからとても楽しみです。
そして、スネをかじられないよう
注意したいと思います。


Posted 16:44|No.1640|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.12 Friday:納まり
見習いだった頃、
ランチはお弁当だった。
若かったから、
豪勢なお弁当にはありつけなかったが、
手触りがよく、
包み、引き締めると『キュッ!』と音がする風呂敷に納まり、
杉材でできた漆塗りのワッパに、
輪島塗のお箸は、
それだけでも質素な手料理は、御馳走に思えていた。

そんなことを考えていたら、
とっても、お腹が空いてきた。

『納まり・・・・』

尊敬する建築家、L・カーンは、
『接合部が装飾の始まりである』と言った。
各部材の『納まり』を考える時、
その材に『感謝』し、『賛美』する。
謙虚な態度で、その素材に『敬意』を表す。

美しい器、肌触りのよい風呂敷。
そして、均衡のとれたお箸。
すべてが納まりのよい道具であった。

ここ最近、新潟も冬らしくなってきた。
初冬と呼ぶのだろうが、北陸地方特有の天候が続いてる。
晴れと雨、ちぎれそうに飛び去る灰色の雲。
そして、風と虹が一日を彩っている。

昨日の昼過ぎ、移動の途中で虹を観た。
平安の時代以前から、
『虹の出た所で市場を開く』と習った事を思い出した。
そんな粋な慣しがあったことに、気持ちが和らいだ。
ギスギスしたここ最近の世の中に、素敵な風習を思い出した。

時間も夕方になってきたから、
今日の晩ご飯が気になって、手が震えてきた・・・・・。
Posted 16:54|No.1641|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< December 2010 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)