・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2007.10.02 Tuesday:「Double-day[3]」
後日、私の携帯電話に見知らぬ着信履歴があり、留守電が残されていた。
 「double dayの薄井ですが、先日、アーコール社製のテーブルと椅子をお買い求め戴きありがとうございます。椅子の件でご相談がありますので後ほど再度お電話致します。」
 店で接客して戴いた時より丁重な雰囲気が、またトラウマを思い出させる。
 「何かあったに違いない。」
 「配送日がずれるのだろうか?」
 「先日はヌカ喜びだったのか?」
 「もしそうだとしたら、自分は何と人を見る目がないのだろう?」など・・・。

 勝手に想像していても仕方ないので、こちらから連絡をとり、詳しい要件を確認した。
 「選んで戴いたアーコール社製の椅子の1脚の足に、少しだけひびが入っておりました。すぐに本社のストックヤードに掛け合いましたところ、配送を予定している土曜日に別の三脚の椅子が届きますが、よろしければその中から気に入ったものを選ぶためにご来店戴けないでしょうか?」との旨の内容であった。
 「薄井さんのことを信頼しています。任せますので選んで戴いて結構です。」
 結局のところ、テーブルと椅子一脚は約束通りに、リカバリーした椅子一脚はオイルを塗って、その日の午後に薄井さん本人が届けてくれた。
 
夕方、高鼻の家に確認に行った私は義父から聞いた話で、またまた嬉しくなってしまった。と言うのも、薄井さんが午後に椅子を届けてくれた時に、「午前中の配送業者の対応は如何でしたか?手荒く扱ったり、床に傷を付けたりしませんでしたか?」と言いながら、何度も納入したテーブルと椅子の状態を確認していたと聞き及んだからだ。

 double dayという会社の社員教育が素晴らしいのか否か、それは定かではありません。ただ、最初にトラウマに思えた会社はマニュアル以下。
そして薄井さんはマニュアルを簡単に超えた次元で接客していました。一体その埋められない大きな差に何があるのでしょうか?
 私たちのような家づくりに携わる仕事はなおさら個人の咄嗟の判断や人への思いやりが大切です。そして何よりも家づくりが好き、仕事が好き、会社が好きで、建て主さんのことが好き。 そんな理想を具現化するのが、経営者としての私の責務です。そのことを、double dayという会社の薄井さんという好青年から改めて教えられました。
 
「また、大工をやりたくなったら、いつでも当社へお出でよ!」 と心の中で呟くのでした。

都会の暮らしに調和する住まいを創造する参創ハウテックのHPは
                      http://www.juutaku.co.jp/

Posted 16:34|No.300|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.10.03 Wednesday:鍛造のアート作品 part 1
先日お引き渡しをした住宅の門扉に、アート作品があります。
門扉の四方框の部分は、スチールの曲げ加工で、鋼製建具として制作したが、中の格子の部分は、埼玉のアイアンマイスターの手による物。
当初のスケッチどうりに作ろうと思っていても、鍛造の途中でイメージが変わったりして、鉄を叩く時によく変更になったりすると聞いていたが、
此方の作品も基本デザインの大枠は外していないが、最初のスケッチとは違う物になっているが、そもそもオンリーワンの物づくりであるため
お客様も、我々つくり手側も、そのできばえに感動しているし、お客様は大事に使って頂ける事を確信している。
市販の工業製品では絶対に出来ないことです。
Posted 16:08|No.302|清水康弘よりcomments(2)
戸田さん、またまた素敵ですな〜ぁ。
外壁の色、門扉をはさんでのグリーンの品種と配置。
外灯に、門扉の框の色、う〜ん・・・、いい感じですね〜。
作家さんで、思い出しましたが、
先日、弊社オープンハウスで、同時開催として個展を
お願いした金属を用いた作家さんにお願いした
『作品』が届いていました。大きくはないですが、
我が家のリフォームが完成したら、
カッコよくディスプレイするつもりで。
by 株式会社松岡建築設計事務所 渡邉松男 10/03(21:23) 削除
奥様の美意識の高さに驚かされた物件でした。門扉の框の色と壁上部のH鋼の色は、コルビュジェカラーの中からチョイスされました。
渡邉さん宅のリフォームが出来たら是非拝見したいです。
「作品」も期待しています。
by 戸田輝彦 10/04(09:47) 削除
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.10.03 Wednesday:鍛造のアート作品 part 2
門扉の格子を作ってもらっていたときに、表札とインターホンカバーの制作を一緒にお願いした。門扉の格子も素晴らしかったが、此方の出来映えには大感動しました。下部のモダンなモドリック製のポスト口との
対比がおもしろい力強い作品である。取付も、製品は宅配便で届きましたが、アイアンマイスター自身が、埼玉から徳島まで来てくれて取り付けして頂きました。日頃私達は、モダンな物をよく使うのですが、機会があれば、ぜひまたよろしくお願いします。
Posted 16:35|No.303|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.10.04 Thursday:「工務店交流」
 今日は弊社コンサルタントの三上先生のお計らいで、埼玉県を本拠とする高砂建設さんの風間常務の自邸を訪ねました。
 
やはりプロの目から見ても大工さんの匠の技が随所に発揮されていて、大変参考になりました。

 弊社の永井副部長、深見、星野もその納まりに大変関心していたところです。

 また、風間邸見学後は、大宮の弊社の物件「高鼻の家」を見学して戴き、互いに情報交換をして参りました。

 高砂さんも重量木骨のメンバーですので、今後とも情報交換をして行きたいと存じます。

 業界には5年後住宅着工件数が80万戸という説も流布されています。

 ただ、良い工務店は必ず生き残るというのが私たちつくり手の共通の信念です。
  
都会の暮らしに調和する住まいを創造する参創ハウテックのHPは
                      http://www.juutaku.co.jp/

 
Posted 19:10|No.304|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.10.05 Friday:中庭のタイサンチク 
自宅の9スクェアーのコートハウスの中心にタイサンチク(台山竹・泰山竹)が植えてある。この竹は、インド・マレー半島が原産地で、フィリピンや奄美大島等の暖地で観賞用に栽培されるやや大型の竹で、地下茎がなく、鮮緑色の茎が株立ち状に立ち上がり、直径12cm・高さ8m程度ある。それを、4.5mに切断してもらって納入してもらった。
正面奥がキッチン、左がリビング、右がダイニングのレイアウトで、枝の隙間からチラリズム的に気配が感じられとても気に入っていました。

当方の知識不足により、現在少し異変が起きてしまい、いろいろと実験をしながら元の形に戻るよう努力しているところです。

その内容は次回以降にて報告させて頂きます。



Posted 18:16|No.305|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.10.07 Sunday:「イサム ノグチデザインの照明」
 

 幼い頃に母子家庭となり、母と共に茅ヶ崎の家での生活は、イサムの芸術家としての土壌をつくったという。

 子供時代を、自然の変化に敏感な日本で過ごしたことで、芸術家としての感性を磨いたという。

 イサムノグチのプロダクツの中でも、和デザインの照明はあまりにも有名である。どちらかと言えば直線で表現する和のデザインに、ねじれた感性が見事に調和させている。

 この一見何の変哲もない灯りを眺めているだけで、その奥行き感を感じさせられるのは、どうしてだろうか?

 
都会の暮らしに調和する住まいを創造する参創ハウテックのHPは
                      http://www.juutaku.co.jp/
Posted 18:18|No.307|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2007 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)