・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2007.09.26 Wednesday:「Double-day〔2〕」
参創ハウテック 家づくりコラムの転載記事です。

 アンティーク家具店の配送予定の件で、ダイニングテーブル探しは未だ続いていた。散歩がてら大宮のロフトのビルの中にあるDoubledayというインテリアショップを偶然見つけた。

 店に英国製の古家具が展示してあり、その中にチーク材でできたアーコール社のエクステンションテーブルが目に入った。
 
トラウマになっていた納期を確認するため、キャッシャーに戻り、若い男性スタッフに恐る恐る声を掛けた。
 
そのスタッフを選んだ商品のところまで誘導したところ、とても親切に説明に応じてくれた。(この時点では商品のことより、そのお店の社員の対応にのみ興味が向けられていた。)
 
 古家具ゆえの取り扱いと手入れ方法などなど・・・。特にチークオイルの塗り方の熱心な説明にはとても感心させられた。(この青年は心底から家具が好きなのか、仕事が好きなのか?)

 「古家具ですので、折りたたみの丁番が壊れたりすることがありますが、同じ部品を見つけることは困難ですので、お含み置き下さい。」  
 
 「私も住宅建築の仕事をしていますので、そのような心配は無用です。」

 「えっ!そうなんですか?僕は元大工だったのです。」
 
 話が合うというのは、実に偶然も重なるものだ。ますます単純な私は気分が良くなってしまった。しかし、ここで例のトラウマになっていた配送予定日の話である。

 「配送日はいつになりますか?」

 「今週の日曜日になります。」

 「あのう・・・。こちらの都合で申し訳ないけど土曜日になりませんか?」

 「わかりました。何とか致します!」

 とても明るく快活な返答に、「さすが、元大工!」と、然したる意味も無く安堵し、即決した。

気に入ったものが買えて、スタッフの対応も素晴らしかった。さすが「Double day」である。
 
しかし、この美談(?)はこれだけでは終わらなかった。

・・・Double-day〔3〕につづく

     都会の暮らしに調和する住まいを創造する参創ハウテックのHPは
                      http://www.juutaku.co.jp/

Posted 19:05|No.290|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.09.27 Thursday:『グリーンなゲスト』
今日は、水曜日だから定休日。
早朝から、洗濯と掃除をする。
新しく求めた、
日立の掃除機で作業をする。

今年求めた電化製品は、
エアコン、便器(電化製品と言わないか?)、
そして、掃除機。
とにかく、どれもこれも、使いやすく作られている。

他、リフォーム工事が続いているから、
工事に追いかけられるように、
不要なものの整理作業。

それにしても、『勇気』をもってそれらを処分しないと収納しきれない。
だけど、書物だけは捨てられないでいる・・・、困ったものだ。

夕食後、アジアクラブサッカーテレビ観戦しながら、アイロンがけ作業。ワイシャツ五枚、ハンカチ三枚。下手だから、なかなか上手くいかない。

深夜、衛星放送でファンキーな『米米クラブ』のライブを観て床に就く。
カール・スモーキー石井を見ていると
少し酔った『○○』を観ているようだ・・・・。

今日も、緑の友人が尋ねて来ていた。
訪れた目的をたずねるが、飛び回るだけで反応がない・・・。
晩酌の、相手くらいしてくれてもいいと思うのだが・・・。
彼も、単身赴任で新潟に来ているのかもしれない・・・。

寒い夜だから、久々の羽毛布団を覆って眠る。
Posted 12:26|No.292|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.09.27 Thursday:『宇宙ステーション』
昨日の夕方、新幹線車内や
アルビレックスサッカー観戦会場で
時々お目にかかる、
民放のエミリーアナウンサーが、
夕方のニュースで『明日の明け方、
新潟市上空を宇宙ステーションが
通過します。』と、楽しい知らせを聞く。
よって、就寝前に目覚ましをセット。


いい歳をして・・・・、
北西の空に飛行浮雲のように肉眼でしっかりと見える!!???
寝ぼけ眼に加え、老眼の私には本当に見えるか心配だから、
念のため、枕元に双眼鏡を用意した。

薄暗い夜明け前、ミッドナイトパールの北西の空に、
あの宇宙ステーションが見える・・・。

そんなことを想像しながら、
フカフカのベッドにもぐりこむ。さあっ!・・・、
目覚ましが鳴り響く前に、起床っ!!



と思いきや・・・・、午前六時・・・・・だった・・・・・。

よって、昨日のエミリーからの知らせは、
聞かなかったことにした。
忘れたことにする・・・・・・・・。

さてさて、気を取り直して、今日は、朝から楽しい現場周り。
S邸、A邸、I邸の現場打ち合わせ、現場観察。
少しだけ暑い一日だったが、
充実感を味わいながら事務所に戻る。

戻り、自立循環型住宅の設計を続ける。
今日は、開口面積の大小と通風量、流入速度の関係を調べる。
風の入り口と出口の、開口寸法の確認をする。

暑い朝から動き回り、声をからして
会話をしてきたからのどが渇いた。

今日は、ビールが美味いだろう。
帰宅後、入浴剤をたっぷりといれたお風呂上がりは
さぞかし、ビールが美味いだろうな・・・・。


Posted 17:35|No.293|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.09.28 Friday:『ビーナスボイス』
とんでもない間違いをした!!

業者さんへの支払日を間違えた。

常務、小林、田代君と四名で
優雅??に、コーヒー片手に
事務所テラスで営業ミーティング。
その仕事の進捗を確認してから、
月末支払いをするために銀行に向かう。



そして、事件が起きた。
月末の28日を明日(29日)だと間違えた。

私は、『今日は27日だから、
月末の大工支払いは明日28日だな。』と思い、
今朝ほど、銀行に行ってきた。
そして、各業者に振込みをしようと
手続きを始めたら・・・・・・・・・・・、顔面硬直!そして血の気が引いた。

高鳴る胸の鼓動!老眼の目を何度も、何度も擦って確認するが、
筆記台に掲示されている日付は『9月28日』と見て取れる。
筆記台にサービスされている黄色や赤の老眼鏡を
とっかえ、ひっかえ掛けてみるが、やっぱり日付は変わらない。

『困った・・・・・。』

心臓には密林のように白髪交じりの髪の毛が生え、
面の皮は、『これでもかっ!』と厚さを自覚していたつもりが・・・。

あふれ出る年寄りの冷や汗・・・・。

『支払いが間に合わない・・・・・。』と、焦りに焦った!!
そして、恥を忍んでそっと銀行担当者に相談したところ、

『大丈夫ですよ。』と、『遠い耳』になりかけている私に、
ボッティチェリが描くビーナスのような
その声が心地よく、中年の耳に響き渡る。(声を聴いたことはないが)

♪♪・・・大丈夫ですよ・・・・♪♪、

午前中だから、月末の今日28日中には、
入金されるそうだ。・・・・ホッとした瞬間だった。

こんな時は、どさくさにまぎれて、
ビールで乾杯!・・・・・・・・・・・・と行きたい所だが、
勤務中なので、もちろんお預け。

しかし、どうして男は『何かに理由をつけて・・・』
お酒を呑みたがるのだろうか???

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・だれか教えて。

Posted 16:25|No.296|清水康弘よりcomments(1)
 そうでしたか。大変でしたね。その動揺は渡邉さんが愚直に、そして生真面目に経営している証拠です。
 実は2年半ほど前に私も同じことをやらかしてしまい、各業者へ私と専務と経理のスタッフで手分けして電話をしまくりました。
結局翌日に振込されて、もう冷や汗ものでした。
 でも災い転じて福を成すではないですが、業者からは、私が電話したことで、感謝されたり、恐縮されたりで、改めて信頼の絆ができたというか・・・。
 業者さんにも感謝です。
それにしても、私たちのこの仕事、曜日の感覚が麻痺してしまいます。
by 清水 康弘 09/28(17:56) 削除
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.09.28 Friday:「昔の部下の家」
 以前サラリーマンをやっていた時代のかわいい部下の家が上棟した。
およそ50坪の2世帯共同住宅で、重量木骨の家である。

 縁とは不思議なもので、大手の化学メーカー新規開発事業(素材、建材事業)立ち上げで、お互い中途採用され、知り合った。やり手の営業マンである。

 現在の僕は工務店の親父。彼は小さな商社で素材、加工品、化学品などの販売の営業の責任者をしている。

 当時上司であった僕と部下の彼は、お互い手の内は熟知している。
(実は酒の飲み方は彼の指南によるところが大きい。)

 昔は上司だったから、ある意味その力関係は歴然としていた。

しかし、今は建て主様と請負者の関係である。いつもどのような顔をして接すれば良いのか?(笑い)

 「俺がいい家を造ってやるから!」 (あつかましい!)
 
 「この度は弊社をご指名戴きまして・・・」(媚売りすぎ!)

 結果・・・・普段着で行きます。(爆・笑!!)

「任しておいてや!!!」

 
都会の暮らしに調和する住まいを創造する参創ハウテックのHPは
                      http://www.juutaku.co.jp/

 
Posted 18:30|No.297|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.10.01 Monday:アート予算要望書
繊研新聞に、「アート予算、削減しないで」というニュースを目にした。
記事によると、英国のブラウン首相の初めての予算発表の前に国内のアート・ファッション界を代表するクリエーターら13人が連名で、アート予算を削減しないように要請する手紙を首相宛に送った。手紙の内容は
「過去10年、英国のクリエーターたちは政府の支援により着実な成果を上げている。今予算を削減すれば、クリエイティブ業界に大きな打撃となる」という内容、ファッション界からは、ヴィヴィアン・ウエストウッド/ポール・スミス/アレキサンダー・マックイーン/オズワルト・ボーティングが名を連ねているとある。

勝手な想像だが、建築界からもノーマン・フォスター等が参加しているのではなかろうか?こんなビッグネームが動き出すとブラウン首相も無視は出来ない筈、さすがは大英帝国、国家予算に「アート予算」なるものが、存在することにも驚かされたし、大きな金額を使える国家は、心が豊かだと思うし、うらやましい限りである。

小生は小さくこつこつですが、建築をアート作品につくりたいとは思いませんが、アートの似合う空間を作り続けたいと常々思っております。


Posted 17:08|No.299|清水康弘よりcomments(3)
毎日楽しく拝見させていただいております。 私のブログはまだまだですが頑張っておりますので、気が向いたら覗いてくださいね http://rinobe.blog115.fc2.com/
by 世界一の不動産王 10/01(17:50) 削除
そうですね、戸田さんの作風、好きですね。ところで、戸田さん、今度、上海グランプリにご一緒しませんか?讃岐ウドン持参で観戦しませんか?もちろん、私がコシヒカリ担当です。
by 株式会社松岡建築設計事務所 渡邉松男 10/02(0:54) 削除
多才な渡邉さんにお誉めを頂き恐縮です。先日の富士の日本GP、本当にお疲れ様でした。来年の上海GPに、ヌードル合戦といきますか?
by 戸田輝彦 10/02(09:41) 削除
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2007 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)