・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2011.01.07 Friday:いよいよ、待ちに待った仕事始め!
今年ほど、心待ちにしていた『仕事始めの日』は初めての感情かもしれない。

昨年までは、過去の『常識』で仕事をしてきた。
言い換えれば、『過去の常識』から抜け出せないでいた。
もちろん、新しい『常識』を既に用意できたわけではない。
しかし、何かが胎動し始めた感覚は、なんとなく感じるものがある。


おそらく、私の様な古い人間は、そろそろ、遥か彼方の桃源郷に身を修め、二十歳そこそこの立派な若者に、これからの仕事を託す事などが、とても大切に思う。


『男子三日会わざれば、刮目してみよ』


今日は、待ちに待った仕事始めの日。
弊社のスタッフは、逞しさを増して出勤してくるのだろうか?
勇ましさをもって、元気な挨拶をするのだろうか?
はたまた、遅刻して出勤するのだろうか?
確かに、今までの常識を覆すなら、仕事始めでの遅刻ぐらいに、驚いていはいられない!


『今日は、2011年の仕事納めの日とします。』
なんて、豪快な行動をとってもらっても良いと思う。


『何もしなかった日本』
『何もしてこなかった会社』
そして、『何もしなかった私』
今年の年末に、そんな感情には絶対にならないし、なりたくもない。


『臆病』を『慎重』と読み替える時代。
あああぁ〜、なんと情けない事か!


だからこそ、人のせいにするのではなく、己の責任として、権利として愉快で破天荒な『2011年』としたいものだ。


最後に、
改めまして、新年、あけましておめでとうございます。

Posted 10:16|No.1759|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2011.01.08 Saturday:「全員揃い2011年スタート」
 「縁起を担ぐ」とよく言ったもので、6日の仕事はじめは社長としての年頭挨拶から入り、その後は神田明神への初詣に参拝。
 昨年お世話になったお札のお焚き上げと、今年のお札を授かってきました。
 その後は氏神神社の吹上稲荷神社へ。こちらも参拝後に今年のお札を授かって参りました。
 参拝の作法は、神式の地鎮祭と同じ二礼二拍手一礼です。

 今年の初詣は例年よりも参拝客が多く、どこの寺社もにぎわったそうですが、やはり世の中不景気のせいでしょうか?
 ここ数年は日本経済に閉塞感が漂っていましたので、今年はぴょ〜んと跳ねたいですね。

Posted 11:07|No.1760|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2011.01.08 Saturday:「多数の年賀状を戴きました」
 OB建て主さんから快適で楽しい暮らしぶりの年賀状を戴きました。
 普段お会いできない建て主様の暮らしぶりが良く伝わってきて、とても心が和みます。
 一番多いのは、冬も暖かく過ごしていますという内容の賀状です。

 さて、昨日は小学館の「サライ」の取材のための下打ち合わせに記者の方がお見えになりました。
 小学館のご担当の方は、6年ほど前にお会いした方でした。
 名刺をもらった瞬間に、「あれっ?何処かで会ったような気がするなぁ!」と思っていたら、先方から、過去の出会いの状況を斬り出してくれました。
 世間は狭いですね。(汗!)

 また、ライターの方もNCNさん主宰によるSOWE designワークショップに参加されていたようで、結構家づくりのことは詳しい様子でした。
 喩話がとても面白い辣腕女性ライターとmono(とりわけ時計)に詳しい男性ライターのユニークな組合せで来社されました。

 今日は本番の取材です。

Posted 11:07|No.1761|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2011.01.08 Saturday:お手伝い
今日は、三つの設計相談。

明日は、二つの設計相談。

ゆったりと、そして、ちょっと緊張気味での打ち合わせ。
こうやって、何年もこの仕事を続けているが、改めて、そのことについて考えてみれば、

『声を掛けてくださる依頼者にとって、
どれほど大事なことか、分かっているからお手伝いをするのだ。』


そう思うし、そう感じるからだと思う。


住宅は、カタチあるものだけれど、時間に負けないその社会的性能には、目に見えない価値が内包されている。
その力によって、そこに住む人々の幸せが増していく。


目の前にいる人にとって、その事がどれほど大切なのかを、分かっているからお手伝いをするのだと思う。


設計という仕事は、どこか海外旅行をしている時に似ている。
予想はしていたけれど、予想以上の事柄に遭遇する。
言い換えてみるとすれば、『連続する未知との遭遇』か?
そして、ドラマチックでファンタスティック♫


日々、その繰り返しだから、毎日が楽しくて仕方が無い。

Posted 09:59|No.1764|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2011.01.09 Sunday:心配事
私の心配事と言えば、
今晩の夕食でも、晩酌は許可されるのか?

なんて、適当なことを言っているが、


住宅を建てようとしている人にとっての心配事とは、


◇構造的に危険ではないか
◇建てたとたんに、壊れていくのではないか
◇営業や設計担当者は親切か
◇暖かい家になるのか
◇涼しい家になるのか
◇工事途中、工務店は倒産しないか
◇住んでからのメンテナンスはキチンと実施されるのか
◇幸福感・満足感はあるのか
◇瑕疵などの保証・保険は大丈夫か


他にも沢山の『心配事』があると思う。


ほとんどの会社(工務店)には、それぞれにまつわる保証がついています。
繰り返しますが、ほとんどの会社にですが。


そして、その部分は既に用意されています。


最後に、
『家づくりの秘訣』として、上記のことを恐れるよりも、その次なる楽しい領域(豊かな生活)に進みましょう。



Posted 10:02|No.1765|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2011.01.10 Monday:若者
先日、弊社も年頭会が無事に終了した。

そして、その場に意気込んで臨んではみたものの、驚く様な提案や出来事はなかったように思う。

しかし、一部のスタッフには、『ちょっと、大人っぽくなったな』と感じた者もいた。


大学などもそうだと思うが、弊社も、素敵な若者たちを支持し、エンカレッジできるような存在であり続けたいと感じた。


だから今年になっても、もう一息頑張らないといけないと思った。






Posted 08:40|No.1767|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
<< February 2011 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)