・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2011.01.24 Monday:「木の家リフォームを勉強する本」出版記念セミナー
 先日、M'sデザインの三澤文子さんが中心になり、昨年末発刊された「木の家リフォームを勉強する本」の出版記念セミナーがありました。
 弊社も本の中に会社名が掲載されていますので、私も顔を出してきました。

 この本の中で紹介されているポイントは三澤さんと岐阜森林アカデミーとの協力により、建築病理学を掘り下げていることです。

 人間の体と同じように、年を重ねることで建物もどんどん劣化が進んできます。
 しかし、今まではその診断方法も特殊な技術に限られていて、その診断方法を人間の体の健康診断に喩えて、調査・報告する、主として古くなった木造の診断技術を定量的にまとめたものです。
 
 住宅建築もいよいよ学問に近づいてきましたね。

Posted 20:22|No.1789|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2011.01.24 Monday:「街並みをつくるということ」
 土曜、日曜と二日間にわたり現場見学会がありました。
 板橋区の木造住宅と文京区のRC住宅です。

 街並みにまた一つ花を添えたような気持ちです。
 住宅の外観は街並みにとって貴重な存在だからです。

 やはり通りがかりの人々からも、「素敵な家ね!」と言われて初めて家づくりの仕事のひとつを終えたような気持ちになるからです。
 この写真は公園側から撮影しましたが、こうやってみると街並みに溶け込んでいるように見えますよね!(自画自賛?)

 さて、見学会は土日で8組程度のお客様が来場されましたが、皆さんとても良い方ばかりでした。
 中には土地を探している方もいらっしゃいましたが、真摯に家づくりを学ぼうとするご様子がよく伝わってきました。

 家づくりは、建てる前から始まっているのですね。

Posted 20:23|No.1790|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2011.01.24 Monday:「こだわりをカタチにすること」
 家づくりには様々なこだわりが・・・。

 家を買うのではなく、建てるとなるとやはり建て主さまとの共同作業が良い家づくりへ近づくパターンです。
 家づくりのパートナーとしてハウスメーカーを選択してしまうと、忽ちこの共同作業的家づくりは形骸化してしまうものです。

 これは良いとか悪いとかではなく、あくまで企業として収益性や合理化の仕組みの問題で、そのあたりのことも考慮した上で家づくりのパートナー選びをすると良いですね。

 写真にあるようなこだわりは、施工体制をしっかり持っている現場対応力のある工務店や建設会社でなければ、簡単に具現できないものです。

Posted 20:23|No.1791|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< January 2011 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)