・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2010.12.10 Friday:「断熱材がピンチ」
 数ヶ月前から顕在化した断熱材不足。
 まずはグラスウール、次にロックウール、そして羊毛系断熱材、さらにいよいよプラスチック系からセルロースまで・・。
 値段の安い断熱材から品不足が拡大し、ハウスメーカーから工務店まで死活問題になってきました。

 この要因は昨年住宅着工軒数が激減し、断熱材メーカーが工場を閉鎖するなど、生産調整を断行したところへ長期優良住宅(温熱環境等級4)と住宅版エコポイントが重なったことです。
 ある大手断熱材メーカーは、今年一杯出荷停止の文書を大口需要家へ配布したほどの混乱振りの様相を呈して来ました。

 以前も石膏ボードや構造用合板が不足する事態を経験しましたが、今回の状況は今までとは全く違うようです。(弊社は何とか確保しましたが・・)

 とうとう経済産業省も乗り出し、メーカーへの増産と輸入促進を指示したようですが、ここで問題なのは国土交通省との連携、さらに特定行政庁や民間確認機関まで連動して問題解決へ向かう事ができるかが鍵を握っています。

 さらに建築用国産材の供給も怪しくなって来たようです。
 製材工場に丸太が入荷しないという実情です。
 こちらも国産材自給率を現在の25%から2020年までに50%まで引き上げようという政策面の先取りです。

 暫く隠して置けば値が上がる。簡単に言えばこの程度の理由です。
 相変わらず、政治と実態経済学が噛み合わない状況が続いています。

Posted 13:03|No.1697|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.12.10 Friday:「雑誌に掲載されました」
 扶桑社の「地元で評判の工務店で建てた家」2011年東日本版に施工事例が掲載されました。

 中には工務店24社の実例が掲載されていますが、私の良く知る工務店も掲載されていました。

 TO-IZでお馴染みの創建舎・中里さん、SAREXでお会いする駿河工房の今井さん、最近3週間続けて会った小林建設の小林さん、環境委員会でお会いするサン工房の松井さん達です。

 最近どこに行っても、「またあなた達ですか?」と言われることが増えてきました(笑)。

Posted 13:03|No.1698|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.12.10 Friday:江の島と富士山
朝晩大分寒さが増してきました。

毎朝の出勤時、車のウインドウガラスも露で
濡れていますので、拭き作業に少し時間が取られる
ようになってきました。

今朝あたりは温度が4℃くらいでしたのでまだまだ
ガラスに氷が張ると言うことはないのですが
もう間もなく氷が張る時期になるでしょう。

134号線から見た富士山が澄んだ空気の中で
とてもきれいに見えます。

冠雪している富士山と緑いっぱいの江の島の風景が
同時に見る事が出来る、とても不思議な湘南の
光景であり美しい眺めです。

今後ますます富士山がはっきり見える季節になっていきます。

きれいな澄んだ空気の中で見る富士山、とても楽しみです。

Posted 14:59|No.1699|畑木明雄よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< December 2010 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)