・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2010.11.18 Thursday:構造力学
建築には、デザイン、すなわち意匠と呼ばれる分野や耐震・耐久性などを求める構造力学。
また、エネルギー制御の設備系、環境系などの学問がある。
以上の分野のすべてを網羅する建築家はいないだろうし、それぞれが補完し合って建築計画をすすめているのが実情だ。


ポルトガル、年末に出かけてくる。
世界遺産なども見学してくるが、現代建築のいくつかも見学予定。
パルメイラにある面白いプールを設計したのは、アルバロ・シザ。
そのプールからほど近い、海辺のレストランにも行ってみたい。
彼の設計は、静かで端正な空間を作り上げる。


ほか、構造設計家のトロハは、あこがれの人だが、リスボン・オリエンテ駅の設計は、サンチャゴ・カラトラヴァ。
彼の設計は、多少過剰なデザインをするが、力の流れを、エレガントに表現する構造設計家だ。

他にも、ポルト大学やポルト現代美術館が待っている。


そして、最大の目的はサンチャゴ・デ・コンポステーラ。
ローマやエルサレム、そしてここサンチャゴ・デ・コンポステーラはキリスト教三大巡礼の地となっている。
訪れてないのは、エルサレムのみ。


ほんとは、徒歩でピレネー山脈を越えて訪れたかったが、反則技の航空機とバスで巡礼の地を訪れる。

Posted 10:11|No.1651|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< November 2010 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)