・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2010.11.01 Monday:「憧れのキッチン」
 ネコ・パブリッシングさんが発行している「憧れのキッチン」にekreaキッチンの施工事例が掲載されました。
 最近キッチンの取材がまた増えてきたようです。ありがたいことです。

 さて、先日は女性建築家の伊藤道代さんと女性カメラマンの工藤朋子さんと会食の時間を過ごしました。
 いろいろ情報交換をさせていただきました。
 伊藤さんの女性ならではの設計目線、工藤さんが被写体をどう表現するかなどなど、大変タメになる話を聞かせて戴きました。

 よく仕事をする女性は、お酒の方もよく飲みますね。(笑)

Posted 10:22|No.1621|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.01 Monday:「台風一過と家づくりセミナー」
 30日(土)はザ・ハウスさん主催のまじめな家づくりセミナー。
 例によりまして東京家づくり工務店の会の代表者4人が集うセミナーでした。

 台風14号が関東沿岸を通過しているなか、12人ほどの建て主さんが熱心に受講されていました。

 まずはザ・ハウスの矢野さんから工務店のタイプについて15分ほど説明があり、続いて中里さんが「地域主義で造る」というテーマで、続いて田中さんが「一品ものを手手作りで」、私は「エコと快適性を考えてつくる」、トリは池田さんで「コミュニケーションで建てる」というテーマで、それぞれ20分ほどのセミナーをさせていただき、その後個別面談でした。

 台風が接近する中、わざわざ来られる方だけあって本当に熱心な方が多かったように感じました。

 自社の会社説明ではなく、工務店独自の視点からそれぞれ家づくりを語る機会はなかなかありませんので、ご来場いただいた方々も勉強になったと、口々におっしゃっていました。

Posted 10:23|No.1622|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.11.01 Monday:「理科系工務店のススメ」
 新建ハウジングプラスワン11月号に私が寄稿した「理科系工務店のススメ」が4ページに渡り掲載されました。
 サブタイトルは「野池学校を通じてわかったこと」です。

 隔月で開催されている野池学校を「一受講者として勉強して見えてきたこと」、続いて「Behaviorだけでは住宅は売れなくなったきた」、「理科系工務店のススメ」、「理科系工務店になるために」、「家づくりの目指す方向は工学」、そして最後に「工務店は必要なくなるという議論に立ち向かうために」で締めくくっています。

 これからの時代の工務店は〔理科的知識×個別対応力×設計施工力=工務店力〕というビジョンを持つことが必要などなどです。

 弊社は理科的知識を再度勉強して、日本一の理科系工務店を目指していきたいという思いで執筆しました。
 寄稿文の内容は弊社ホームページ内でもご覧頂けます。
Posted 18:07|No.1623|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< November 2010 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)