・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2010.10.05 Tuesday:失敗について
『優れた失敗は讃えられる』とは、
モトローラ社のモットー。

与えられた条件下、
チリ程の可能性でも、
それを元手に現実化しようと試みる。

設計作業は、その繰り返しのよう。
まさに、命を削って進むような仕事。
失敗の連続から、
優れた物づくりの結果が見えてくる。

設計作業、
心身ともに、タフさが必要な仕事の一つ。
Posted 10:19|No.1577|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2010.10.05 Tuesday:「リフォームの専用ホームページ」
 リフォームの専用HPが完成しました。
 専用HPが完成したことで、リフォームの情報発信も今後進めて参りますので何卒御贔屓にお願い申し上げます。

 参創ハウテックのリフォーム
 http://www.sansoh-reform.com

 ekreaオーダーキッチンのHPも新規オープンしましたので、立て続けに来年度に向けてPR活動を強化して参ります。

 さて、私的な話ですが、半年前位から蕁麻疹に悩まされて通院をしていましたが、なかなか治らず、一進一退を繰り返していましたが、今までの医院から別の医院へ代えてみました。

 待合室で、ヒーリングのビデオを見ながら、順番を待っていた時のことです。
 診察室から、小さな子どもの手を引いて出てきた三十路を超えた位の母親。

 おもむろに受付に近づき、
 「子供がアニメのビデオを楽しみにしていたので、ソフトを入れ代えて頂戴!」
 と強い口調で言い放ちました。

 中にいた看護師?or事務員の女性は、びっくりした様子で、
 「はい、ただいま・・・」

 慌てて待合室に出て、私に近づいてきた事務員の女性は、
 「あのぅ、アニメのDVDに代えてよろしいですか?」
 と申し訳なさそうに私に言ってきました。私は状況を一部始終見ていたのですから、
 「はい、結構ですよ」と快く受け流しました。

 (子供の教育って、今時はこうなのかなぁ?私だったら、子供には我慢させる方向で言動をとるのになぁ。)

 最近は何が正しいのか迷ってしまうことが増えてきましたが、先ほどの三十路を過ぎた母親は、
 今度は思い出したように、看護師に詰め寄り、
 「そうそう、今思い出したんだけど、戴いた薬が合わないので、どうしてくれるのよぉ!」

 これ以上聞きたくないなぁと思った瞬間に、診察室から私の名を呼ぶ声が・・・。
 (良かった!もっと蕁麻疹が増えるところでした。)


 セミナーのお知らせです。

◆タイトル:「工務店と気軽に話してみよう(工務店の家づくりって、どんな感じ?)」
 日時:10月30(土)13:30〜
 場所:INAX銀座ショールーム(ザ・ハウス主催、協力:INAX)

◆タイトル「ここまで進んでいる工務店との家づくり」
 日時:11月6日(土)13:30〜 
 場所:INAX新宿ショールーム(東京家づくり工務店の会主催、協力:INAX)
Posted 17:08|No.1578|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< October 2010 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)